禁断のパシオン

禁断のパシオン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
心交社
シリーズ
Chocolat comics (ショコラコミックス・心交社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784778110314

あらすじ

皇太子の弟・エヴァートン公の伽の命令を受けている近衛隊隊長のレアンドロは、彼への想いが日ごとに募り!?
中世ヨーロッパを舞台に繰り広げられるオムニバス・ラブロマンス集。
(出版社より)

表題作禁断のパシオン

近衛隊隊長 レアンドロ(30)
皇太子の弟 フローレス(21)

その他の収録作品

  • 夜に溶ける吐息
  • 忘れえぬ花影
  • 月下の囁き
  • 永遠の旋律
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

純粋な攻め・受けのオムニバス

『禁断のパシオン』
王室の第二皇子・フローレスから時おり伽を命じられる近衛隊隊長・レアンドロ。次第に本気で突き挿れるようになるも、自分は愛人の中の一人であると自重する日々(←誤解)。そんな中、フローレスと共に謀反の疑いをかけれらる!
個人的には、牢に入れられてちょっと髭が生えかけたレアンドロに萌え。彼は繊細な攻めですね。再会できてよかったー。

『夜に溶ける吐息』
国境警備隊隊長・アルトゥーロが意識してしまうのは、隻眼の副隊長・ボリス。「貴方を尊敬しています」と言いながら生涯独り身を貫こうとするボリスがますます気になる。そんな中、任務中にボリスが怪我を負う。
アイパッチの決まった攻めと黒髪ロングヘアの美人受け。レアンドロとルイス(フローレス)のラブラブな姿を見て羨ましがる(?)アルトゥーロにニヤリ。攻めの逞しい尻もいいなぁ・・・と思ったりしました。

『忘れえぬ花影』
剣の教え子・マリアーノへの想いに耐え切れず、彼の元を去るエドゥアルド。ところが、マリアーノに監禁されて「戻るまでずっとここにいて貰う」と宣言され、愛の告白をされてしまう。
まるで攻めvs受けの独占欲バ続きトル。二人とも己の想いにいっぱいいっぱいで、相手に愛されていることに気付かなかったみたいです。マリアーノは乙女全開です。

『月の囁き』
『禁断の~』の攻めが好きだった近衛隊隊員・キリアン。失恋に心痛める彼の前に現れたのが、新しく配属された隊員・ジェラール。懐いてくる彼の声が失恋相手のものとよく似ており、動揺するキリアン。
唯一、両想い確定まで至らない話し。でもそのうち、ジェラールの温かさにほだされて恋人になりそうな雰囲気です。待ち続けると言うジェラールは漢(涙)

『永遠の旋律』
城主・ロレンツォに見初められ、旅芸人の一座から引き抜かれたセシリオ。毒を盛られ、肉欲とは無縁になってしまったロレンツォに涙するセシリオは、自身も性的トラウマを抱えていた。
イタしはしなくても、心と心が触れあい惹かれあっていく二人は癒しカップルです。セシリオは発作を起したり泣いたりと忙しい。その年にして波乱万丈だし!


それぞれの物語はリンクしていて、あとがきの人物相関図は大変参考になります。
舞台が中世ヨーロッパな故、宝塚チックな台詞も少々。行動派な受けの目立つ作品でもありました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ