蜜肌に悦楽の牙~シューレ・ヴァンパイア~

蜜肌に悦楽の牙~シューレ・ヴァンパイア~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784862637703

あらすじ

「ヴァンパイアかもしれないよ?」
大富豪の子息・ジューリオは、夜のバラ園で銀髪の美青年に一目惚れv しかも翌日には、彼とそっくりな黒髪の儚げな美貌を持つ数学教師・龍泉と出会う。運命を感じたジューリオは彼に告白するが、冷たくふられた上に懲罰室に入れられてしまった!! でもその夜、懲罰室に銀髪の妖艶な龍泉が現れジューリオに濃密なキスをすると、不思議な言葉を残して消えてしまって…? 大量書き下ろし付きv
(出版社より)

表題作蜜肌に悦楽の牙~シューレ・ヴァンパイア~

ジューリオ・スフォルツァ 大富豪の御曹司で次男
龍泉雅嵩 美貌の日本人数学教師

評価・レビューする

レビュー投稿数1

こちらの吸血鬼は生徒×教師カップル

若さと美しさを兼ね備えていて世界中で華々しく活躍しているシューレ・ヴァンパイアの二冊目。
こちらは瞬時に周りを惹きつける魅力を持つやんちゃな生徒のジューリオと、在籍している教師の中でも一番の若手でそこはかとなくか弱さが漂う美人教師の龍泉という生徒×教師カップル。

不幸にも無秩序な放浪ヴァンパイアに襲われた時にクロイツ先生に助けてもらい、守りの厚い学園に匿われている龍泉。
そんな彼の延命の為に、正式な伴侶としてジューリオが候補に挙がった辺りに世間一般の"お見合い"を連想していたら、ホントにそんな感じの展開だった…。

こうしてヴァンパイアと普通の人間とでカップルが誕生していくのはいいが…、
ジューリオも光流もそれぞれのおじい様(当然、名だたる名家の当主)の快諾を受けてシューレ・シュバルツベルク・トランシルバニアに編入してきた訳だけど、大事な直系の孫がヴァンパイアになって後継ぎ問題はどーなるんだろ?
ジューリオは兄弟はいるけれど、光流は確か一人息子のはず。
…と、野暮な疑問も湧いてくるが、そこは気にしちゃいけないんだ、多分…
(^_^;)。

前半は『艶肌は~』の続き話を今回のカップル目線でなぞっているので目新しさに欠けるが、後半はジューリオ達が、過去に光流が在籍していた日本の学園で短期の体験留学を経験するという話で、文化祭に飛び入り参加するという内容になっている。

ハネムーンの為の懲罰室や美形の生徒にアイドルのようにときめく男子校のノリ、学園祭にはまず出てくる吸血鬼の紛争とか、『BLのお約束かっ!!
』って展開も健在だったりするのだ。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ