狐のお宿の不思議LOVE

爱在妖狐民宿

狐のお宿の不思議LOVE
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
13
評価数
5件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス Cita Citaシリーズ(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784832287204

あらすじ

「山田旅館はオレが守る!」と奮闘している頑張りやで純情な3代目の快広。そんな快広に想いをよせる化け狐の小鈴は、宿の隣にある社の神様と一緒に快広のお手伝いに励むのだが、訪れた客に幽霊宿と思われ客入りはサッパリ…。はたして、空回りな小鈴の想いは届くのか!?  ほかにも、猫喫茶の下克上ラブや乙女♂ウサギの片想い…etc モッフモフでめちゃ可愛いキャラ満載!! 描き下ろし付v
(出版社より)

表題作狐のお宿の不思議LOVE

民宿の神様の使い狐 小鈴
田舎の民宿の三代目 山田快広

その他の収録作品

  • 毛モノの恋心
  • 毛モノの下剋上
  • 恋する月兎
  • うさぎなKINGDOM
  • ナイショの理由
  • 狐のお宿の不思議LOVE 番外編
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

動物パラダイスw

最後のひとつを除いて、全部動物(神様とかその使いの狐?とかもいますが、)
全部アニマルの擬人化ものでした☆
カプの紹介をします☆

狐×宿屋の店主(普段はちっちゃい狐・小鈴が神さまの力で大きくなって…w)

宿屋の板前&神サマ(これは神さまが思っているだけw)

ネコ×黒ネコ(感情表現が苦手な攻めが可愛かったw)

洋子ネコ×黒子ネコ(ワンコ攻めでしたwネコだけどw)

ネコ×ウサギ(クールそうに見えて実は…wなネコくんが可愛かったw)

ハムスター×ウサギ(おバカなウサギが大好きなハムスターくんが可愛かったw)

副会長×生徒会長(受け君は赤面症ですw)

結構激しめなのもありますし、全くないのもありますし、って感じですね。
擬人化メインのお話です。
擬人化した時のキャラの服装が、キャラの雰囲気と合っていて良かったですbb

0

好きな作品と苦手な作品の差が激しい短編集でした

絵はすごく可愛い。
ストーリー的にはバラツキかあって、まったく萌えを感じないものとめちゃくちゃ萌えるものと、両極端でした。同じ漫画家さんが同じような趣向で描いてる作品で、ここまで極端な感想になったのってはじめてかも。

『狐のお宿の不思議LOVE』
表題作ですが、これは「趣味じゃない」評価です。
神様に身体を成長させてもらったのは分かるけど、なぜ口調まで変わるんだろう。
どこに萌えていいか分からなかったです。

『毛モノの恋心』
このシリーズはもうめちゃくちゃ可愛くて、可愛すぎて、悶えつつ萌えました。「神」と「萌え」の中間ぐらい。
みんなネコカフェで働くネコちゃんたちなんだけど、夜だけ人化できる設定。
一生懸命働く受けネコと、ツンデレな攻めネコ。
モフモフで天真爛漫な人気ナンバーワンの攻めネコと、真面目な人気ナンバーツーの受けネコ。
脇役のコネコたちもみんなみんなかわいい。
エッチなくてもいいってぐらい、ネコ同士の絡みにハァハァなりました。

『恋する月兎』
萌えるー!
ピルピルしてるキュートなウサギと、クールなのにへんな思考回路してるネコ。
ヨダレ出そうなほど可愛かったです。

『う続きさぎなKINGDOM』
萌え~!
ハムスター攻めとウサギ受けという組み合わせ。
ハムスター攻めすごいw
ハムスター、人化したらデカいし!

『ナイショの理由』
唯一ケモミミじゃない短編。
これはイマイチでした。

0

ケモ耳尻尾と学生服

今回はオールケモ耳ではなくて、ラストに一編学生服モノが。
しかし、まあよくぞというくらいケモ耳作品を沢山出して、しかも何となく似ているようで似ていなくて、色々考え付くよな~と感心してしまうのです。

今回表題は、田舎のさびれた民宿三代目と、民宿の祠の神様とその使いの狐ですv
狐の小鈴は快人が大好きオーラを発散しまくりなんだけど、小鈴はチビッコなんで(しかし50歳!?)かわいい弟くらいにしか見られてない。
一生懸命手伝おうとするけれど、神様と小鈴の姿は宿の者にしか見えないから怪奇のお宿と恐れられてしまって、お客さんが逃げてしまうw
そんな時快人がピンチに陥り小鈴が・・・
超ドビックリでした!!
オイオイ、それってアリなんですねww
まさかの快人受けwww
ショタっ子と大人のギャップに萌えるか?萌えないか?いいんじゃないかな?

他の作品は猫cafeでの猫達のそれぞれ模様が2編。
いつものごとく夜になってゴロンダンスで変身であります。
この辺りはいつもの作品ぽくてまっとうであります。
そして月兎の2本はエロなしで、猫と兎、何だか可愛くてキュンしますv
ヘタレ続きで健気でかわいい兎と、どうしていいか戸惑う猫、雰囲気が可愛かった。
前作『もふウサ』で自分の王国を築こうと画策した子兎のおいもが登場!
この組み合わせ・・・ハムスター×うさぎ!?
しかも人化するとハムスターのほうがでかい!(体格は精神に比例する?)
ハムスターによって野望を砕かれ、いいようにあしらわれる”おいも”前作と変わらずアホっ子のようデスw

唯一、人間ものは相手限定の赤面症の生徒会長のお話。
赤面症が恥ずかしくて恋人なのにまともに目があわせられなくて困った会長w
しっかりしていそうで、意外に純情だったという、これはまあ普通かな?

とってもカワイイけれど前作ほどのインパクトはないのは・・・前作はミケ大将のお話があったからかな?
あれはよかったんですよね~そんな切ないお話もあったらもっと萌えたと思う本でした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ