法医学者と刑事の本音

法医学者と刑事の本音
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
53
評価数
16件
平均
3.4 / 5
神率
12.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199005846

あらすじ

法医学者・冬城(ふゆき)の目下の悩みは、警視庁捜査一課の刑事・江夏(えなつ)の告白。無精髭の冴えない外見に反して仕事熱心な男――惹かれているのに素直になれず、「付き合え」という言葉もなかったフリで逢瀬を続けている。ところがある日、自宅付近で身元不明の他殺体が発見!! 現場で久々に会った江夏は、なぜか冬城と目も合わせようとしない。俺に惚れてたのは嘘だったのか…? 動揺する冬城だが!?
(出版社より)

表題作法医学者と刑事の本音

刑事 江夏孝美
法医学者 冬城温史

評価・レビューする

レビュー投稿数6

いい年でも恋には臆病になる二人です。

前作「法医学者と刑事の相性」から続いて、「友人以上恋人未満」の二人。
刑事の江夏は初めての男との恋愛に戸惑っているため。一方法医学者の冬城は、ゲイでもない江夏が同情で「付き合おう」と言ってくれたのではないかと思えて、江夏の告白への返事を渋っていた。
お互いが思っている事を言うこともできず、聞くこともできず、という悶々とした「初恋」状態。
そうこうしているうちに冬城と元カレが会っているところを江夏が目撃してしまい、ヨリを戻したと思い込んだ江夏が冬城に素っ気ない態度をとったり、江夏が合コンに参加する事を冬城が知ってしまったり、という誤解の上のすれ違いがあって、冬城サン、ママのお店で号泣泥酔です。
あの、ルックスはクールビューティで、性格はサバサバと男っぽい冬城が!江夏は女の方が好きなのだ、と涙ナミダ……ここ、えーっと思う方もおられるとは思いますが、私はかわいい〜と思っちゃいました。
そして、江夏〜!冬城に冷たくしないで、話を聞いてあげて!と思いました。
今回の事件が、ヤクザの結婚詐欺絡みの殺人で、母と息子がお互いを犯人と思い込んで自首してしまう、という展開。相手の話を聞き、自分続きのことも話す事がお互いを分かり合う一番の方法・手段である、という本作のテーマが暗示されていると思います。
鏡花ママが冬城の涙のことを教えてくれて、冬城の気持ちを知った江夏。そして二人は熱いHと共に、お互いの気持ちを確かめ合ったのでした…

今回、江夏の後輩刑事で近衛という王子様キャラ(そしてゲイ)が登場します。江夏に気があったみたいなのですが、冬城にあっけなく撃退されちゃうので、スピンオフで救済があってもいいなぁと思いました。
そして、前作に引き続き高階佑さんのイラストが素敵でした。

1

美女と野獣?

もっさりだけど優しい江夏と、ツンな美女、でも女々しくならない冬城のカップル。
続編ではお互いの気持ちのすれ違いがテーマ。
正直、こういう展開は苦手。ただよく話をすればいいだけなのに、うじうじ女子高生みたいに悩んで行き違ったあげく、最後誤解が解けてハッピーエンドという、よくあるストーリー。何も生まれないし成長もしないしリアリティも感じない。。

お互いつき合うのかどうなのか、というところで前作が終わっているので、男前受けのキャラを活かして丁々発止だけど惹かれちゃう、みたいな展開を期待していただけに、ちょっと残念。冬城がうじうじしちゃってました。

サスペンスと恋愛の進行が絡んでいるのは面白かった。サスペンスの方は特に無理も感じず、近所のもんじゃ焼きやさんの家庭事情、冬城の親子関係がリンクしていてなかなかよく考えられていました。

ただ、地の文に情緒がなく、まるでレポートみたいな調子なのと、江夏の口調が後半で別人のようにうそっぼいヤクザみたいになっていたのが興ざめでした。

サスペンスが面白かったので本来なら萌えですが、色々疑問なところが多くこの評価になりました。

1

大人だからこそ

前作ではもやぁっとした終わりを見せた二人。
進展するのか!と期待して読みました。

なんだろうなぁ、大人だからこそ、いらんプライドだとか気遣いが裏目に出るというか。
大人になるにつれて不器用になってしまう様が描かれているような気がしました。

『大人』だからそれなりの対応をしなきゃ。
『大人』だからみっともない真似は出来ない。

そんな焦れったさがあったように感じます。

結局、お互いがお互いに悪い方向へと考え、それを確かめることもせず、泥沼にハマっていく…。
あぁぁぁ、違うんだよう、ソレ誤解!と何度二人に突っ込んだのか。

とまぁそんな焦れったさを楽しみつつ読み進めていきました。
最後にあるベッドで寄り添う二人の挿し絵がなんともまぁ幸せそうで胸いっぱいです。

1

美人さんの素顔

攻は俺様な刑事で受は美人さんな法医学者の二作目。
前作はちょい微妙だったのですが二冊買ったので読んでみました。

今度は割と良かったです。
冬城は相変わらずのべらんめえ口調でがさつですが、
色々弱みを見せて崩れてきた所が萌え。
弱って途中泣いたりしたのも個人的には好きです。
とにかく冬城のダメっぷりが萌えました。

あと前作でもいた鏡花ママの性格や立ち位置も良かったです。
江夏にはちょっとじれったさを感じるのと同時に、
前作の告白は何だったのか感が無くもないです。

エロシーンは普通?
愁堂さんにしてはちょっと薄いかも?
物足りないって事はないです。

あとこの話は江夏サイドと冬城サイド交互という進み方が面白かったですが、
活字を読みなれてない人だとちょっと辛いかもしれません。
近衛が面白いのでもう一作くらい出てもいいかも。

1

焦らしますね

江夏と冬城が恋人になるまでが長いです。かなり、焦らされました。
江夏の前でしか見せない、冬城の姿をもっと見たいですね。

同じ小説の中にいる登場人物なのに遠すぎて遠距離恋愛みたいでした。まだ、恋愛未満でしたけど。

ドラマの様で面白いですが、事件の犯人の話が長くてBLとしては物足りなさを感じます。

近衛と腹違いの弟は気になるキャラです。あとは冬城の実のお母さんである、鏡花ママも良いキャラです。

江夏は近衛に流されて肉体関係にでもなるのかと思いましたけど、鈍感な江夏には近衛のアピールが全く伝わっていませんでした。

これから、どんどんゲイのお兄さま方に持てそうな江夏だなと思いました。

もんじゃ焼き、食べたくなりました。

3

続編待ってました~

前作、「法医学者と刑事の相性」の続編ですが、今回も楽しく読む事ができました。
ネタバレありなので、ご注意下さい!

こちらの「本音」では、江夏(攻)サイドと冬城(受)サイドの話が交互に展開されます。

冬城の元カレが登場することで、二人の間にすれ違いができるのですが…。前作にもチラッと出て来た元カレですが、今回はお互いに会って話をします。一方江夏は、後輩イケメン君に合コンに誘われたりします。と言うのもイケメン君が実は江夏を…。
冬城と江夏はお互いに事件などで、なかなか会えず、江夏が冬城に会いに行くのですが、マンション前で元カレとのツーショットを目撃してしまい!?反対に冬城は江夏に避けられているのが気になる一方で、江夏が合コンに行く話を助手?の石田君から聞きます。事件の事で会う機会があり、冬城が江夏に合コンを聞くのですが、冷たくされます。読んでいて江夏に「なぜ聞かない!」と思わずツッコミました。
本当に江夏には、もっと「強気に行きなよ」と押してあげたくなるくらいの攻めです。(作者さん言わく「ヘタレ攻め」らしいです)。

その後は、冬城が鏡花ママの所へ行き、一人やけ酒続きを飲み、江夏にふられたと思いただひたすら泣き、疲れて眠ってしまいます。鏡花ママが江夏に電話をし、冬城を迎えに来てもらった際に冬城の様子も伝えます。
それを聞いた江夏は、ビックリしますが、最後は冬城のマンションで、またまた冬城から襲われる江夏ですが、前回の告白の返事をもらい、愛をたしかめあいます(^з^)

今回、全体的に内容は事件が主にだったので、前作の様にもう少し2人一緒の時間?空間?軸での話展開がよかったかな~と思いました。そのためか、前作よりスラスラと読めず、文字数も少し増えたような気が…。個人的に、小説はあまり読まない方なので、前作くらいが丁度よかったです。

Hシーンは標準です。エロエロでもなく、多くもなく、道具もなくです。最後のページにもう一回Hシーンがあります。個人的には、もう少し濃いシーンがあってもよかったかな(^_^;。

でも、お話がHAPPYENDなんで、読んでいて、こちらも幸せになります(*^_^*)

個人差はあると思いますが、続編に期待です。

挿絵の高階さんのイラストがめちゃ良かったですよ!!カラーページのベットで江夏を愛おしむ冬城の視線とふいんきがたまらないですよ~。色気がプンプンとしてきます(*^o^*)
さすが高階さんです!

ちなみに、こちらの作品は、ノーマル攻め×誘い受けゲイのお話です。(作者さんの「あとがき」より)

中立か萌で悩み、萌評価にしていますが、好みが別れる作品です。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ