帝王は熱情に香る

teiou wa netsujo ni kaoru

帝王は熱情に香る
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
3件
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784403662850

あらすじ

香道の次期家元・馨(かおる)は、ずっと片思いをしている老舗化粧品会社の御曹司・黒崎に招かれたパーティで、モード界の若き帝王・ルチアーノと出会う。ルチアーノは、馨に新しい香りを作ること、そして自分を愛することを求める!! 甘く匂い立つ、危険なラブロマンス。

表題作帝王は熱情に香る

ルチアーノ モード界の若き帝王「ガブリエーリ」社長
芦名馨 クールビューティーな香道の次期家元

その他の収録作品

  • SWEET SHOT
  • 愛が試される時
  • 制作秘話的なアレ。

評価・レビューする

レビュー投稿数2

バランスのいい究極攻め様でした

真山さんの強引で情熱的、まっすぐに突き進む攻め様が好きです。
今回は攻め様がイタリア人でモード界の若き帝王という煌びやかな設定で、これらの特徴が一際輝いてました。
もう、イタリア人っていう設定が大正解!(笑)
対する受け様は和服がとっても似合う、でも上品な色気も併せ持つ美人さんです。
攻め様のいきなりの押せ押せなアプローチをスマートにかわすのがクールです。
感情を真っ直ぐに表してはくるのですが、ただ強引なだけではなく、受け様の気持ちを尊重して、ただ暖かく包み込む懐の深いところも今回の攻め様の魅力でした。
終盤に三角関係の展開が見られるのですが、これはちょっと突然出てきた展開のように感じられて私は今一つだったのですが、お話のスパイス的な要素でした。
想いが通じ合った後の2人をもうちょっと見たかったです。

1

さっくり読めます

なんだかんだ真山さんの作品はいつも読んでしまいます。
男×男の感じが好きです。(変に可愛らしい受けが出てこないのが好みです)

今回は、ひたすら一途なルチアーノ(攻め)にぐだぐだ馨(受け)が次第に惹かれていく感じです。いつも思いますが、外国人感が伝わらないので、派手なお金持ちにしか見えませんでした。(ルチアーノはイタリア人設定)

個人的には、それほど三角関係の感じはなかったです。ルチアーノと馨がメインで最後の方に黒崎さんが茶々入れる感じです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ