WORK in

WORK in
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
34
評価数
10件
平均
3.4 / 5
神率
20%
著者
作品演出・監督
土屋雅紀
脚本
青嶋みお
原画・イラスト
鈴木ツタ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
73 分
枚数
1 枚
ふろく
通販特典トークCD
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

ゲイのコージは恋人募集中の寂しい身。
ある日、夜の街を一人で歩く小学生の女の子に出会う。
コージが家まで送り届けると、そこには、女の子の父親・史郎がいた。
自分の好みドンピシャな史郎に、一瞬で恋に落ちたコージだったが、次に会った史郎は、無精ひげにメガネの冴えないおじさんで…!?

コミックス「WORK in」のコージ×史郎編を、単行本未収録分まで収録した完全版でドラマCD化!

表題作 WORK in

湯原公志 → 三宅健太

秋月史郎 → 遊佐浩二

その他キャラ
花ちゃん[志村知幸]/ 店員[松尾大亮]

評価・レビューする

レビュー投稿数9

お茶の間BL

よくまとまっていると思う。

子供が出てくる・子持ちBLは敬遠していたけど、この子供は聴けた。

三宅さんが素に近いトーンで聴きやすかった。
クセが抜けて、若者らしい快活さが生きています。

遊佐さんは子持ちのタバコ屋で昭和風情。オヤジ受けというか。
なので、せっかくの受けですがあの甘さは堪能できず残念。
30代前半設定なのでもう少し可愛くてもよかったのでは!

原作にはない絡みが足されていて、一度ですが、ゆったりとしています。

激情慟哭とは無縁のお茶の間BLで構えずに聴けます。
こういう作品があってもいいと私は思います。

0

こういうの好きです。


舞台の大道具さんイケメンゲイのコージ君(cv三宅健太)
×
子持ちのタバコやさん普段は地味な湯上がり美人のおとーさん(cv遊佐浩二)

三宅さんと遊佐さんという組み合わせは本当艶っぽいというか。落ち着いたエロさがむんむんと。

お話自体は大きな事件もなく、この二人がくっつくまでのお話でした。

どうしてもコージくんの性格があまり好きになれなかったのですが、だんだんとデレていくおとーさんと一緒にほだされてしまいました(笑)
こんなに盛られても受け止めちゃうおとーさんもすごいと思います(笑)いや、こんなに素直に盛れるコージくんもすごい。

なにか大きな事件が起こって…や
激しい濡れ場シーンを期待する人には物足りない作品ではありますが、
女性キャラ(みちるちゃんは幼女ですが)の活躍や
ゆるゆるとした雰囲気の駆け引きがお好きな方にはおすすめです!

0

じんわり。

舞台関係の仕事をするコージと昔ながらのたばこ屋のおじさん・史郎の恋物語。
ただし、出会った時のコージは風呂上りですっきりした地味だけど美人さんでしたが、普段は無精ひげでメガネの冴えないおじさん。
とはいえ、美人な姿を見てしまい、それに惚れたのだからどうにもこうにも。
接点となってくるのは史郎の娘・みちる。
この子がなかなかイイ子で嫌味じゃない。
BLで邪魔になる感じの子ではない。
というか、むしろ、この子がキューピッド?
父親の内情を語っちゃったり。
いや、そういうの娘に言っちゃう母親もどうかと思うけども。
なかなか言葉がガッチリと噛み合わず、うまく関係を進展できないコージと史郎がなんか楽しくもあったり。
最初聞いた時は「?」という印象だったんだけど、改めて聞いてみるとそれなりに楽しめました。
ま、もともとが事件性もないほのぼのとした作品なのでね。
そういう盛り上がりを求めると「アレ?」みたくなっちゃうのかも。
個人的にはガッツいてる感満々のコージがステキでしたv
もう息の荒いこと荒いこと。
そして、そんなコージに身を委ねる史郎ですが、さりげなくかなりズキ続きュンな言葉を吐いてるのも印象的。

巻末フリトは三宅さんとゆっちー(遊佐さん)が一言ずつ。
「コージ」という名を他人と思えないゆっちー(笑)
2人は初対決。

特典フリトも三宅さんとゆっちー。
実はこの物語のタイトルは「ウォークインクローゼット」だとか。
舞台人にとっての海老天丼とは、とか。
大抵、竹輪天な感じで。
あとは夏休みの宿題の話とか。
オンとオフの話とか。

1

受けの子供、いい仕事してます!

受けでもなく、攻めでもなく、
なぜか受けの子供である、みちるちゃんが一番印象的だった。
みちるちゃんの発言は、攻め側の人を困らせることが多かったのですが、
けっして、わざと困らせているわけではないので、
聞いていて、面白かったです。
もっと、困らせちゃえぇ~と内心思ってました。

遊佐さんの役は、地味な感じでしたが、絡みのシーンはエロかったです。
三宅さんの役は、ヘタレってました。

ほのぼのした感じだったので、聞きやすかったです。

0

「お父さん」は受けなのだ!

攻め(三宅さん)の声があああああああ!!
耳から 妊娠するわあああああ!!(更年期だから無理)
なんという良い声なのだ。低音が響きます。
素敵! うっとり。
受け(遊佐さん)とのコンビも息ピッタリでした。
原作のコミックも好きです。
タバコがつないだ恋の話です。
このCDは結構何度も聴いています。
攻めが受けの事を
「お父さん」って呼ぶところがたまりません。
ハアハア。(興奮しすぎです)
受けの子どもが とてもかわいいのです。
女の子でしっかり者で
話のスパイスになっていて 良かったです。

0

最高だけど、地雷的なものが

バツ一子持ちパパの史郎(遊佐さん)と
激しく恋人募集中!の恋に飢え気味の公志(三宅さん)のお話。

全体的にとても良かった。値段的にも文句なし、満足しました。
史郎の娘がかわいい。イイ味出していました。ただ、個人的には
子供が出てくるBLは、もっとデリケートに書いてほしい・・・
忙しさや、苦労で正当化させて、あたり前のように、
子供の寝てる横で絡んで、バレてはいけないスリルを
楽しむようなものが多くて嫌。なので、
こどものいる時に絡まない二人には好感を持てた。

な・の・に・・・寝が深いからって、
寝てる子供を部屋においていくのは、ありえない。
せめて、終わったらさっさと帰れ。こんな設定で絡まれても・・
男女関係なく無理。最低限の忍耐力なさすぎ
休みなら学校行ってるときでいいじゃないか。
それ以外は最高だったのにー。

キャストは、めちゃくちゃ嵌っていて演技が自然。
お話にスッと入れて、聴きやすかった。

0

三宅さんカワイイ~

攻めの三宅さんがめちゃくちゃ可愛かったです。
ヘタレっぷりとか考えすぎて勝手にへこたれてるところとか、いちいち可愛くてキュンキュンしました。
受けの遊佐さんとの相性も良かったです。
初バトルだったようですが、この組み合わせは二度とないかも。声質的に、この二人が組むパターンの原作ってめったになさそうだし。レア。

ストーリーも文句なし。
会話の間が絶妙でした。
引きどころと押しどころをことごとく間違えてしまう攻めで、受けとの会話がどこまでもチグハグなんですが、そのチグハグさが絶妙。
あと子供の存在がいいアクセントになってました。子供が上手くストーリーに絡んでくるお話って大好きなんですよね。
鈴木ツタさんの原作の独特の空気感がよく出てたと思います。

フリト
遊佐さん、いつもながら話が上手いなー。頭いいんだろうなって思います。

1

三宅さんかわうい!

今まで聴いた中でベストかわうい三宅さんなので神で。

脚本はお気に入りの青嶋みおさん、この方は毎回手堅くまとめてくる良い仕事をされるので余程のダメダメ原作でない限り安心して聴けます。
キャストもぴったりの三宅さんと遊佐さん。
特に三宅さんは配役見た時に、ひゃほーーーい!!と小躍り。
そして聴いてみてひゃほーーいほほほーーいいと本格的踊り、予想以上にハマってました、っていうかかわういーーー!!
フリトで聴ける三宅さんの地の声ってあるじゃないですか、それが作中、たまに出てくるんですね。
そこがハマっててたまらなくかわうい。

公志[攻]視点で物語りは進むのでモノローグも台詞も多いんで、三宅さんファンなら迷わず買いです。さあポチってしまえー!!
遊佐さん演じる史郎[受]普段はもっさり父さん、湯上がりは美人で不器用な所がたまらん!そしてエロシーンでは悶絶する様な萌え台詞をバンバン言ってくれます。ばふー!!
特に大きな出来事がある訳でもなく、日常の中で史郎に想いを寄せる公志と、そんな公志と自然にくっつく2人の関係が不器用で微笑ましくて良いです。
公志が始終、史郎の事を「お続き父さん」と呼んでるのもいとかわうし。
そしてエロシーンでは史郎って呼ぶシーンが声裏返っててもうかわういの何の。もう一度言います、三宅さんファンなら買ってしまえーーー!!そしてこのかわうい2人を聴いてしまえーー!!

んー、史郎の娘がかなり出番あるので子供が邪魔だったり苦手な人は要注意かも。
自分は気にならない方だし、この子はよくあるパターンの無邪気なお邪魔虫でもないので全然平気でした。可愛い子だったしな。
あくまで人によっては苦手かもって事で。子供苦手な人って結構多いから一応。

特典フリトは三宅&遊佐、19分56秒。
仕切りは遊佐さん、本編分を取り戻す様に喋りまくります、三宅さんは弄られ気味。2人してよく笑い盛り上がります、お題トークのお題が間違っていて2人して突っ込んだりとあっという間の20分。特典フリトは雰囲気良くてかなりオススメ。
三宅さん視点なので三宅さんの事ばっか書いてしまったですが、遊佐さんの珍しい子供有り役、地味お父さんと髭無し美人さんとのギャップ萌え!!!エロシーンの色っぽさはやはりたまらんです。
子供の存在OKなら万人オススメ出来るバランスの良い1作、出来ればフリト付を。

1

まったりとゆっくりと、

コージ君(CV.三宅健太)とおとーさん(CV.遊佐浩二)の優しい恋のお話です。
キューピッドはおとーさんの娘・みちる(CV.下屋則子)。
彼女がいるからこそ、このお話にメリハリが付いてくれているのだと思います。
なぜならば、大の男二人とも大変ヘタレているからです。

まぁ、おとーさんはいいのです。ゲイの自覚がないんですから。
あくまでまったりと(ここが遊佐さんにピッタリです)マイペースで。

でも、コージ君はこの恋に慎重になるあまりテンパってしまうので、おとーさんの天然な発言に一々驚いて・・・
その、コージ君役が思いっきりはまっております、健太くん。
みちるやおとーさんに振り回されて、いちいちあたふたするコージ君の言葉の端々が聴き所だなぁと思います。

しかし、コージ君てホントにいい奴なんで、こっちが惚れてしまいそうです。

ドラマCDにはなくてはならない(?)エッチシーンも入っていますが、もどかしいまま終わっちゃってもそれはそれでよかった気もしました。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ