いろいろ。extra チョコレート・キス

いろいろ。extra チョコレート・キス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
Third Place <サークル>
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
価格
ISBN
ページ数
90ページ
版型
A5

あらすじ

商業誌番外編同人誌 ~Valentine特集号~
コルセーア/桜姫/ファイナルカット/ムーンリット・ラプソディ/スピンオフ

表題作いろいろ。extra チョコレート・キス

各キャラ
各キャラ

その他の収録作品

  • ドルチェ(桜姫・シリーズ)
  • バレンタイン・ナイト(スピンオフ)
  • チョコレート・キス(ファイナルカット)
  • レッスン(ムーンリット・ラプソディ)
  • ココア(コルセーア)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

Chocolate Kisses♡

バレンタイン特集です。
どのCPも、いつもにも増して甘々♪


◆ドルチェ(桜姫)
近未来の地球にも、バレンタインの風習が残っているのですね~
まあ…ヤ〇ト、ウ〇トラマン、GIジ〇ーなどのネタがポンポン出てくるあたり、意外と現代に近い設定なのかもw
シーナ×フェリシアの、エロ甘チョコレートプレイでした☆


◆バレンタイン・ナイト(スピンオフ)
箕島×花戸
ロシアン・ルーレットで、シャンパン入りのチョコに当たった方が負け。勝った方の命令を何でも聞く…というゲームをもちかける箕島。
…結果、花戸が勝って、
「キスを…」と命令したら、唇で身体中を愛撫され…。
勝ったのに、結局いつも通り、箕島に翻弄されるのでしたw


◆チョコレート・キス(ファイナルカット)
木佐×野田
監督の体調を気遣い、お弁当と一緒に
さりげなくチョコを渡す野田、相変わらず健気!!
木佐に言われ、チョコを口移しで食べさせ、
それはすぐ熱烈なキスに発展し…。
オヤジカップルのバレンタインはエロエロでした♪


◆レッスン(ムーンリット・ラプソディ)
香菅×ハル
続き頭から、
「ちょこ、れーっ、とっ!」
と、グ〇コ遊びのように唱えるハルに和みますw
チョコレートは、東方諸国では珍しい代物。
チョコを食べたらキスがうまくなる、なんて嘘を教えて
ハルとの夜を楽しむ香菅ですが…
意地悪なら兄上の方が一枚上手でしたw


◆ココア(コルセーア)
アヤース×カナーレ
カナーレに懐いている赤ん坊にまで嫉妬する、
アヤースの心の狭さよ…w
小舅(笑)セサームからカナーレへ贈られてきたココアを、
口移しで飲ませながら、情熱的な絡みを♪
昔、ココアに毒を盛られても動じなかったカナーレですが
今はアヤースに愛されることで
多少なりとも生に執着するようになったのではないでしょうか。


まともにチョコを渡していたのは野田さんくらいか?
まあ5作品中3作は、SF/ファンタジー設定だし無理もないか。
バレンタインというか、チョコがお題って感じでしたが
チョコの使い方(プレイに限らず!)に、それぞれのCPらしさが出ていました♪

2

バレンタイン特集。

いつも通り『いろいろ』詰め合わせですが、出た時期に合わせて『バレンタイン特集』だそうです。

こちらも『桜姫』シリーズ番外編が目当てです。

1編目『ドルチェ』
『桜姫』シリーズより。

バレンタインに、シーナ(攻)がフェリシア(受)にチョコレートを贈ります。

『食べさせてあげますよ』とシーナがフェリシアにチョコレートを手ずから食べさせ、3個のうち最後の1個は『別のところに』という・・・

まあ、お約束(そうか?)の『チョコレートプレイ』ですね。 

この2人は、キャラクターのわりにH度高めなんですよね。やっぱり本編ストーリーが『身体から』『身体ありき』だったから?


2編目『バレンタイン・ナイト』
『スビンオフ』(『ラブシーン』シリーズ)より。

うーん、商業誌本編は作品としては決してキライではないんですけどね。どうも箕島(攻)が苦手なんです。


3編目『チョコレート・キス』
『ファイナルカット』(『ラブシーン』シリーズ)より。

このCPはすごく苦手です。シリーズでいちばんダメ。木佐監督(攻)が。
これ(『ファイナルカット』続き関連)読む度につくづく私は『オヤジ』は無理だと痛感します。


4編目『レッスン』
『ムーンリット・ラプソディ』より。

『ムーンリット』シリーズでも1・2を争うくらい好きなCPなんです。

やっぱり食べ物はハル(受)ってことでしょうか。

しかし、あのシリーズにチョコレートが出て来るとは・・・

食いしん坊のハルは、もちろんチョコレートも気に入ってもっと食べたがりますが、香菅(攻)は『1日ひとかけらずつ』と言い、しかも・・・

あまあまなんだけど、やっぱりコミカルです。
面白かった。


5編目『ココア』
『コルセーア』シリーズより。

『コルセーア』がすごく苦手なので・・・


作品によって好みがハッキリ分かれましたが、好きなものはすごく好きなのでもう『萌×2』で。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ