下野紘と梶裕貴のRadio Misty内で配信されたオリジナルドラマを完全収録!

Simple Tone

Simple Tone
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
32
評価数
8件
平均
4 / 5
神率
50%
作品演出・監督
中野陽子
脚本
晴久源
原画・イラスト
山下大輔
オリジナル媒体
オリジナル
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
56 分
枚数
1 枚
ふろく
フリートーク
別ディスクであり
発売日
価格
¥2,000(税抜)  ¥2,160(税込)

あらすじ

【 キャスト 】
梶裕貴(加納貴一)/下野紘(吉沢翔吾)/羽多野渉(桐谷直人) 他      
【 あらすじ 】
加納貴一・吉沢翔吾・桐谷直人の3人は高校時代からの親友。
高校卒業から5年後、直人の旅立ちの知らせを受ける貴一。

親友を見送った空港で、貴一が翔吾に問いかける。
貴一からの思いがけない言葉に、翔吾は押し殺してきた直人への秘かな想いを溢れさせ、不覚にも泣いてしまう。

そんな翔吾の姿に貴一自身もまた、翔吾へ淡い想いを募らせる。

高校生から少しだけオトナになった3人はそれぞれの道を歩み出すが、同時に3人の想いはまるで高校時代に遡るかのように交差しはじめ・・・・。

(初回限定版)

表題作 Simple Tone

加納貴一 → 梶裕貴

吉沢翔吾 → 下野紘

その他キャラ
桐谷直人[羽多野渉]

評価・レビューする

レビュー投稿数1

三角関係

高校時代からの親友同士のトライアングル・ラブ。

あ、でも一人は全く気付かず別の方向いちゃっているから、三角じゃなくて、単に一方通行ラブか。

お話は、進路に迷う高校生君達が、成長して、それぞれの道を見つける話。

仲良し三人組、高校の頃から、翔吾は直人が好き。
直人はそんな翔吾の気持ちに気付いていないが、貴一は翔吾の気持ちに気付いているし、直人全くなにも気付いていないことにも気付いている。
そして貴一自身は…
この三人の中では、やっぱり貴一が主人公なのかな

このお話、三人のキャラがとってもしっかり設定してあって、声優さんの演技も、その設定をしっかり具現化している。
原作がなくてもわかるように作るためには、この、キャラクタサー設定の強固さは必要なことなんだろうけど、、、
ともあれ、お話のメインは、だれが、だれを好きで、だれとだれがくっつくのか、っていう話で、作品中では、最後の最後に、これでこの二人は両想いになったのか?、、、位な終わり方で、BL的な、エチいシーンは皆無。
それでも、BLに免疫のない、乙女系の声優さんファンの方には充分BL入門CDにはなるかな続き



0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ