Go for it!!

go for it

Go for it!!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×28
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
76
評価数
21件
平均
3.7 / 5
神率
23.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784199604539

あらすじ

“プロバスケ界のプリンス”こと余目泰斗(あまるめ たいと )は、華麗な営業スマイルで雑誌にTVに大忙しv
ところがTV収録で出会った若手実力派
NO.1ボクサー・伊勢谷(いせや)は、そんな努力を全否定!
練習命!! な伊勢谷は「頭悪そう」と泰斗を挑発。
たちまち現場は大混乱の大ゲンカに…!?
試合も恋も全速力!! クラッシュラブゲームv
(出版社より)

表題作Go for it!!

余目泰斗(プロのバスケットマン)23才
伊勢谷桂史(プロのボクサー)24才

評価・レビューする

レビュー投稿数4

異業種恋愛

スポーツ業界が舞台の作品。
本来なら関わることの無いバスケットボールの選手とボクサーという珍しい組み合わせだったのが新鮮でした。

スポーツ番組を介して知り合った二人は最初は仲が悪く、ケンカップルものかと思ったら途中からは甘くてデレデレになっていきます。
好きなのは一方的に余目のほうなのですが、恋愛の始まりはかなり唐突。

そこまでは恋愛要素がかけらもなく、異業種友情ものといっても通じそうな内容だったので、急に恋愛にもってきたという無理矢理感もあるのですが、そこを過ぎれば二人とも可愛くて萌えられます。
何よりいいのが体格差。バスケットと小柄なボクサーという、受けがほだされていく展開が王道です。

内容はさらりと読めるのでわりと軽めかなぁと思いますが、ツンデレ受け好きの方には楽しめると思います。

0

短髪ボクサー受


アスリート同士の熱血ラブストーリー全2巻!

カップリングは、陽気なバスケットマン×無愛想なボクサー。
攻がバスケット選手なので、攻と受はかなり身長差があります。
体格差萌え!
楢崎作品の中では一番好きなCPです^ ^

イケメンバスケット選手の余目(攻)は、テレビ番組の収録中に若手ボクサーの伊勢谷(受)と口論になる。
以来、顔を合わせればいがみ合う犬猿の仲として知られるふたりだが、余目は、伊勢谷の人間性やボクサーとしての魅力に惹かれていく。

お互いの試合を観戦して相手に惚れる、なんとも健全なBLです。

受の伊勢谷さんは無愛想で素っ気ないけど、押しに弱いところがかわゆい。

あと、伊勢谷さん、口の中が弱いんですよ。
ベロチューされるとめろめろになっちゃいます。
キスする時、舌を入れたい余目が伊勢谷さんの鼻をつまんで無理やり口を開けさせるシーンに萌えまくりました。

キスシーンは多め。
ただし、本番えっちは2巻に持ち越し!

1

スポーツw

バスケ選手×ボクサーなカップルですねww
出会いはそんなに良い感じではなかったものの
お互いをしり、近づくほどにきゅん。
お互いを尊敬し、そして~な流れな今回。

ワンコな攻と、ツンな受のバランスも美味しい作品でした。
お互いに、お互いの試合をみて
「かっこいいじゃん」と、無意識に想い合うところがなんともよかった。
ワンコでガツガツな攻を、受け入れて上げる受。
やじゃない、やじゃないんだよ!
な感じが嫌じゃなかった(*´ω`*)はぁはぁ

この作家さんの作品はしょうみ初めてなのですが、ちょっとほかの作品も読んでみたくなったのは事実。
チュゥどまりで終わってしまっているのがちょっぴり残念ではあるのだが、この受をどう攻略していくのか
はたまた一生そうなのか。
でも、けっこう早く陥落してくれそうな臭いがするな
と、美味しい一作でした。

1

バスケットマンとボクサーというのがいいww

スポーツ番組の初対面の席で口けんかをしてしまった余目と伊勢谷。やりとりに視聴率が取れたことからセットでトーク番組のオファーを受けることが多くなる。顔を会わせていく中、互いの試合を観ることで認め合い惹かれるようになり…という内容です。

基本、余目目線で話は進みますが2話と3話の間にトータルナンバーなしの伊勢谷目線があります。伊勢谷がただ余目の勢いに流されているだけではないことが分かり、ふたりの心情の進み具合を計れ(余目には伝わらない伊勢谷の感情が)面白いです。

結論から書くと1冊かけてまだくっついてません(続きが読めるキャラセレクションで昇格しました)。くっついてませんが伊勢谷はすでに余目に落ちています…本人は認めないでしょうが、キスが嫌なら次は拒否すればいいのに許してしまうし、ちょっと触るだけって言われてなんだかんだ触らせる(力なら負けないだろうに…)。そこまでOKなくせに直接的な誘いは思いっきり拒否して逃げるというのは、ちょっと余目が可哀想な気もします(苦笑) ここ、タイトル通り余目へ「頑張れ!!」と言いたい。
奥手だろう伊勢谷に、一直線な余目。恋に仕事に今後どう展開し続きていくのか楽しみです。

蛇足)展開にはなんら影響はありませんが、余目ってSF(スモールフォワード)とSG(シューティングガード)のどちらなんでしょう。読んでいて分からなかった…見落とし?

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ