終わりなき夜の果て 清澗寺家シリーズ6

終わりなき夜の果て 清澗寺家シリーズ6
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

222

レビュー数
4
得点
70
評価数
15件
平均
4.7 / 5
神率
73.3%
著者
イラスト
作品演出・監督
菅原三穂
音楽
YSF-mix
脚本
前川陽子
原画・イラスト
円陣闇丸
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
209 分
枚数
3 枚
ふろく
通販特典:和泉桂書き下ろしSS付小冊子、おしゃべりCD
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

清澗寺家の次男・和貴は、深沢直巳を父・冬貴の養子にすることで手元に置きながらも、いまだ恋情に溺れ切れずにいた。
そんななか、深沢の義弟が現れたことをきっかけに、和貴は「深沢は自分の側にいては幸せになれない」と考え、愛するが故に彼を手放してしまう――。
一方、全てを捨て、上海で逃亡生活を送る清澗寺家の長男・国貴は、恋人・遼一郎の視力の衰えに不安を募らせていた。
そんな時、偶然、弟・道貴に出会ってしまい!? 
慇懃で嗜虐的な清澗寺家の養子・深沢×幼い頃のトラウマを抱えた清澗寺家次期当主・和貴、国貴に一途に仕える恋人・遼一郎×遼一郎を大事に想う真面目な元陸軍中尉・国貴――身分差を越えた主従ラブロマンスが豪華三枚組でドラマCD化。
深沢×和貴、遼一郎×国貴、伏見×冬貴、クラウディオ×道貴の四組が、ついに清澗寺家に集う――清澗寺家シリーズ第六弾、シリーズ第一部堂々完結。

表題作 終わりなき夜の果て

成田遼一郎 → 置鮎龍太郎

清澗寺国貴 → 千葉進歩

伏見義康 → 遊佐浩二

清澗寺冬貴 → 神谷浩史

深沢直巳 → 小西克幸

清澗寺和貴 → 野島健児

クラウディオ → 諏訪部順一

清澗寺道貴 → 福山潤

その他キャラ
清澗寺鞠子[増田ゆき]/ 浅野要[風間勇刀]/ 久慈武光[江川大輔]

評価・レビューする

レビュー投稿数4

深沢と和貴の愛ってすごい

深沢×和貴を中心に。


心中未遂シーン。
私はこのCDで一番泣きました。

BLCDでこんな衝撃を受けたのは初めてです。
深沢の和貴への「壊したい」という気持ちが
和貴を殺し、自分も死んでしまおうという結論への一つの要因になったのだと思います。
愛する人を壊すのもまた愛なのだと。
「殺したい」のではないんです、「一緒に死にたい」のです。


「壊すたびに造りなおしていいとあなたはおっしゃいましたが、
あなたの恐れはそれでは消えないでしょう
ですからもう元に戻らなくなるくらいにあなたを壊してあげます」

「それなら壊して」


私の手であなたが死ぬ瞬間をみていたいと和貴の首を絞めます。
最後の最後まで深沢の愛が…。


和貴が死んだら私もすぐ後を追うと言う深沢に和貴の心は揺らぎます。
深沢が死ぬくらいなら生きていたい。


「死にたくない、死なせたくない
お前を死なせるくらいなら生きたい」

「いつか終焉を望んでいたあなたが初めて生きたいと言ってくれた、
私のために」


和貴の気持ちを聞いて感情を露骨に表にだすこと続きのなかった深沢が涙を流します。
自分のために生きようとしてくれる和貴をどんなに愛おしく思ったのか、
深沢の感情があふれ出しています。

このセリフで深沢にとって和貴の生きたいという思いが
どんなにうれしかったかのかもよくわかります…。


(どうして今まで気づかなかったのだろう
命を捨てることが愛ならば、
苦痛に満ちた世界で共に生きることも
また愛なのだと)

このモノローグが一番印象に残っています。
終焉を望んでいた和貴にとっても
深沢がいるからこそ、お互いがいないと生きていけないと
わかったからこそ、人生に意味を見出せたのではないでしょうか。
それが生きるという決意に至ったのだと思います。


この二人のお互いを愛する気持ちは本当にすごいです。
語彙が少なく私にはうまく表現することができないのですが…



しっかし、そのあとのエロシーンが長いこと長いこと!!!!
20分くらいはあります(笑)
尿道プレイ……
深沢ってなんなのだろう…って思わされます(笑)

けれど「直巳」「和貴」と呼び合うシーンは素晴らしいです。
あんなに清澗寺が嫌だと、憎んですらいた和貴が
初めて清澗寺和貴でよかったと思えるほど、
深沢の言葉は特別なんだね!!!!!!


国貴編では、最後に
兄さんと血がつながっていることが僕たちの誇りですと
言うシーンが本当にかっこ良かったです。
和貴の成長が垣間見れました。

このCDを買った目的は深沢×和貴だったのですが、国貴編もすごく良かった!!
すれ違いのシーンよかった…!
清澗寺家はお互いを愛しすぎている故、問題が生じてしまうだと思います。

多分これからも二人の間にはさまざまな問題が
発生すると思いますが、幸せになってほしいなと思います。


ここから声優さんの話です。
私は小西さんが出演されているCDばっかり集めていますが、
小西さん×野島さんは買って後悔するものがないですね~…

この二人のCPが出演しているCDは
おそらくほとんど持っていますが、相性がよすぎます。
声優買いしてもなんの問題もないです。

ほんとにヤってるんじゃないかと思うくらい、臨場感がありますし(笑)
どんな顔して録っているんでしょう…。


小西さん、野島さんの演技がこの作品、CDの魅力を最大限に引き出しています。
和貴のいつか崩れてしまいそうな危うさを
そうこの声!!!と原作を先に読んだ者としては思えるくらい
表現できていた野島さんの演技が素晴らしかった。
出演者の方々に感謝。


久しぶりにきいてよかった、と思えるCDでした。

3

本当に良かった。

良くも悪くもそれぞれがの我が、つよい。
長男と次男は、相手の気持ちを自己完結してしまう
ところや、まじめなところまで、そっくりw
二人の恋愛は、すぐに深刻になり、ハラハラと
落ち着かなかったけど、結果よければということで良かった。
終盤の、「僕が悪かったんです」の言い合い、
笑ってしまう。(いい意味で)

久々の三男とクラウディアには、ひたすら癒された。
いろいろあったけど、長男と次男が、
弟達を守ってきた甲斐あって、三男の精神は安定しているし
コミュニケーション能力も高いので、三男の成長は、
この家族の救い的存在になっていた。恋愛面も安定していて、
要領もいい。キャストの福山さんの声も低めで良い。

そして、変態父さんから初めて父らしさ感じた。

末っ子長女のまりこは、子供を産むことを、ある意味
押し付けられいる気がしなくもないが、
女性として幸せになってほしい。

なにはともあれ、満足な終わり方で嬉しかった。

1

集大成。だね

3枚組!!
聞くのに三日がかり。

原作本と同時刊行なので、原作未読状態で聞いた。(一応本は買ってある)

シリーズ集大成ということで、一応全部のカプが登場するけど、メインは、前編が次男編、後編が長男編。
合間にちょっとパパの濡れ場サービス。

まあ、何というか、当然のごとく、次男編が一番濃厚。
Disk2の前半は、ほぼそれのみって感じだから。

長男編は、おっきーのこーゆうのってすごく久々に聞いた気がする。
でも、私の中では、なぜか、長男=おっきーイメージで間違ったまま定着しているので、どうしても聞いていて混乱(この長男編は、原作本の方を改めて自分内キャスティングで脳内再生しながら読み直そうっと)。

長男編、次男編とも、独りよがりな思いやりすれ違い話なので、途中いらっとしない訳じゃないけど、最終的には、「思いは、お互いに言葉にして表さないと伝わらない」って事を思い知ってハッピーエンドになるので、後味はいい。

そこへ行くと三男カプは、三男の連れ合いが歯の浮くようなセリフで愛情表現を浴びせまくるので、とっても素直で落ち着いたカップルになっている。
続きので、特にエピソードは無し。
楽しみ所は、クラウディオのべ様の甘~いセリフのアレコレかな。

そして、ほんのちょっとしか登場しない妖怪パパ冬貴のヒロC!!
破壊力抜群!!
やっぱり、ひろCにはBLやめて欲しくないなぁ。

1

この一族は本当にスゴイ。

清澗寺家シリーズ第1部完結編。
原作の下巻発売が少し延期になったのでCDの方で先にラストまで楽しむことになってしまいました。
いや、最初から発売順は前編→CD→後編だったのですが。
CDと後編の発売がそんなにタイムラグなかったので原作全て読み終えた後で聞こうと思っていたのですよ。
それが発売が延びたので待てずにCDから先に。
原作読んでから聞きたいという方なら、途中まで聞くという方法もありますよ。
ちゃんと後編に入るところで「終わりなき夜の果て・後編」ってコール入りますので。

さて、内容。
前編は和貴と深沢のターン。
これは原作既読なのでどんなふうに展開していくのかわかるのである意味安心して聞けます。
内容的にも自分が気になるところに注目して聞いてみたりも。
とにかく和貴の深沢を想う故の苦悩のようなものが溢れていて。
最初の方のシーンとかでは2人の関係が落ち着いて軽口を叩けるようなどこか穏やかな、甘い関係があったりして。
和貴の声音も安心しきっているような部分がありました。
それが、深沢の弟の出現や冬貴の入院でぐらついて不安定になって。
それでも心配か続きけまいとグッと1人で堪えて。
そのなんとも言えない脆さのようなものが印象的でした。
のじーの演じる和貴はそういう繊細な部分が非常に溢れていて好きです。
深沢のことが好きで好きで好きで。
好きすぎる故に間違った考えに突き進んでしまったりして。
深沢との旅でそれらを造り変えていかれるわけですが。
問題の(?)針のシーンでもやっぱりどこまでも深沢のことが好きな和貴は顕在で。
とにかくかわいらしく色っぽかったです。
前回の「夜ごと~2」がわりとまったりえちというか抑揚のない感じの交わりという印象を受けたのですが、今回の方が波があるというか山があるというか。
聞いてて盛り上がる感じでした。
やっぱりのじーの泣きは大好きです。
深沢はといえば常に丁寧で落ち着き払った心地良い低音で。
常にどちらかといえば一定の温度を保った印象があるのですが、和貴との3日間の中でのあまりの和貴のかわいらしさに暴走するシーンがとても熱をはらんでいて好きです。
煽られてがっついてる感じが、ああこの人も本当に和貴が好きなんだな、と思わせられる。
あとはやっぱり印象的なのは泣くシーンかなぁ。
そうそう、もう1つ。
和貴のシーンで好きなのが冬貴にちょっかい出され掛けてあわあわしているシーン。
冬貴はあいかわらずの魔性っぷりでしたが、和貴の怯えっぷりがかわいくて仕方ありませんでした。
原作にあった深沢が無体をした後に1人やけ酒?してて、それをこっそり和貴が見てしまうようなシーンがカットされててちょっと残念でした。

そして、後編。
後編は国貴と遼一郎のターン。
2人がそれぞれに不安を抱いて。
それ故に相手を想って、相手のためならと自分を犠牲にしようとする姿勢。
けれど、それではどうしたって幸せになれなくて。
2人で2人の未来を切り拓いて行かなくてはならなくて。
道貴に国貴が見つかったことから物語は展開していくのですが。
ここでイイ味を出しているのが浅野!
何かと国貴に意地悪を言うようでいて助け船を出す存在で。
言い回しとか少しも優しくないけれど国貴を大事に思っていることは見てとれます。
まあ、既に浅野には天佑という愛方がいるのですが。
どこか主従の関係を保ったままの2人は遠慮が付き纏い対等な関係になれていないようで。
それらが絡んで2人の関係はこじれていくのですが。
国貴はどちらかといえばストイックなイメージが強かったので、自分から「して」と誘うのがなんだか不思議でした。
軍を抜けたことで少しは丸みを帯びたのかしら。
少し優しくなったような。
遼一郎といるから甘さも出てきたのか。
最後のえちでは自分の清澗寺という血も享受して恥じることはないんだといった感じだったので、余計色っぽくなったのかしら。
それから、国貴と和貴の関係。
後編ではこの兄弟の関係にも振られていて。
国貴がどうして和貴にああいう態度で接していたのか。
それを和貴がどう解釈していたのか。
そういう部分が明かされていて。
和貴の中に長年蓄積されていた哀しさのようなものが拭われてよかったなぁと思いました。
大好きな人だからこそ、そういうふうに思えば傷付くのも当然だし。
この再会が雪解けになって本当によかった。
最後の別れのシーンでの「一緒に沈んでくれる人を見つけたので」という和貴の言葉がとても印象的でした。
そこには和貴の確固たる信念というか、もう深沢と在ることに迷わないという部分も見られるし、それを幸せだと感じられるふうにも見えたので。
あとは冬貴が冬貴なりに父親らしい部分を垣間見せたり。
言葉は足りない、というか冬貴なりの表現になっているけれども。
それでも、ちゃんと伝わっているし。
壮大な絆の物語でした。

ブックレットSS「帰郷」
国貴と和貴が話している頃の遼一郎と深沢。
深沢が何かといろいろ気に掛けているのがよくわかります(笑)
ホントこの人は和貴の周りから自分以外のものを排除したくて仕方ないんだろうなぁと思う。

特典フリトはコニタンとのじー。
本編の余韻に浸りたい方はしばし聞かない方がいいかも?
フツーに疲れたねー!的なやっと終わったぜ☆なテンションが溢れているので。
本編についての話ではやはり話題になっていたのが例の場面。
たぶん、あそこだと思うんだが2人ともどういう感じかわからなくてゆっちーに教えてもらったとか。
ゆっちー、何故わかる…(笑)

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ