一生続けられない仕事 1

isshou tsudukerarenai shigoto

一生続けられない仕事 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×26
  • 萌18
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
123
評価数
33件
平均
3.7 / 5
神率
27.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人セレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784812474686

あらすじ

新人弁護士・早坂義人は修習生時代に指導を受けた先輩弁護士・三上陽彦に憧れて、彼の事務所に入所した。頻繁に事務所に出入りする三上の同期弁護士・片山柾にイジられながらも日々忙しく仕事に励んでいる。しかし、三上と片山の間にある友情以上の「何か」に気がついてからはなぜか冷静ではいられなくて…!?

正義のために働く男達の魅力満載なシリーズ第1弾!!
(出版社より)

表題作一生続けられない仕事 1

弁護士 森周平(24)/弁護士 片山柾(34)
弁護士 三上陽彦(33)/弁護士 早坂義人(25)

その他の収録作品

  • File.1
  • File.2
  • File.3
  • File.3.5
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

片山先生に1票

四人のいい男、ハッキリわかっているのは森くんと三上先生ですが、残りの片山先生とよっしーは、どうなんでしょうか?ゲイなんですか?片山先生はよっしーのお尻を揉みまくるから、どっちもいけそうですが、ノンケのよっしーまでついうっかりキスしちゃうし

0

4角関係って言って良いのかな

三上は寂しさを紛らわせるなら誰でも良いと言った感じがあります。
恋人だった小野田の影を追いかけてるようです。

三上と片山はお互いに何か気にかけてる様子。たぶん、小野田のことがあるから。

何かと早坂にちょっかいを出す片山。

早坂は三上に憧れはあるものの恋愛感情はないのかな。

森はもう三上を美人と言ったので分かりやすかったです。

早坂は勢いでだけど片山にキスしたんで惹かれ始めてるんでしょうね。

三上は美人なのに、寝起きがゾンビのよう。これは世話好きな旦那様が必用です。

みほちゃんが良いキャラしてます。

2

BLというか

バックボーンがしっかりとしています。

まあ、弁護士モノでしかも
その内容を深く掘り下げている本なので、
すごくよく調べて描いてあるのがよく分かります。

続きものなので、
何故弁護士が「一生続けられないのか」は
分かりませんが、
そりゃあ、本の内容のように
仕事がハードだったら、
年をとるまでやってられないですよね……。

体力が持たない><

BL色もあるのですが、
それよりもコメディのほうが面白くて、
そっちのほうにのめり込んだかんじです。

やっぱり山田さんは、
こういうタッチはお得意ですね。

面白いです。

それにしても三上弁護士は、
何故、主人公の同期を小野田さんの身代わりにしてるんでしょうね?

小野田さんという方は、ひょっとしたら
亡くなってらっしゃるのかな?

謎が深まります。

1

1作目

丸ごと一冊が、ひとつのストーリーでした。

弁護士先生たちのお話。

事件というか仕事…ですね、ひとつひとつの仕事に決着つけながら
森くんと三上さん・片山さんと早坂くんという4人の関係が
絡み合って進んで行くお話。

三上さんと片山さんの仲良し同期の人が
事件に巻き込まれたことによって
ひと山もふた山も問題が起きつつ人間模様描かれてます。

こういうところがユギさんの
ストーリー作りというか読ませ方というか、
お上手でいらっしゃるところで、
グングンと入り込んで読んでしまいます^^

片山さんの気持ちが気になりますね~。
気になりつつ、続きますw

1

美ンテリスーツなご職業

ユギさん熱、じわじわと復活しております。
(熱が大暴走し、一度ぬるま湯になり、再度勃発するって、既にユギさん中毒と言っても過言では無いレベルに来ている気がする)
こちら、タイトルを見て本編を読み進め、再度じっくりこのタイトルを見入る。
果たして、どういう意図でお付けになったのだろうか。

さてさて、まずは表紙から。
……もう何も言うまい。素敵過ぎて呂律が回らない気さえする。
綺麗な指。爪の形。決してお洒落目的で着用している訳ではないであろう眼鏡。
そして左に光るは弁護士バッジ。
これを美と言わず何と言う。

開いてびっくり。こちら、初出は2007年、しかもマガジンBE×BOYに掲載されていたとは!
竹書房さんから出てる&私のユギさんイメージで、最初から麗人さんでの連載だと思っておりました。

新人弁護士・早坂が、修習生時代にお世話になった弁護士・三上の事務所へ入所。
憧れ強く三上の姿を眺めるが、事務所の事務員・真行寺みほにはライバル視され冷たくあしらわれる。
更には三上の同期・片山も頻繁に出入りし、セクハラされまくっている内に、何と、二人の共同経営事務所続きとなり、生真面目な早坂は3人に揉まれつつ弁護士としての経験を積み――と進んでいきます。

手に職、難関を突破し僅かな人しかなれない弁護士。
漫画や小説にはよく出て来る職業とはいえ、やはり小難しい職種には間違いないこちら。
単に「弁護士ですよ」というだけではなく、そこはさすがのユギさん、しっかり問題や裁判を交え、主人公・早坂の成長を少しずつ感じさせながら、彼を取り巻く人物のぼんやりとした不思議さを徐々に明かしてくれています。

ユギさんの魅力は、何と言ってもリアルのような雰囲気。
のほほんと天然のような空気を纏いつつ、そこはかとない暗さを持つ三上。
セクハラばかりでいい加減な男と思わせつつ、何より三上を気に掛ける片山。
冷たいと思いつつ、一番場の空気を読めるみほちゃん。
明るくお調子者かと思いきや、しっかり仕事は全うするぬかりない他事務所のエリート弁護士・森。
上っ面だけだとどれもこれもうまく回るのだけれど、一旦影を落とすと恐ろしい位渦を巻いているような、はっきりとした表と裏を見れる気がして、自分すらその魅力に飲み込まれていきます。

セクハラいい加減野郎と思いつつ、片山のがさつで優しい部分に惹かれつつある早坂。
あの人を思い出し感じる為に、森にバックから攻めてと懇願し、攻められながらあの人に心の中で詫びる三上。
少しずつ動き出す展開や感情に、心が奪われます。

4

先生・・・エロいです

最後、バックからの挿入画がエロティックすぎて脳裏から離れない件
(●´∀`●)はぁはぁ・・・はぁはぁ
こんなとこから入ってすみません。
反省の色はありません。
それにしても、今回もまた面白かったですね。
流石!の一言。
まぁ、1巻と題うってあるだけあって、複線がいっぱいなのでありまして。
カップルなのかそうじゃないのか、まだまだ中途ハンパなわけで。
お亡くなりになってる方を含めますと、まだまだ何か隠れていそうな気がまんまんな一冊でありました。

憧れの弁護士先生のもとで働くべく、ようやく手にした弁護士資格を手にやってきた新鋭の弁護士、早坂くん。
ところが、やってきた事務所にいたのは、不遜の男。
そして、自分にライバル視を向ける女子!?
憧れの先生は、なんか前と印象が・・・・あれ!?
そんな中、恋に目覚めてしまうのか!?な展開と、
憧れ先生の過去、そして現在。失われた人への想いと・・・な展開が見所。
優面の憧れ先生のエロにまみれた性活が垣間見えてちょっとドキっとしてしまう。けれど、眠りながら涙をながし、ささやく名前
なんともなんとも・・
早坂くんも少し続きずつ動いた感じありつつですし、次回が楽しみになりました。
次回は何年後・・なのかなと心配になってしまいますので、
早めの刊行をお願いしたいものです

4

期待を裏切らない!

さすが山田ユギ作品と言ったとこでしょうか。

個性的な登場人物達、話の展開は、とてもスムーズで読みやすく面白い。
 
この作品は、2巻へと続いていきます。

読んで損はしない1冊。

1

まだ不確実。スーツだらけにドキドキ感はあった。

萌えは萌えです。だってスーツだらけ。
あらすじ---かけだしの弁護士、まっすぐで、ドクソマジメ!な早坂(メガネ)(~まだ何色にもそまっていない~…ユギ先生いわく、「立派な受けにそだてる」とのこと)は、
尊敬する三上;まつげ生えてる系の美形の受け)と、セクハラオヤジでヤメ検の弁護士、片山(攻め)のもとではたらくことになる。
早坂と同期のブルジョワ弁護士;森は三上にひとめぼれ(?)。
でも、片山が早坂を心配するのも、三上があっさり森と寝ちゃうのも、殺された過去の友人、小野田が関係しているようで--?!心のキズになってるようで…?!

正直、まだユギ先生らしさがみえない気がします。お話も動いていないし…。

でも、三上、もみあげが長めのワイルド系のキャラで、おとこくささがかっこいいー。片目をつぶった表情とか、ステキ。
仕事の上で(弁護士として)依頼人の関係者(?)がゲイであることがメインな案件はあったものの、…登場人物同士のラブは進展が少ないですね。でもマジメキャラの主人公;早坂が、セクハラオヤジ片山にキスし返した箇所なんかは萌えかなっ。
女性キャラ、片山の元カノ(元ヨメ続き?)も、ナチュラルでよかったです。女性キャラが自然。
…けどまだ先もよめないし、…まだまだ、主人公の印象が薄い気もします…。

う~ん…、2巻目を待って購入してもいいかもだし、買っといて、うんうん、と読んでおいてもいいのじゃ?ユギ先生に限って、平均点以下(なんの点数?;)になることはないだろう?、ですよねえ?!とおもうので。

2

買わなきゃよかったかな

決して悪い意味ではございませんよw

待ちに待った山田ユギさんの新刊ということで迷いなく買いました。

帯に「恋も仕事も発展途上、まだまだ悩みは尽きません!!」とありましたが本当その通り。

弁護士のお話ということで、仕事+恋愛が同時進行なためにどうしてもラブはゆっくりペースです。

お話の導入部といった感じで主人公がどう育つ(弁護士としてもですがいい受けとして)とそれぞれのキャラの関係性が今後どうなっていくのか楽しみです。

しかし続きを掲載するのが来年の1月(しかも不定期っぽい)。そう考えると次の単行本は…

へびの生殺し状態がいつまで続くことでしょう。そう思うと完結してから読む方がよかったかもしれないですね。

まぁ到底我慢できないですけどね。

1

いつも底にある人情が読ませるマンガ、さすがです!

今回のユギ作品は、読み終わって小説のようだな、とおぼろげに思う。
主人公が弁護士で、依頼人によって他人の人生に関わる。
他の弁護士ものの小説やマンガはそれが主人公達の事件に絡んできたりするものだったり、ただの弁護士だぞーって余り仕事をしてないものだったりするのだが、これは、依頼人の事情や人生も垣間見せて、その案件を通して弁護士の裏の過去や真実が見えてくるという構成。
こういうものは、ほんとうに見ごたえのあるマンガだと思うのです。
それがシリアスでありながらも、ユギ氏独特の笑いやお茶目があって親近感を持たせる。
実にマンガならではの良さが見える読ませるマンガになっていたと思いました。

司法研修の時にあこがれた弁護士・三上の事務所へ新人として入所した早坂。
しかし、研修時に見たピシっとしただけでない疲れ果てて崩れた素顔を垣間見たりもするけれど、憧れた三上の弁護士としての姿勢は変わっておらず、夢と希望にあふれている新人ならではの姿を見せる早坂。

何かと事務所に来ては三上とのワケアリそうな雰囲気を見せ、早坂にセクハラ(?)をする片山。
この片山が、いい感じの男で懐が深続きそう?
ヤンチャでいい加減そうなのに、面倒見がよく、早坂を受け止めてあげる。

三上はいつも事務所で寝泊まりをしているようで、それには訳がありそうで。
片山と三上は同期で友人だったのですが、早坂がある依頼を通して襲われたことで、ある事件が関係していたことがわかり、どうもそれが忘れられない男と関係が!?

また、途中で訴えた側の弁護士として早坂と同期の犬ような森という弁護士も登場し(これがまた目移りしまくりのワンコ系)早坂に最初はちょっかいを出していたのに、三上が美人と見るやそちらにご執心ww

この4人がどのようになっていくのか、多分二組に分かれてどうにかなるような気配はあるのですが、どうなっていくのかは・・・?
連載が長期、不定期なようなので、次を気長に待ちます!
ユギ氏ーーー、ついていきますからね!!

本編にエロが全くなかったので、描き下ろしでおいしい森と三上のエチシーンがwww
やはり醍醐味は乳首と汁気ですね♪
後ろから誘っている姿がそそられます~☆☆☆

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ