OPERA 23 花(アンソロジー著者等複数)

OPERA 23 花(アンソロジー著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
茜新社
シリーズ
EDGE COMIX(エッジコミックス・茜新社)
発売日
価格
¥933(税抜)  ¥1,008(税込)
ISBN
9784863491861

表題作OPERA 23 花(アンソロジー著者等複数)

アンソロの為割愛
アンソロの為割愛

その他の収録作品

  • びっけ 「先輩 第1話」
  • basso 「くろぐろ(4)」「くろぐろ(5)」
  • 草間さかえ 「0と1の間(前編)」
  • イシノアヤ 「華道教室の先生」
  • 西田東 「社長 桃井君<STEP・10>」
  • ルネッサンス吉田 「うつくしい日々 第一話 樒桃を食す」
  • 柊のぞむ 「腐やじな!」
  • 阿仁谷ユイジ 「ミクとネオ(7)」
  • 鴨川てるち 「I'll call you mine」
  • アルカリ電池 「Green Green」
  • 四宮しの 「the way I am(act.3)」
  • スミレコ 「刑事花村(8)」「刑事花村(9)」
  • 森雅子 「さくらのきのした」
  • たつじ 「久我山さん」
  • 依田沙江美 「悪魔の心くばり(前編)」
  • 荷田はしお 「ちるはなは くされいずこへ」
  • 語シスコ 「ぼんくら日記エボリューション・特別編」
  • 草間さかえ エッセイ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

新連載に注目&びっくりがいっぱい

大好きだった「椿だより」も終わり、次の目玉は何なのかな?と期待させた今号。
初登場の作家さん(注目!)有、草間さかえさん、依田沙江美さん、そしてびっけさんの新連載と、やはり、ついつい次も期待させる本誌でありました。

匂い系の淡い作品という認識のびっけさんですが、何だか今回はガッツリBL路線なのか?と期待させる青春モノ『先輩』
学校に遅刻した時に出逢った一年先輩は、好きだった先輩を失くしてそれで心に傷を負っている。
亡くなった先輩に少しにているという後輩は、その亡くなった先輩の事を調べるうちに、ある疑問につきあたるのだが・・・
かたくなに心を閉ざして恋人だったという先輩と、そんな先輩が放っておけなくて気にかかる後輩。
まだ導入部ですが、一体この先輩には何があったんでしょうか?
ドキドキワクワクさせます。

今回草間さかえさんの作品『0と1の間』は17号に掲載された、女装した近所のお兄さんを好きになった男子の友人の話ということでスピンオフな形に。
友達が結婚して、失恋した友達という設定に、友人であるがゆえの苦しみが痛さをもって展開されます。
また語シスコさんの『ぼ続きんくら日記エボリューション』は特別編として、草間さかえ氏宅訪問の記事がv草間さかえ氏も寄稿しております。
そっかー草間氏は植物なのかww

依田沙江美さんの『悪魔の心くばり』は13年前の作品「この恋はハードボイルド」のスピンオフ!?
本作は知らないのですが、どうも本編の受けの義理の弟が級長という役柄で出ており、彼と、彼をライバル視している同級生の恋物語になるようですw

びっくりしたのがルネッサンス吉田さん!!
前号で『キメラ0話』という新連載を思わせる超ネガティブの話に!!だったのですが、何とグロすぎて掲載中止になったとか!?(いつか同人でお目にかかりたい・・・)
で、新たに掲載になったのが、180度明るくかわいい30歳天然おやじが主人公の年下攻め?
この方向転換に驚愕なのでした!!

最近『おやじな!』も正規連載が止まっていて番外ばっかりですが、なんと腐女子がオヤジ化した白ちゃん=オヤジになったら”腐やじ”
がネットで知り合ったオタクとデートする話だが・・・爆笑このうえない!

西田東さんの『社長桃井くん』は何やらお笑いで濁していたのがとうとう専務を誘惑しだして・・・次どうなる!?

荷田はしおさん『ちるはなは~』は陰間茶屋の色子のお話ですが、少年期を過ぎた色子たちは一体どうなるんだろう?
そんな切なさがとつとつと、あっさりと表現されていて、それが却って切なさを倍増させていました。

EDGEだった依頼のOPERAでは初登場になる森雅子さん、、、この方月森雅子さんではないですよね?
まったくもって不明の作家さんなんですが、切ない、悲しい、愛おしい!!
さくらの花の散るさまに胸がつまってしまいました。
アルカリ電池さんも初登場ですが、堅実です。
御坊ちゃまと植木職人の、王道話ですが、丁寧な書き込みで好感持てます。

たつじさんは、その異彩を強烈にアピール、鴨川てるちさんは毎度痛い話ですが、今回も明るくしているのにやっぱり痛いよー。

コミックスが出たばかりのイシノアヤさん、読み切りで華道教室の先生に恋するワンコな純情青年がかわいいです☆

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ