パリの花嫁 お気に召すまで

パリの花嫁 お気に召すまで
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
13
評価数
4件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
シリーズ
アズ・ノベルズ(小説・イーストプレス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784781604688

あらすじ

休暇で訪れたパリ。画家の祖父をもち、そのコレクションを収めた美術館を管理している博光は、ある伯爵邸のギャラリーで『水辺の花嫁』と題された絵に一目惚れした。この絵を手に入れたい…博光は持ち主の実業家、アルマンに掛け合うが、「俺を楽しませることができたら、譲ってやってもいい」と言われ、貴族の血を引くこの典雅で意地悪な男に振り回されることに…。一枚の絵が引き寄せる運命の甘い出逢い♪(出版社より)

表題作パリの花嫁 お気に召すまで

アルマン・デュモン・ド・ブロイ やり手実業家30歳
槙博光 美術館管理人25歳

その他の収録作品

  • パリの花嫁~お気に召すまで~ 第二部

評価・レビューする

レビュー投稿数2

宇宮さんの海外モノ

宇宮さんは何気ない日常を上手く書かれる作家さんですが、この作品は初の海外モノ。前半はパリが舞台で、途中日本に戻ってきますが、最後はまた舞台をパリに移します。内容的には前後編にわかれた二部作。そのせいか全体的にいつもの宇宮さんの作品と雰囲気が違うかなぁという感じも。

主人公は日本の学芸員のヒロで、お相手はパリの実業家のアルマン。表紙をみて、割と強かな2人なのかと先入観を受けましたが、ヒロは日本人らしく健気で謙虚。アルマンはさすが海外実業家で強かですが優雅で気遣いに長けています。後半では思い切りやきもちやきだけど…。

絵がきっかけで知り合った二人が一度だけ関係を持って、はっきりした約束をせずそのまま分かれてしまう前半。後半は日本までヒロを追いかけてきたアルマンと恋人になり、その後従兄弟と一緒に再びパリを訪れます。

このヒロの従兄弟のユキと、アルマンの親友のジャン・ミシェルの展開に結構ウェイトが置かれていて、こちらのほうが先々に難あり…なカップルだったので興味がわいたんですが、スピンオフで出版されたんですね。これで終わらなくてよかった…。

あまり大きな事件が起きないけ続きど何だか好きだなぁと思わせる作風の作家さんですが、この作品はちょっとあっさりすぎたかな?と思いました。
日本人が海外で恋をする設定のBLって、ラストはその国に残る、というのがセオリーかと思います。この作品のラストでは、ヒロがアルマンと分かれたら次の恋はもうないと決め、日本でしていた仕事の繋がりでパリで職を探し移住しようと決める…となるんですが、住み慣れた国を離れて見知らぬ海外に移住ってすごく決断のいることだと思うのです。なのでそれほどまでにアルマンが大事で愛しているっていう思いの深さをもっと作中で表現してほしかったなぁと思います。

1

気まぐれの遊びが本気になる

「不夜城の蜜愛」のスピンオフで、こちらがメインの主役たちのお話です。
2冊同時に読むと時間軸も交差しているのでより楽しめる感じでしょうか。
受け様は、美術館の管理人をしているのですが、受け様の一族は芸術家一族で
受け様のいる美術館も祖父の絵を管理しているのですが、美術品には目が無い。
自分は絵を書く才能は無かったのですが、作品を見る目とマネージメントには
才能がある受け様が、知人のパーティーに呼ばれパリに出向いた先で、個人所有の
絵画を一目で気に入り、売って欲しいと所有者である攻め様に願うが相手にもされず
そんな攻め様と偶然知人のパーティーで再会して、攻め様とその友人に遊びを仕掛けられ
更に攻め様を楽しませてくれたら絵をあげてもいいと・・・

攻め様の退屈しのぎだったのですが、次第に攻め様は本気になりますが、
受け様が絵を欲しいからと言う思いが、攻め様の本心を言えなくさせる。
また、受け様も既に絵の事より攻め様の方が気になりっていう展開です。
すれ違いカップルが分かり合えるまでのお話です。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ