クリムゾン・スペル 番外編 旅のおくりもの

crimson spell

绯色诱惑

クリムゾン・スペル 番外編 旅のおくりもの
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
10
評価数
3件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
作品演出・監督
菅原三穂
音楽
盛孝音
脚本
沙藤いつき
原画・イラスト
やまねあやの
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
徳間書店
収録時間
34 分
枚数
1 枚
ふろく
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

Chara全員サービスCD
ハヴィ&バルド&ルルカの閑話休題的なにぎやかショート。
森の怪しいアレといえば…
三木さん&近藤さん&宮田さんのトーク

表題作 旅のおくりもの

ハヴィ → 三木眞一郎

バルド → 近藤隆

その他キャラ
ルルカ[宮田幸季]

評価・レビューする

レビュー投稿数3

三木さんが面白い

ストーリーは原作漫画1巻に収録されている「旅の途中」を大きく膨らませた内容になっています。
なので、1巻のドラマCDを聴いた直後にこのCDを聴いたのですが・・・なんか三木さんが断然面白くなってる、と思いました。なに、この違い??
1巻のドラマCDが作られてから随分経ってるので、あまり比べるのも酷かなとも思うのですが。
宮田さんも相変わらず可愛くて。ウサギ役(笑)、ぴったりですよね。
このCDではちょっとエッチな宮田さんも聞けるます。^-^
3人の掛け合いがとても楽しめた一枚でした。

0

いい番外編

番外編として必要な要素がぎゅっと詰め込まれてました。
ファンなら間違いなく楽しめるし、ファンじゃなかったら本編に興味を持つのは間違いない。
旅の途中の一コマです。
エロがあり、戦いがあり、ユーモアがあり、ストーリーもちゃんと軸とオチがある。
なにより、二人と一匹の会話劇がいいんだよね。高飛車だけどちょっと抜けてる魔道士の攻め様(三木さん)、天然で元気で真っ直ぐな王子様受け(近藤さん)、アホ可愛い脇役(宮田さん)、ずっとこの三人の漫才を聴いてたい気分になる。
宮田さんの声はすごいよ。女性声優にしかできないような役でも、まったく違和感なくこなせちゃう。

1

サービス満点です

いかにも番外編らしい、サービス満点の内容でした。

町の宿屋にはお泊まりできない事情の一行、今夜も野宿の場所を決め、バルドはお留守番、ハヴィは町にお買い物に行きます。
バルドはハヴィに、森には絶対近づかないように言われていたのに、ついうっかり迷い込んでしまったら、その森には…
森の妖しい「アレ」といったらお約束の、触手ネタ。
一方、ハヴィが町の骨董屋からうまくせしめてきた物は、おしゃべりな土偶と遠くが見える…

「腹に一物」的な三木さんが素敵です。

フリートークでも本編でも、3人の関係性がなかなかおもしろかった。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ