おまえは今から俺の嫁だ だから――傍を離れるな

愛を売る男

ai wo uru otoko

愛を売る男
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
18
評価数
5件
平均
3.8 / 5
神率
40%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ムービック
シリーズ
LUNA NOVELS(小説・ムービック)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784896017830

あらすじ

新宿でナンバーワンホストに君臨する泰巳の武器はその美貌。だがある日、上客のヤクザのボス・栃沢への襲撃に巻き込まれ、顔に傷を負ってしまった。唯一の財産を失い絶望する泰巳を、栃沢は自宅へと拉致して――!?
(出版社より)

表題作愛を売る男

栃沢拓真,ヤクザ,暴力団一心会の会頭
榊原秦巳,ナンバーワンホスト,27歳

その他の収録作品

  • HOME
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

包容力攻めにじんときた

 すごくいいお話でした。所々で泣けてきちゃって、読み終えるまでに、ティッシュ3枚使いました。
あらすじの、「今度は淫靡なゲームを仕掛けてきて・・・・・・!?」っていうのは色々すっとばしすぎですよ。包容力あふれる栃沢が、傷ついた泰巳に愛情を注ぎ、献身的に世話したというのが真実です。

 泰巳は、幼いころからずっと、母親から心身への虐待を受けて育ち、美貌を失った母親の悲惨な最期を目にしたせいで、綺麗な顔だけが取り柄で、自分には他に価値なんかないと思い込んでいます。そんな泰巳なので、自分の存在意義ともいえる顔に傷がついてからは、ずっと殻に閉じこもって、栃沢の優しい言葉も心に届きません。
 自虐的なことばかり口にして、うじうじとしている期間が長いので、読んでいてうんざりする方もいらっしゃるかも知れません。私も本来は、うじうじした後ろ向きな主人公なんて、うっとおしくて、読みたくもないです。それなのに、泰巳の悲しみや絶望感が、ひしひしと文章から伝わってくるので、全然うっとおしいなんて思わず、ただ可哀想で、不憫でたまりませんでした。
 泰巳は自分のことを顔以外取り柄がない、その顔も今は価値続きがない、と度々言っていますが、私は、泰巳は思いやりがあって、素直で可愛らしいと、読みながらずっと感じていました。だから泰巳が立ち直るまで、ずっと応援しながら見守っていけました。
 そして、なんといっても栃沢の包容力と愛情の深さには、本当に感服しました。根は素直だけど、がちがちにトラウマに囚われて、栃沢の言葉を信じられない泰巳を、惜しみない愛情で包んで、大事に大事に守っていたんです。お陰で泰巳はトラウマを克服して変われました。顔に傷がついても栃沢を守りたいと思うくらい、強くなったのです。
  泰巳に栃沢がいて本当によかったです。二人が幸せになれてよかった!

 ちなみに、裸エプロンがあると聞いていたので、そんな趣味のない私は、問題のページがきたとき、おそるおそる読み進めたのですが、ラブラブが高じてという感じで、微笑ましいものだったので、ほっとしました。挿絵も綺麗で、似合っていたし(笑)。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ