凍らない水

凍らない水
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784592870920

あらすじ

冬の寒い夜、離婚届を置いて三國泰弘の妻・良香が出ていった。
様々な生活上のトラブルを隣人の藤川に助けられるうちに、三國は穏やかな藤川に安らぎを感じるようになるが、藤川には秘密があった・・・。
表題作他、男子寮の高校生活と恋を描く『夏の体温』、幼い頃のほのかな気持ちを不器用に育てる物語『決戦のクリスマス』の3編を収録したアンソロジー。(裏表紙より)

表題作凍らない水

藤川稔・大学生
三國泰弘・会社員

その他の収録作品

  • 夏の体温
  • 決戦のクリスマス

評価・レビューする

レビュー投稿数1

北海道を舞台にした3作品

『凍らない水』
妻・良香に出て行かれた三國は、慣れない一人暮らしを隣りに住む大学生・藤川に助けられる。
毎晩夕食まで世話になり、穏やかな彼と過ごす時間を次第に大切に思うようになる三國。

良香は三國のことをとても理解してくれていました。
三國が藤川に惹かれるであろうことを承知の上で、三國が藤川を頼るように仕向けた。
自分が藤川に癒されたように、三國も藤川によって救われるようにと願って。

良妻なのに、三國はもったいないことをしましたね。


『夏の体温』
高校生モノは甘酸っぱくてきゅんときます。
このお話が一番好きですね。

美少女のような容姿のために、入学早々男子生徒に追い掛け回された原。
女扱いされるのを嫌い、丸刈りにしてしまう。
そんな大胆な原を気に入った有賀。
それ以来二人は親友同士で、今では男子寮の寮長と副寮長だ。
同性になんて一切興味がなかったのに、彼女を抱く有賀の声に欲情してしまった原は・・・。

皆の前でついこぼれてしまった原の本心。
原の気持ちを聞いた途端、即行手を出す有賀。
原の気持ちが変わらないうちにと、がっつきます。続き
協定まで結んで、みんなで原のことを大事に守っていたのに。
落ち着いているようだった有賀も、実はいっぱいいっぱいだったんですね。
寮生にはバレバレですが、二人の仲を暖かく見守ってくれることでしょう。


『決戦のクリスマス』
小学生の頃に転校してきた佳孝を想い続けている凌。
二人にとって10年前のクリスマスの出来事は、特別な思い出となっていた。
そして今年のクリスマスに込めた、それぞれの想い。

盛り上がりのシーンで説明調の長ゼリフが増える傾向のある桜木さん。
凌視点で話が進み、佳孝は意外に印象が薄いのですが、ラストは佳孝が語ってくれました。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ