犬と私

inu to watashi

犬と私
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌5
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
19
評価数
10件
平均
2.4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784758071109

あらすじ

高校へ入学したすばるは生徒会長のハヤテに一目惚れ。勢いで告白したら、「おつきあい」ならぬ忠犬生活がスタート! これってパシリ?それとも恋人!? 殴られても「オアズケ」されても、ご主人様についていきます!
描き下ろし番外編もたっぷり28ページ収録して、忠犬すばるのキャンキャンご奉仕物語はじまりはじまり。
(出版社より)

表題作犬と私

男子高の新入生 すばる(多分攻め)
男子高の生徒会長 ハヤテ(多分受け)

その他の収録作品

  • 番外編
  • 描き下ろし

評価・レビューする

レビュー投稿数6

ハヤテがどうも…^^;

1冊丸ごと表題作のカップルとそのリンク作の短編が収録されています。
男子校を舞台にしているのですが、その高校の入学式に生徒会長に一目惚れしてしまったなんとも純情な1年生のお話です。
この1年生、とっても可愛くて一目惚れしたハヤテ先輩に従順なんですが…読めば読むほどこのハヤテのどこがいいんだろう?という疑問ばかりが大きくなってしまう作品でした。
ハヤテはかなり俺様で男前かもしれないのですが…どう考えてもかなり酷い性格としか思えない…(汗)。
その気持ちが大きくなるほど、1年生のすばるが可愛そうでしたね…。
ラストにはまぁ、ハヤテも可愛いところを見せてくれるのですが、普通の恋人同士の関係にはまだまだという感じがします。
同時収録のハヤテの友人のお話もこのままではとても中途半端な感じで終わっていて、どうも不完全燃焼な印象の作品でした。

0

表紙買い

基本、表紙&裏のあらすじ買いなんだけど・・・。
意外と良かったです。(すみません、あらすじで期待できなかった)

ハヤテのすばるに対する扱いのひどさにだんだんイラついてきたところに
イギリス旅行。すばるはハヤテに愛想尽かしちゃえばいいのに!って思ったり(笑)
毎日連絡すると言ったすばるの携帯が壊れてハヤテに連絡できず、
ハヤテはイライラでも、そのおかげのラストは良かった良かった。

話にはほぼ絡まないけど、ハヤテのお兄ちゃんがかっこよくて割と好きでした。

1

上等な犬

なんだか、超上等な犬にうっかりなつかれちゃったお話。

その僥倖に気付よ、ハヤテ!


女の子と付き合うのが面倒くさくなったという、かなり人でなしな理由でお付き合いをOKしたハヤテ。
最初からすばるを犬としか扱っていません。
しかし、どんな扱いをされても、すばるはハヤテを好きで、好きで、好きで、好きで、好きで……っつか、、、

絵が、爽やかでとってもかわいいです。
画面の構成も、キャラも、とっても上手です。
だから、最初、どんなに人でなしで、ろくでなしな設定でも、うっかりかわいく読んじゃいます。
すばるは、結構酷い扱われようです。
オマケの書き下ろしで、最終的には、ハヤテもデレてくれるので、読後感は、なんだかほっこりとよかったなあとか思っちゃいます。


うーん、でも、このハヤテみたいなタイプは、やっぱり地雷キャラだなぁ

番外編は、生徒会副会長と先生のお話
この先生みたいな、超天然タイプも、実はちょっと微妙に地雷キャラ。

初コミックスとしては、絵も上手だし、お話の構成もそつなく纏まっているし、レベルはとっても高いです。
エロ無しラブコメと続きしてはとってもよくできていると思います。

2

いなくちゃならない犬・・・

 表紙がすっきりとしていてきれいだったので、惹かれて購入。青春を感じます~
 すばるは高校入学しょっぱな、生徒会長のハヤテに恋してしまいます。きっかけがあって、ハヤテのわんこ(パシリ!?)になるのですが、すばるはからかわれてばかりで。トコトコと効果音が聞こえてきそうに、すばるがハヤテのあとをついてくところがかわいい♪♪
 ハヤテは、今まで本当の恋をしたことがなかったのでしょうね。セックスしたら終わり(ハヤテ論)。それは恋じゃないよ。ずっと一緒にいたいと思えることが恋をしているという状態なんじゃないかな。
 最初はすばるの一方通行の恋でしたが、だんだんとハヤテの態度も軟化し、後半はいろいろヤキモキしたり、感情の起伏があって、恋人同士らしくって来たという感じ。二人はこのスタンスがちょうどいいのかもww
 初読み作家さんでしたが、味のある絵と、お話で、今後注目したいです!

2

ドS飼い主と忠犬のラブコメ♪

新しいレーベル「ガトーコミックス」からの新刊でした。
新レーベルは正直ハズレも多いのですが、ワンコというテーマと独特の青臭さが漂う印象的な表紙に惹かれて購入。
この作家さん初コミックスのようですが、絵柄も可愛く特徴があって楽しんで読むことが出来ました♪

一冊丸々同じ男子校が舞台のお話。
表題作は、生徒会長のハヤテ(受け?)に入学式で一目見て惹かれてしまった新入生のすばる(攻め?)ハヤテを見ると苦しい、この気持ちが恋心と分かりハヤテに近づき告白することに成功したすばる。ハヤテは勿論すばるの事が好きという訳ではなく、丁度いいパシリが出来たな~くらいの気持ちで…。

ワンコ攻めというよりも、まんまワンコなこのすばる。
すばるの愛を分かっていながら、巧みにスルーしていくハヤテはほんとドSだと思いました。ドックフード与えたりまんま犬扱いしてますのでw
個人的にこういう受けは結構好きなんですが、ぞんざいな扱いをされていますのでもしかしたら賛否分かれそうかもな~と思います。
話が進むにつれて、ハヤテも少しずつすばるに許していってたり、嫉妬したりと少ーしずつですが歩みよってるので続きそういう可愛さが見どころかなと思います。すばるの努力も少しずつ報われてますよ!

表題作CPの中ですばるの相談に乗ってあげてた副会長ななせくんのお話も。
金欠ヘタレ古典教師がお相手。ゆっくりとしたテンポでお話は進んでいきます。教師との距離を詰めたいななせくんに非常にキュンとしました。

書き下ろしはクリスマスデートのお話。
手をつなぎたいから「お手」っていうハヤテにキュン(*´д`)

3

ワンコというより、まさに犬!

題名通りに「イヌ」「ワンコ」です。
ただ、このワンコはちょっとかわいそう~
待てが多くて、おあずけが多くて、でも、ご主人様にそれでも構ってもらえることが、顔を見られることが悦びなのです♪
理不尽で身勝手なご主人様に振り回されるいっぽうの犬ですが、いいのです、彼が幸せならば。
それは、高校生らしい年相応の子供のわがままな姿のようで、許せてしまうのです。

すばるが男子高の入学式で一目見ただけで心を奪われてしまったのは、生徒会長のハヤテ。
それが恋だと知った時、ワンコの一途が暴走するのです。
やっと、初めて声をかけてもらい、顔を間近で見た時に思いあまって告白をすると意外にもOK♪
ハヤテはもう、何もすることがなくてすぐセックスにもつれ込む女子との付き合いに飽きていたのです。
そんな軽い気持ちとノリでOKされても、すばるは幸せ。
その日から忠実な犬としての日々が始まるのでした。

ハヤテのすばるへの扱いは本当に酷いです。
よくキれないでいられると思うくらいに、それは恋人ではなく専属パシリだろ?というくらい。
でも、ワンコはワンコなりに欲望はあるわけで、、
初め続きてのキスも、友人のアドバイスがあってこそ。
ハヤテのすばるへの扱いが、我慢できず酷いと思う人には、この話は受け入れられないなーと思います。
だって、それはラストまで続くのですから。
そんな安易なハヤテの態度と心ですから、本気になるのには時間がかかるわけで。
いつも一緒だった2人が離れる1カ月。
その時に初めて気がつく淋しい気持ちと不安。
そこまでかからないとわからないのは、ワンコ過剰だからでしょう。
この二人はまだまだこれから、って感じですね。
この離れた期間があるからこそ、これからの2人の距離と立場が少しずつかわっていくのでしょう。
そんなガキのような恋の始まりのお話でした。
ワンコというよりは、まさに「犬」、ヘタレ犬攻め・・・になるのかなww
ご主人様はやんちゃツンデレというよりはやんちゃ鬼畜俺様時々ヘタレ?
でも根はやさしくて、いい子なんですよね~。
憎み切れないキャラ達でした。

そして、すばるにアドバイスしたハヤテの友人で生徒会副会長で茶道部員のななせの恋の話がちょっと切なくてキュンとさせる。
表題と全くカラーが違うお話で、実はこれが印象に残ります。
先生を好きなななせ。
ここでは先生なのに、ヘタレワンコです。
給料前は金欠で、お弁当をななせに貰うくらいの貧乏・・・って(汗、、)先生、給料一体何に使ってるんだ!?
ななせの気持ち通じてるといいな~と思ったのです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ