カワイコちゃん

カワイコちゃん
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
13
評価数
6件
平均
2.7 / 5
神率
16.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784403662843

あらすじ

可愛すぎるせいでイヤな目にばかり遭ってきたミチル。ある日お隣に恒と悟の双子が越してくる。ミチルに一目惚れして騒ぐ恒はうるさいし、悟は悟で「ブサイク」とからかってきたりして感じが悪い。だが友達としては悪くないかもと思い始めた矢先、なりゆきで恒とお付き合いすることになってしまい!? ラブリー・トライアングルv

表題作カワイコちゃん

高校生双子 恒・悟 
高校生 ミチル 

その他の収録作品

  • 好きに理由はないけれど

評価・レビューする

レビュー投稿数6

やはり無理だった。

確かにかわいこちゃんだったけど
だったけれども。
三角関係は好きじゃないなぁ。
表紙見てそれらしいとは
思ったのになぁ・・・

コメディ的な感じだったら良いなと思ったのですが、シリアスで暗いということはないですが
普通の作品でした。

双子のどちらもが同じかわいこちゃんを好きになる。
最初にくっついた方ではない
方と実はひかれあっていた
みたいな。
一回くっついてってのは
お決まりなのかお約束なのか
それは辛いなぁ。

イラストが綺麗だったからかもしれないけど、不快感はあまり無かったですが、やはり三角関係しかも兄弟、これは好みじゃないといかいいいようがなかった。

0

あああ…結末にショック…

面白かったんです!
面白かったんですが、結末が切なくて気持ちがへこたれました。

双子の兄弟攻めと、かわいい受けくんのお話です。
ショタ入ってる受けはめちゃくちゃかわいくて、さすがCJ Michalskiさん!と思いました。ほんとこの作家さんの描くかわいい受けくんが大好き。
対する攻めはイケメンの双子。
微妙な三角関係のままで話が進みます。

私としては、応援したほうが失恋しちゃったのが残念で残念で。
途中から「やばいやばいこの展開はやばい」と思ってたんですが、案の定な結末がきて、心の底から「なんでじゃあああー!?」ってなりました。
いやもうこれは、当て馬萌えもできないほど本気でへこみましたよ…。
面白かったから萌え評価ですが、結末には納得いきません。

0

うーん

CJさん好きとしては初の中立評価です。
といっても萌と中立の半分位の中立ですが。
CJさんの作品はみんなかわゆくて読後もすっきりしてて大好きなんですけど、これに関しては読後にうーーん、互いに幸せだからこれでいいんだろうけど、なんかこういつものスッキリ感が無いよー!!って感じでモヤモヤしました。
恋愛は勝負なのでどっちが正しいとかどっちがズルいとかなくて、要するに最後にラブラブになったのが勝ちなのですが!CJさん作品の場合はそれがあんま似合わない印象がします。
どちらかに決めないで三角関係、もしくは片方に傾きついてる様な気配はあるも三角関係のまま終わった方が自分的には好み。
いっそ最後まで三角関係のジタバタの方が良かったなあ。

0

こっちとくっつくか~!?

もう、すっかりショタにハマりましたww
(これがショタの範疇に入るのか微妙だけど...)
かわいい、かわいい、なんてかわいいんだよ~ミチル~!!
私もミチルにメロメロだよ~!!
と言いつつ、女装だけはやめて頂きたいとこですが...
だって、描きおろし見てたらただの男女のエロマンガなんだもん!
しかも、残念ながらちょっと後味悪いんです、私的に...

★以下、おもいっきりネタバレになるのでご注意★
恒と付き合ってるミチルですが、水族館デートの日に急用が入った恒の
代わりとして、こっそり悟が恒になりすましてやってくる。
そこで悟に手でイカされるミチル。
おまけに、こっそりバイトをして貯めたお金でミチルと温泉旅行に行った
恒がいざミチルとエッチしようとしたら拒否られ、乱入してきた悟に
連れ去られ2人がエッチする...
残された恒の手元にはミチルと付けるために買ったペアペンダントが...

恒プッシュ派の私としては、あまりにも恒がかわいそうで...
ペンダント投げ捨てるとこなんて切な過ぎるっしょ!?
悟がおいしいとこ全部持ってっちゃったじゃん!
一生懸命続き健気にミチルに尽くしてきた悟が全く報われないよ~!
キスしかできてないし~!!
恋人を奪われ、一人旅館に残される惨めさなんて
考えただけでもゾ~っとするし...
かわいそすぎるぜ、恒...
CJさん、そんな彼に何か救済案を!!と思わずにはいられにゃい...

この評価はほぼ私の好みで付けた感アリアリなので、
本来なら、ストーリーは萌で、絵はもちろん神を付けたいぐらい
かわゆ~い作品なんです。
ただね~悟の方に惹かれる理由がイマイチピンとこないんだもん。
ブサイクって面と向かって言ったことと、
女装したミチルのファンだったってとこぐらい?
こうなると、変態とドMのバカップルと思ってスルーすべきなのか??
でも、やっぱり後味悪いです~残念!

0

設定が大好物!(*ノノ)キャ-

『可愛すぎる男子高校生のミチルと
  イケメン双子のラブリー・トライアングルv』
だと!?∑('□'*) イケメン双子にカワイコちゃんが…(妄想)というなんとも堪らない設定と即買いしたい位の可愛い表紙!!そしてペーパー付き!!!色んな物に惹かれ、さくっと購入♪
最近、この作者さんの本でどうもツボにハマりそうでハマらないな~なんておもっていたのですが、こ、この設定は…!!(はぁはぁ

あらすじは私には堪らない設定だったのですが、読んで見たらちょっと予想とちがいました。おしぃ…。(というか、モテモテのカワイコちゃんがどっちも好きででどっちも選べず イケメン双子がカワイコちゃんに~って展開を期待し…ごふごふ。←勝手な予想
内容は、こりゃ、た、たまんねー!(*ノノ)キャ- って所までは行かなかったけど、双子攻めにカワイコちゃん受けという王道好きには堪らない設定で、双子ときたらやっぱりアレよね~というイベントもありーので、とっても(・∀・)イイ!です。安心して読めます!!そして、主人公のミチルちゃんが可愛いんです(*ノノ)キャ- 

お話は、ミチル(主人公)に一目惚れして騒ぐ恒(続き双子1)はうるさいし、悟(双子2)は悟で「ブサイク」とからかってきたりして感じが悪い。だが友達としては悪くないかもと思い始めた矢先、なりゆきで恒とお付き合いすることになってしまい!?はてさてどうなる!?という感じ。
な、なりゆきでっていくらなんでも…( ´△`)と若干思う所ありーの途中、ええ??ミチルちゃん!? え!?そういう流れ!?って思う所ありーのですが、なんだかんだで結局は王道な展開に一安心。ちょっとツンな主人公はいつもどおりなんだけど、やっぱり可愛いかった!!残念?ながら両方とくっつくという展開はないので、残り物(ヒドイ)君のストーリーも読んで見たいな♪('-'*)

CJさんにしては?、ギャグも控えめ、エロも控えめで、大変読み易い仕上がりになっております。(でもきっちりエロもあるよ!('▽'*) あとがきでも書いていらっさいますが、今回は結構セーブしているそうで…。私としては、おまけの描き下ろしがかなり好きでした。
そう!ああ…この描き下ろしの感じでもう1話はいってたらぁぁぁぁぁ!。゜゜(´□`。)°゜。ウワーン!! 
なんだかんだいって、ちょっと飛ばしてるCJさん節が好きなことを実感(汗
あの飛ばしっぷりが好き!って方には今回は、ちょっと物足りないかもしれません~。

釣られたペーパーですが、先に目に入ることを考慮して誰と誰がくっ付いたか的な流れが読めないようになっております。(余計にここでムニャムニャを予想…orz
ペーパーも可愛かったし内容も外れずで、買って良かったです♪('▽'*)

0

カワイコちゃん

やーーーーーん.+:。(≧∇≦)ノ゚可愛いイじゃないかっw
最近めっきり変態めいた、飛びぬけた漫画の多かったCJ先生。
やぱっぱりレーベルがレーベルですから、ピュアで可愛いらしい一冊に仕上がっております。
もちろんいつもの濃い作品は大好物なのでありますが、こういうピュアーーな作品をたまに読むと思わずズキュンとしてしまいますなw
お話。
可愛いビジュアルをもったミチルは、可愛いがために周りの男子とは距離を置かれてしまっていた(可愛い子は大事に見守りたいがため)。
だから、自分は嫌われてるんだとちょっぴり引きこもりがちに。
そんな時、お隣に引っ越してきたのはイケメン双子。
明るくワンコな亘はしょっぱなからラブ光線たれながし。
もうひとりの悟は、なんと「ブサイク」なんて言ってきて。
そんなこと言われたことないんだからな!!・・キュンv
ちょっぴりコミカルいれつつで可愛い展開でした。
展開といえば、双子と~な三角関係なので、王道っちゃおうどう。
先は見えてしまうし、あ~そうなんやな。と解かりやすいお話ではあるんですが、これがうまいこと可愛くてよかたのです。
初Hなイ続きベント。これもうまいこと~でしたね。
スキは好き。同じ好きでもなんでちがう?
さてさてどちらとカップルになるのか!!とオススメな一冊。
でもやっぱり3Pは・・ないんだな・・は妄想でw

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ