夜ごとの花

夜ごとの花
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
16
評価数
5件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784344820562

あらすじ

小学校教師を務める藤井吹雪には、忘れられない恋がある。
高校時代の初めての恋人――年下の五十嵐成尭に溺れきってしまうことを恐れるあまりに、一方的に自ら別れを告げ、以来その想いを胸の奥に封じ込めてきた。しかし、六年の歳月を経て、忘れられないかつての恋人・成尭と思わぬ形で再会した吹雪。大人の男へと成長した成尭は、まるで復讐するかのように吹雪の心と体を翻弄して……?
2003年に新書として刊行された作品を加筆修正!書き下ろしを加えて文庫化!
シリーズ3部作の1冊目にあたります。
(出版社より)

表題作夜ごとの花

元恋人で現兄の恋人 五十嵐成尭・24歳
小学校教諭 藤井吹雪・25歳

その他の収録作品

  • 約束
  • あとがき
  • それぞれの花~成尭&吹雪

評価・レビューする

レビュー投稿数2

お兄ちゃんがかわいそう

だいぶ前に読んだものになるので、詳細は忘れてしまいましたが…
お兄ちゃんがかわいそうだなーと思いました。

だからいつかシリーズ作品でお兄ちゃんの幸せなところを読みたいと思ってます。
メインの2人も嫌いではないですが、お兄ちゃんの気持ちになってしまったので、
巻き込みやがって!という思いが出てきてしまいましたw
いや、2人が幸せになって嬉しいんですけどね。

でも小学校の先生の吹雪がけっこう好きでした。
前島先生もけっこういいキャラです。でもイラストが他の人に比べて老けてましたw
いや、実際は前島先生くらいが普通なのかもしれないです。

0

臆病で狡い男達

リーフノベルスで03年に出た本に、発売当時に配布した小冊子のSSをつけた新装版になります。
読後の感想は、本編だけだったらものすご~く痛い作品でした。

同性との恋愛に臆病だった吹雪が高校卒業時に手ひどく振った1つ年下の後輩・成尭。
忘れたはずだったのに、兄・伊月の恋人として再会してしまい気持ちは千路に乱れる。
自分を忘れたかのような成尭の態度にとまどいながら、2人の過去を兄には話すことはできない。
取引条件を持ち出す成尭に、吹雪は激しく悩んで苦しんで。。。

成尭の激しい執着が未練がましく、復讐のようでありながらもそれは激しい愛ではあると思います。
しかし、偶然伊月と同じ会社になったからだとは思いますが、それは狡猾だし、方法としては真っ向ぶつかれない臆病さも感じる。
吹雪にしても、過去の臆病さを白状することもできず、成尭と兄と、2人に対する罪の意識でがんじがらめになってしまい身動きができない。
全ては吹雪の臆病が招いた事なのに。
しかし、条件を飲むことによって成尭に再びのめりこんでいく自分がいて、どうしようもなくなってしまうのは、果てしなく苦しい。
いっそ2続き人が腹を割り、腹をくくり、臆病さを捨ててしまえばいいのに、2人が臆病である為にあり地獄のように負のスパイラルなのだ。
誰かがどこかで傷つかなければ決着がつかない恋は苦しみの何者でもない。

そして『約束』において、吹雪は伊月から、成尭から離れることでほとぼりをさまし、許されて初めて本当の恋人となることができるというエピソード。
これがあって、やっと救われるのですね。
この兄・伊月が2人を許すことができるようになる話は、このシリーズ2作目の「花のように愛は降る」になるそうです。

本編中に、吹雪のよき同僚で先輩教員である前島という男性教師が出てきて、吹雪を好きになるのだが、もう少し気持ちの確認が早かったら前島はとてもイイ恋人として吹雪も好きになっていただろうと思う。
もしくは、4角関係のもっとドロドロの泥沼に・・・?
惜しい存在でした~彼は3作目で登場するそうです。

何かな~こういう恋愛って男女でもありますよね、っていうかありそう!で、ちょっとリアルな感じがしました。
紺野さんの絵は、ちょっと子供っぽくて大人な社会人な感じがしない、、少し違和感でした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ