純愛のジレンマ short story

純愛のジレンマ short story
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
海王社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
純愛のジレンマ・初版限定付録イラストカード

あらすじ

ガッシュ文庫3周年フェア2008・対象本限定付録イラストカード
本編終了後のラブラブ番外編♪
出会った時から大人だった大津の使う「大人」と「子供」という言葉は、由比にとっては場合によってアメとムチになる。大人として突き離されたり、子供として甘やかされたり。どちらにしても丸めこもうとする時に使われる様で腹立たしい。都合のよい言葉だと言うと由比に、大津は意地悪く微笑んで?!

表題作純愛のジレンマ short story

コンサルタント会社社長で受様の家庭教師・大津宗賀
父が倒れ宮に次期社長候補教育される大学生・相庭由比

評価・レビューする

レビュー投稿数1

短いけど甘~い

葉書サイズに、片面は表紙と同じイラスト、もう片面に二段書きで35行のSSがあります。

表紙と同じイラストなのに、題字でちょっとぼやっとされていた、大津が由比の肩を抱く手がはっきりとしていて、大津の「こいつは俺のもんだ」感が強調されているように思えて萌えました。

SSは超ショート。あらすじ以降の展開、愛されている自信がついてきた由比が、大津に「今の俺は大津さんにとって大人ですか?子供ですか?」と強気で聞いたところ、大津は「今夜私のベッドの中でどう応えるかで決まるだろうな。『寝る』なら大人だし、『眠る』なら子供だ」と軽いキスをしたという話でした。…ご馳走様!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ