密約の鎖

mitusyaku no kusari

密約の鎖
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344820487

あらすじ

特捜部の悠斗は会員制ホストクラブに潜入捜査を試みるが、クラブのオーナー・河野に相いれないと思いつつも惹かれていき――。
(出版社より)

表題作密約の鎖

高級会員制クラブの一癖も二癖もあるオーナー・河野仁
攻様の店を内偵する東京地検特捜部の検事・内藤悠斗

その他の収録作品

  • 午睡の蓮
  • 密約の鍵

評価・レビューする

レビュー投稿数2

口移し!


最初は地検、潜入と文字も多い(2段はかなり久しぶり)小説なので、難しいお堅い内容だったらどうしよう…と思ってましたが、そんなこともなく読みやすかったです。

ワインを口移しで飲ませるシーンに萌えました。
高宮東先生のイラストも素敵です。

検察事務官の悠斗ですが、堅い感じもなく、むしろ可愛いくらいです。
ちょっと、子どもっぽさも感じますが、純粋で真っ直ぐな悠斗です。

悠斗が自分の過去を仁に話して「くだらないな」と冷たく返され、悠斗が「愛してないなら、触れないで」と気持ちをぶつけるシーンは切なくなりました。

そして、色々あってオークションに掛けられた悠斗を助けたのが仁です。
「愛していればいいんだな」と言う仁に頷く悠斗のシーンが良かったです!

乳首に媚薬を塗ったり、乳首責には萌え萌えです!

深月ハルカ先生の作品は3作品目ですが、本当に読みやすいです。
小説で作家買いはしないんですが、他の作品も読んでみたいです。
桂sideを読んで見たいですね!

0

メインよりも脇が気になるー。

「密約の鎖」

『LOTUS』オーナー河野仁×地検特捜部検察事務官・内藤悠斗

疑惑のある『LOTUS』にボーイとして潜入し内偵調査をすることになった悠斗。
しかし、最初の面接で素性がバレ逆に河野の命による内偵をすることに。
3日ごとに行われる調査報告で、河野は何かと悠斗を試すようないたずらを仕掛けて…。

なかなか面白かったです。
内偵するにはまっすぐすぎるというか嘘がつけなさそうな悠斗。
美形揃いの『LOTUS』で働くために選ばれたのですが、性格はきっと向いてない。
オーナーである河野は愛なんて信じないような人物で、悠斗に対してする仕打ちもお仕置きのようなもので。
けれど、その裏側には知らず知らず生まれる悠斗への感情があって。
今まで自分が会ったことないような真っ直ぐな人物に惹かれている。
一度は裏切られたと感じた悠斗がそれでも最後には河野に縋りたくて。
でも、拒絶されることの不安を抱えて。
控えめなSOSになってしまうのだが、そこでようやく河野が衝動のままに動き始めて。
なんとなく王道展開ではあるけれど、面白かったです。

「午睡の蓮」
続き密約の鎖」のラストのあとのお話。
ひとときの甘い穏やかな時間。

「密約の鍵」
潜入期間を終え、通常業務に戻った悠斗。
悠斗が追っていた事件は上層部でもみ消され有耶無耶に。
仕事でなければどうやって河野に会いに行けばいいか決心がつかないまま過ごしていると、同僚からある事件の話を聞かされ、それを理由に河野に会いに行けるのではないかと…。

メインは河野と悠斗の恋の進展。
身体の関係はあるものの前回の仕事が終了してから会うこともなく。
悠斗が自発的に自分の元へやってくるのを待っている河野。
河野の気持ちは確かなもので、それに応じた悠斗は正直さ故に自分の気持ちがそこまで達しているかどうかまだわからないと告げていて。
それが今回の件で明確になっていく。

そして、このお話で実はメインで描かれているのは『LOTUS』のホストの1人である桂の恋でもあって。
桂は複雑な生い立ちを持っていて。
桂の義兄で本家の人間である本条。
幼い頃から桂を守り続けてきた使用人の息子・昂。
女子として育てられた桂の婚約者として桂が男と知ってからも添い遂げようとし続けている清水。
桂の周りには3人の男がいて。
「~鎖」を読んだ時点では昂と何かあるのかな、と思っていのたですが、どうやらそれは昂の片想いのようで。
桂の気持ちは本条へと向かっている…というような流れだったのですが、最後でどんでん返しというか。
桂が本条を想う気持ちは本条に言わせれば親愛の情で恋愛の情ではく取り違えているだけで。
桂を拒んだ本条こそが実は桂のことをちゃんと愛していたという。
そして、桂が添い遂げることになるのは清水。
昂がなんだかちょっとかわいそうにも見えたのですが。
清水を追いかける段で昂を引き受けてくれた葛城とどうにかなればいいのにー!と思ってしまいました。
やっぱりメインより脇役スキーのようです(笑)

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ