運命はすべて、なるようになる(下)

運命はすべて、なるようになる(下)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×26
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
7
得点
76
評価数
20件
平均
4 / 5
神率
45%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
蒼竜社
シリーズ
Holly Novels(小説・蒼竜社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784883863846

あらすじ

恋していることを劉哥に知られた瑛輝は、香港に連れ戻され、テニスを辞めさせられる。
しかし、瑛輝は憧れの人を愛せただけで幸せだった。だが、それもつかの間、ワーグナーの悲報が届き、瑛輝はショックを受ける。
自暴自棄になっていた瑛輝の前に突然現れたのは、大嫌いなフランス人形、ワーグナーの愛弟子アイユレだった。
アイユレは瑛輝が師を侮辱したと攻め、「お前は僕に飼われた。お前を殺すのは僕だ」と冷酷に宣言する・・・・・。

表題作運命はすべて、なるようになる(下)

プロテニス選手 ニコール・アイユレ
元テニスプレーヤーの高級男娼 桧堵瑛輝

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数7

別ストーリーがしっかり展開

錦織選手のバルセロナOP優勝を記念して読破、なんちて :-)
しかし、日本のチャンプという意味で、現代ではある意味リアリティを持って読めるように想います。

上巻は痛いほどの愛、若く傷付け合う愛だったけど、こちらは同じ痛みでも相手をひたすら想いながらも打ち明けられない自虐的な愛、執着愛がしっかりと描かれていました。

上巻で、絶対王者に恋し、戸惑いながらも最後には結ばれて一応の幸せを得たエイキ。
しかし、その後は男娼ながら恋してしまったことで主に呼び戻され、テニスからもすっかり遠ざかってしまう。
一方下巻最初で王者ワーグナーは不治の病を患い亡くなる。しかし死ぬまでエイキを愛する気持ちは変わらず、なんとか彼を救い出そうと、死の間際に妻にエイキとの関係を打ち明け、救出を遺言として依頼します。

その後、彼を救う荷を負ったのが、王者の弟子ニコル。美貌を兼ね備えた完璧なテニスの天才はエイキを愛していますが、王者の死に自暴自棄になった彼を救うため、自分の気持ちを偽って残虐な新王者として接します。
ニコルの一途だが自分を殺した愛が痛い。

物語は中だるみなく、エイキの心の変続き化が読者に自然な形で理解できるよう進みます。一気に読みました。最後は涙。相変わらずよかったです。

しかし、すれ違いながらもハッピーエンドはBLの典型パターンともいえ、衝撃だった上巻からすると既視感はありました。
しかしノベルとしての出來は素晴らしいのでやっぱり同じ評価です。

2

手を繋いでどこまでも

表紙向かって右が受けのエイキ。左が攻めの二コール。多分この時点でふたりとも20代半ばなんですが、しっかり指と指とを絡めております。
 どうしようもなく萌えるんです、手つなぎ。普通大人の男同士って、親密な仲でもめったなことで手なんかつながないと思うんですよね。だから余計に、つないでてくれるとおおっ、となる。ベッドでも、へたに局部が合体してるより指を絡めあうシーンの方をエロティックに感じる。気持ちと気持ちが強く結ばれた証しのようで。
 で、この2人なんですが、とにかくよく手をつないでます。もちろん物語後半で想いが通じ合ってから、なんですが。
 2人はともにプロテニス選手で、四大大会で頂点を競う好敵手でもある。さらに受けのエイキにはもうひとつ裏の顔もあった。香港の「伝説の女衒」劉大人の最後にして最高の芸術作品。超高級男娼。
 10歳で父親に売られ、エイキの思春期は性の泥沼にどっぷりつかりきっていた。いくら相手が世界のセレブで、贅沢し放題とはいえ、幼い子供が、自分の肉体を切り売りするしか生きるすべがないという状況がどれほどのものか。五百香さんの、ときに翻訳ものかと錯覚するくらい冷徹な続き筆致はグロテスクな現実をも淡々と暴きだし、かえって胸に迫る。
 ありとあらゆる性技のほかに語学やマナーなど、高度な教育は施されたものの、彼の世界は閉ざされていてあまりに歪だった。家族とか友人とか恋人とか、あたりまえの人間関係の中で自然に身につけてゆくようなことを何ひとつ学べぬままに。
 上巻で描かれていた彼の「帝王」ワーグナーとの初恋は、その歪なままで体当たりし、成就した次の瞬間に相手の死によって唐突に断ち切られる。
 と同時に男娼としての傑出した才能も、テニスへの情熱も失われ、自ら破滅を望むばかりになる。
 崖っぷちのエイキに手を差し伸べたのがワーグナーの愛弟子二コール。上巻で見た彼はエイキとは対照的にボンボンの甘ちゃんで、とてもBLの攻めが務まりそうなタイプには見えなかったのだけれど。
 そんな彼が予想外に健闘するのです。本来のあまあまな自分を殺し、憎まれ役に徹して、すべてはエイキに生きる気力を取り戻させるため。再びコートで相まみえるため。
 5年をかけてその目論見はほぼ成功し、エイキは表舞台にもどってくる。心身ともに前より健やかで強靭になって。一方ストレスをため込んだ二コールの方はインポになるは、血を吐くはでもうボロボロなんだけど、その深い想いはちゃんとエイキに伝わっていた。というか、くみ取れるまでにエイキが成長していた。なにより彼らにはテニスという共通の言語があるので、コートで打ち合えばお互いの気持ちはやりとりできる。ツアーファイナルの決勝での対決シーンはBLジャンルを超えた名場面といっていい。
 トッププロ2人が、深夜にホテルを抜け出してマックでデートとか、肩寄せ合ってアニメのDVD見たりとか、エイキにとっては失われた思春期をやり直してるような感じかな。二コールも長い片思いがようやく報われて、心おきなく本来のあまあま路線に戻れそう。
 表紙の2人の姿はとても象徴的。最初の恋人ワーグナーとは、たとえ彼が健在でも、その性格や信仰や妻の存在からいって、とても「ずっと2人で、手を繋いで、どこまでも歩いていこう」とはならなかっただろうから。手を繋ぐ人がそばにいる幸せ。「なるようになった」運命からの、ささやかなようでとても得難い贈り物でした。

2

上巻の勢いはどうしたんだ

上巻結構良かったんだよね~。
でもそのままの勢いで読むとダメだこりゃ。
ニコルがニコルレらしくないっつうか
エイキもエイキらしくなくなったっつうか。
最後は無理矢理っていうか。

ハラドキゲラウキと楽しかった気分が
意気消沈しちゃった。
面白いんだよ!途中までは……。

あとがきに、「下巻はスカッとする話」を
意識されて書いた……と先生が仰っていた気がするのですが
(間違ってたらごめんなさい)
スカッとよりも、パタッとというイメージでした。

ニコルとくっつくのはいいんだけど、ニコルらしく
くっ付いてほしかったな~というのが正直なところ。

0

上巻ほどではないけど

エイキが落ちてるので、上巻の勢いはないのですが
まさに「なるようになった」感じです。

表紙のイラストのような穏やかな笑顔の場面がウインブルドンの二人の決勝戦
のテレビ中継だけというのが残念でした。

私はSHOOWAさん贔屓なのか?
特にニコルは素敵だなーと思いました。
(上巻のイラストのほうがいいとは思うけど。)

0

運命はすべて、なるようになる

あとがきはネタバレ含むなので、読後終了後に読む事をオススメします。
っても、ま、このレビュー自体がネタバレしちゃってるんですが。

上巻の興奮の収まらぬままに下巻に手を伸ばした訳ですが、口絵シーンで、え?何が起きるの??ってなっちゃいます。
それは読んでる最初の内も同じで、どうしてこれが口絵の展開になるんだろうな~と思って読んでたら途中からああ、成る程こう来たのかーとなりました。

ワーグナーを失ってからの瑛輝の壊れっぷりは、前巻で登場していたスポーツ記者鳴竹の視点からも描かれてます。
そして瑛輝を愛する事を選ぶアイユレ 、彼はその為に瑛輝を壊し主としての存在となる事もいとわない。

ラストはハピエンと言ってもいいんだけど、ハピエンへの流れは多少強引な気がしましたが、それもやはり「なるようになった」のでしょうな。

ワーグナーの妻、ダフネの聡明さと強さは、彼女を妻として選んだワーグナーの人を見る目の正しさを彼を亡くして尚感じさせるものでした。
あと児童売春組織の主である老人に対して、瑛輝が酷い目にも合っているにも関わらず父親の様な感情を抱いているというのも興味深続きく読みました。

瑛輝の中のワーグナーの存在の大きさに比べると、どうしてもアイユレは若いし頑張ってはいるんだけど、最後までまだワーグナーの存在には勝てないんじゃないか、とそんな気はしました。
ワーグナーはもういない、のですが。
それでも生きて行かなくてはいけない、人を失っても人は生きていく。
運命はすべてなるようになる、タイトルの意味が分かった気がしました。
ぐいぐいと引き込んで行く上巻の勢いまではありませんが、この上下巻はがっつり読み応えがあります。
がっつりノエルさん作品を堪能出来る読んだぜーーって気分になれた作品でした。

1

道を示した人と、作った人

下巻に入って本当の話に、瑛輝が自分の進むべき道を進む本当の物語になったと実感しました。
ネタバレになりますが、まさかワグナーが!?な展開だったのですが、彼の存在があったからこそ、瑛輝は高級男娼でない道を、元来目指したかったテニス王者への道を目指すことができたんだとわかるのです。

そこには、彼の気がつかない周りの人々の愛がありました。
女衒のはずの香港の劉大人も、瑛輝を愛していたからこそニコールに瑛輝を託した。
ニコールも瑛輝を愛していたからこそ、辛い役割を5年間もこなし続けることができた。
ワーグナーの妻のダフネでさえ、本来憎むべき瑛輝であるはずなのに、ワーグナーを心から愛していたからこそ、瑛輝を見守ってあげることができた。

彼等の愛に薄々気づきながらも、まずは「こんちくちょう!」と這い上がることから始まり、本来の自分の目標がワーグナーから憎らしいニコールに変わったことで、彼に隷属させられることで、その憎しみを上を目指すエネルギーに替えさせていった展開は、上巻の彼の性格や性癖描写があるからこその説得力だと思います。
本当に、一番偉いのはニコールだよ!!
よく頑張続きったデス。
瑛輝がニコールとくっついてからのセックス描写は極端になくなりましたが、それでもラストの絡みは今までの奴隷的セックスを思うと、短いながら格段に甘く、まるでじゃれあいのようにかわいらしいエロスでした。

SHOOWAさんのイラスト、悪くはないのですが何か印象が薄く瑛輝が子供みたいな(身長は180くらいあるはず)感じで違和感が・・・
題名の「運命はすべて、なるようになる」これって、ハッピーエンドだったからこそ出る言葉でもあるし、もし真逆に暗闇に堕ちる結果だったとしても、全部自分のせいですが、他力本願な感じもする。
ケ・セラ・セラ~でも、変わる為に彼等は自分たちの力で、瑛輝は結果努力したのです。
導きと共に。

3

上下巻一気読み・ネタばれあり

一気に読んだこともあって、上巻の鬼気迫る怒濤の展開に比べると、下巻はパワーダウンして失速してしまったかも?

主人公の受けと、攻め2の対決は、もっとドラマチックになるかと思っていたので物足りない。攻め1の亡くなった後の展開が、まさに風向きが変わったかんじで、攻め2が受けの主人になったと告げるところからの展開を、もっとじっくり上巻以上の濃さで読ませてほしかったですね。
そのせいか、攻め2に惹かれていく受けの心情が、あんまり伝わってこなかった。え、もう乗り換えちゃったの、的なあっけなさが残念。

でも、思い入れたっぷりの気迫のこもった萌えを読ませていただきました。
久しぶりに、五百香ノエルを堪能しました。

それと最後に蛇足になりますが、イラストが微妙だったのが、残念といえば残念。味がある絵柄で悪くないと思うけど、ところどころ、これはないなあ、というイラストがあって、もっと違うイラストだったらな、と思ってしまいました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ