恋ひめやも

koihimeyamo

恋ひめやも
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×27
  • 萌10
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
13
得点
116
評価数
32件
平均
3.8 / 5
神率
34.4%
著者
イラスト
作品演出・監督
菊田浩巳
音楽
選曲:水野さやか
脚本
榛乃綾子
原画・イラスト
小山田あみ
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
110 分
枚数
2 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日
価格
¥3,000(税抜)  ¥3,240(税込)

あらすじ

目前に結婚を控え、順風満帆な人生を送っていた棚橋。
ある日、出席した高校3年時の同窓会で、担任教師だった水原と再会する。
教師と生徒の関係では、遠い存在のように感じていた水原だが、7年ぶりに会った彼は、ひとりの男として魅力的に見えた。
以来、口実を見つけては水原の元を訪れる棚橋だが、次第に水原への恋心が育ってゆき…!?

表題作 恋ひめやも

棚橋孝太郎 → 日野聡

水原慧 → 立花慎之介

あて馬
大竹 → 千葉一伸
その他キャラ
岡島美紀[友永朱音]/ 同級生[國分和人]/ 同級生[興津和幸]/ 老人[澤田将考]

評価・レビューする

レビュー投稿数13

ブン殴りたくなる攻

信じられないレベルの糞野郎共が繰り広げる昼ドラ劇場だったのですが、好評価しか見当たらないので私の感性に問題があるのかと自分を疑っています。ちなみに日野さん目当てで購入したので原作未読。だからでしょうか?
不倫モノはこれまで何作も読んできているし、それだけで不快感を感じることはなかったのですが、本作は駄目。他人の不幸の上に成り立っている幸せってのはやっぱり不愉快です。

中盤から、聞いている私の脳内には以下の関係図しか思い浮かびませんでした。

受:重度のツンデレーションを患い不幸に激しく酔うカップルクラッシャー
攻:恋愛勝率100%で生きてきたのか自分の思うように人を動かす自己中ストーカー
元攻:不倫の末に妻子を捨て受に迫る自己中ストーカー2

まともなやつが一人もいない。

妻子or彼女がいるのに他の相手を好きになるなんておかしい...なんてつまんないことは言いません。
彼らからは元妻、元カノに対する誠実さが全く見えない。いかなる理由があったにせよ自分の身勝手で相手を傷つけたことは明白。なのに償うだとか、謝るだとかいう姿勢が全くなく、受攻両者完全に二人の世界で続き内向きの謝罪を続けるだけ。女性達の存在が都合良く簡単に関係図から離脱するので、英田さん、こんな簡単に相手(女性)を蔑ろにする作品作ったらいかんのやないかい?と思うわけです。そんな人から愛を囁かれても全く信ぴょう性がない。

「悲痛な思いまでして彼女と別れてくれたのに...」と口にする受の脳内はお花畑か何かなのか。悲痛?頼んでもいないのに攻が!勝手に!ビンタ一本で別れてきたんだよ!その足で彼女捨ててお前の家に上がりこんできた男だよ!しかも「今から彼女のご両親に結婚のご挨拶するんだけどハッキリさせとくなら今のうちだ」とか言って口車に踊らされたんだろーが!彼女なんて赤っ恥の咬ませ犬ですよ。
それでもまだ受が倒れてくれないので急に家に来たかと思えば「女抱いてきた帰りなんだけどハッキリしてくんなきゃ俺あっちと付き合うけど」と更に煽りをかける攻!この野郎!被害がこれ以上広がらないうちにとっととくっつきやがれ!
ハッピーエンドでは「ああこの二人がくっついてくれたお陰で世界中の女性が涙を流さずに済んだ」と涙しました。

始終こんなことを考えていたので、どんな甘い台詞にも展開にも全く心を動かされず、むしろ冷めていく一方。
受が攻をなんども「優しい」と形容するのですが、カッとなったときにこういう行動を平然としてしまう男は苛立ちを通り越して怖いです。絶対自分が不利な状況に陥らないようにしている感じ、この攻。
しかし攻だけが一方的に悪いのかというとそうでもなく、受がとにかくはっきりしないので「強硬手段を取らさざるをえない状況にまで持っていく」ように攻をマインドコントロールしているようにも見えなくもない。まさにサゲチン。

これが英田先生の硬質な文章で読むと、一気に世界観に引き込まれて違和感がなくなるのだろうか。しかしもう読む気がしない。

5

一途な恋

自分の中で最近慎さまブームだったので(笑)、
前から気になっていたこの作品、『恋ひめやも』聴いてみました。
*
まず、作品の印象がすごくよかったです。
BGMも煩くなく、作品の雰囲気を壊さず繊細でした。
(たまに「えっ」ていうBGMを使うCDがあるので…)
それに、声優さんのキャスティングもいいと思います。
私は原作は未読なんですが、それぞれの性格だったりが、
聡くんと慎さまの声に合っていたので…。
*
全体として、すごくよかったです。
最初から攻めさんには結婚を前提にしてお付き合いしていた
女性がいたり、受けさんも前の彼氏(?)とごたごたがあって、
果たしてこの二人は無事にハッピーエンドを迎えられるのか!?
とはらはらしながら終始聴いていましたが、
最後の受けさんのセリフに胸を打たれました。
「いつかこの恋は終わるだろう。」
そのあとのセリフがまた、ジーンときます。
*
よかったら聴いてみてください♡
オススメです//
**

1

めやも<鬱陶しい…

受けが鬱陶しい。
「どうせ死ぬんだから生まれてこなければよかった」レベルの駄々っ子。
2度断って3度目でOKする女どころじゃないぜ、こいつは6度も誘わないといけないんだぜ…。
厭世的で意固地。

もしや絶世の美人なのか?と思いきや「地味で冴えない」らしい。
この受けのどこがそんなにいいのか…。

25才元教え子×32才元国語教師が同窓会で再会する設定は美味しいけど。
日野さんや立花さんのBLならもっと他を推す。

ストーリーは明快だけど全く共感できなかった。

タイトルは当然「紫の 匂へる妹を憎くあらば 人妻ゆゑに 我れ恋ひめやも」からとっていて、
当然 「風立ちぬ、いざ生きめやも」も出してきて、「めやも」の訳し方の話になり、
それがこの恋を肯定?否定?と重なる展開。

詠嘆の意が加わるから揺れることがキーになる…はずが受けが鬱陶しすぎたね…。

まあでも終盤で立て続けに絡みが2回あったのは意外で、多少溜飲は下がりましたね!
結局快楽堕ちで従順になるんですか?この受けちゃんは?
素直になってからは、演じるのが立花さんなのでさすがに可愛かった。

1

本当に大好きな作品!

立花慎之介さんと日野聡さんの相性がバッチリで、二人のやり取りが耳に心地良い作品なんですよね~。

日野さんの甘い甘~いお声がメチャ好きなんです。
棚橋(攻め)は年下なんですけど、本当に包容力があってツンツンツンの水原せんせ(受け)を我慢強く待ってる。
エチシーンの日野さんの攻め喘ぎも素晴らしくて悶えます。

ツンツンツンの水原せんせの立花さんもすごくバッチリ合っていて、この役は立花さんの受けのハマリ役です。
役柄的には思い過去を背負ってウジウジさんですが、ちっとも(私的に)イライラする事無くお話にのめり込めました。
何だかエチシーンがリアルで立花さん、本当に抱かれているのでは?!といつも思ってしまいます(笑)

定期的に聴いている作品です!

2

キャラの性格を好きになれるかが分岐点。

キャスト陣の演技は非常にステキでした。
あとはもうキャラの性格を好きになれるかどうかで完全に印象が違ってくるのでは。
受の水原は天邪鬼にもほどがあるというかホントのホントの本音というのをなかなか見せない性格で。
うじうじぐるぐるしている印象が非常に強いのでイラッとくる部分も。
棚橋がどれだけ聞いてもなかなか本心を見せないのには、ここまで強情はるか?と思わなくも。
でも、それも過去の流れがあってのことなんですが。
それにしたって…。
一方の攻の棚橋。
水原に惚れて一直線…だったら、よかったのに、そうはなれない婚約者アリ。
気持ちが揺らいだ時点でちゃんと精算した上で、水原の方に向かっていたなら、もう少し寛容になれたかもしれなけど、ビミョーなラインでそれを断ち切らずに「結婚するまで好きでいてもいいですか?」みたいなスタンスがちょっと「は?」となりかけたり。
ま、それはきっと自分の想いがどれほどものかわかっていなかったからかもしれないんだけども。
なんでしょう…。
最初に聞いた時はそんなにマイナスなところばかりが入ってくる感じではなかったんですけどね。
今回はちょっと続き嫌な?面が耳につく感じになってしまいました。
ま、実際はもっともっと葛藤があったりするのかもしれませんし、優柔不断で仕方ないのかもしれませんが。
最初にも書きましたが、キャスト陣の演技には文句ありません。
日野くんの棚橋は最初2股状態ではあるけれど、声自体は優しい落ち着いたトーンで。
水原とも真摯に向き合ってるのがよくわかる。
いろいろ考えて悩みながら前へと進んでいく感じ。
一方の立花くんの水原は棚橋よりもなんか情緒不安定そうな印象。
いや、できるだけ見せないようにはしてるし普通に穏やかな面もあるんですが。
なんか印象としては棚橋の方が落ち着いてるように見えるんですよねー。
恋に臆病になりすぎてびくびくしてたりするからかな?
ツンな部分が多いけど崩れる時は崩れる感じもあったりのような。
えちシーンはなかなかステキでした。
棚橋のスイッチが入った後の感じが非常に好きですv
でも、ラストの方も穏やかに甘い感じも好き。

巻末フリトは日野くん、立花くん、一伸さん(千葉さん)。
「なんで俺ここにいるんだろう」で罰ゲーム説に妙に納得している一伸さん。
面倒臭い水原(笑)
同窓会にまつわる話とか。
あとは、立花くんの首元の赤い跡が……で盛り上がる。
サービスか!(笑)
最後に自分の名前で噛んじゃう日野くんがステキでした(笑)

2

「めやも」の解釈

以前からタイトルが気になっていて「恋ひめやも」とはなんぞや?と気になっていたんですがこの作品を聴くことに当たりネットでちょこちょこ調べてみました。作中でも「めやも」の解釈の仕方についてありましたが、プラスのとるかマイナスにとるかは受け手次第。なんだかロマンチックで魅力的に思えました。

さてさて本題へ。普段から仲の良いお2人ということもあり、息の合った演技や掛け合い、相性もぴったりだったと思います。声優ファンとしてもこのメインの2人のキャスティングは嬉しいですね。
普段ドSな慎ちゃんがこうもうじうじキャラを演じると逆にそういう部分が際立つ感じがしました。また、個人的にも普段とのギャップを感じて萌ました。繊細で儚い雰囲気を醸し出す棚橋の演技は秀逸でした。日野っちもいい声だなと改めて感じました!包容力のある演技が魅力的です。

にしてもフリトでもありましたが本当に本当に棚橋めんどくさかった~うじうじしすぎだろ!と喝を送ってやりたいぐらいでした(笑)
とはいっても個人的にうじうじしてるキャラは嫌いではないので平気でした。
もっと日野っち×慎ちゃん作品聴きたいな♪

0

水原先生のうじうじ

原作未読です。勘違いなどあったら申し訳ない。

二枚組みは、やっぱり聴き応えありますね。
全体的な雰囲気やテンポは、けっこう好みでした。
原作未読で聴くとままある、置いてけぼりも
くらうことなく、心情をとても解りやすくて
聴かせてくれるので、嬉しかったです。

ただ、水原先生のキャラが個人的に
いまひとつで、いちいち共感できないというか、
「あーだの、こーだの、コノヤロー」とか思ったり。
水原先生が苦手かどうかは大きいですね。

キャストさんは、とても上手な方々だったと思います。
苦手に感じるところは一つもありませんでした。

買って後悔はしませんでした。楽しかったです。

1

萌えました!!!


原作は未読で、日野さんと立花さん二人の声目当てで買ったのですが、ストーリーもとても好みでした!!

最後の最後にやっとハッピーになるので、そこに向かうまでが切なかったりします。

Disc1の方では攻視点、Disc2では受視点でストーリーが進むので、日野さん、立花さんの声が好きな方は特に楽しめると思います\(^_^)/

そして、フリートークが特に面白かったです!!
フリートークだけで4、5回は聴いてしまいました(笑)ww
ネタですが、日野×立花みたいな感じの話があり、萌えますww

2

大好きなCDになりそうです!

いや~~~~!日野さんかわいい!素敵すぎ!
とても日野さんが好印象でした。

立花さんの役はとても強情で、フリトでもお話されていましたが、よくぞ心折れずにずっと好きでいたなーって感じです。

6回はNOというあまのじゃくってもうすごすぎwww

でもそれだけ苦しい思いをしてきて、愛や恋を信じられずにきたのだから仕方ない気がしました。
でも幸せになってくれて本当によかった。

とにかく、もう、ただただ、素直でまっすぐな棚橋と強情で天邪鬼な水原の教師と元教え子の大恋愛のお話です。

ラストの二人で海に出かけてのお話はとーーーってもかわいくてほっこりしました。

1

恋はいつか終わるだろう……それでも……

泣いたぁぁぁぁ。よかったです。インターさん最後のCD(T_T)
聴けてよかった★

ストーリーは、同窓会にて再会した水原先生に、気付いたら恋をしてしまった、結婚間近の教え子棚橋!!
教師と教え子の、、、恋の行方は?!!てな感じです。シンプル!!
 ほぼ心理描写重視の作品です。内面を語るシーンが多い♪
水原先生が国語教師なので、文学的なネタも出てきて、繊細な「恋とは?」を考えさせられます。
 「お互い好きで両想いなら幸せ」っていう思考回路になれないほどの、恋への迷い道に入ってしまう苦しさに共感できる人は、すごくハマる作品だと思います。

 原作も好きでしたが、CD聴いてさらに作品感が広がりました☆
キャスティング、なかなかによかった!!!!!
 棚橋役の日野さまは、落ち着いた低音で、誠実でしっかりした優等生な雰囲気が出てました。
棚橋はとにかくどっしりと構えた、いい男だなぁーと原作以上に感じることができました。それに情にあつくて、ときに涙を流す。。年上の水原よりも精神年齢が確実に熟しためちゃめちゃ魅力的ないい男です!!
そして時に先生を追い込むしwエチの主導権だ続きってお手のもの♪
普段穏やかな人が豹変すると、たまらないものがあります★
日野さまの演技が素晴らしかった!!!!!

 水原役の立花さまは、大人なイメージで落ち着いたトーンをキープしてました♪原作で地味なイメージ設定なんですが、これが地味さを表しつつも、それ以上に色気があふれてしまう立花ボイス。すっごく良かったです★
始終鬱々とした悩ましげな立花さまの演技に引き込まれました。。。
好きな気持ちを、どうしても口に出せなくて、拒絶の言葉を吐き出すときの痛々しい演技も、神でした!!(T_T)

 なぜ、水原がこんなにも恋から逃げようとするのか。
とにかくネガティブで、一筋縄ではいかない。
原作も読んでいるのに、聴いていてなぜこんなにも…とやっぱり思いました。
 人の心にはそれぞれいろんな心の傷があります。
水原のその傷を想えば、どうして彼がここまで頑なだったのか、改めてよく解ります。
人はみんな自分の経験から得た物差しでしか計るしかなく、主観の脳を通してしか判断できないものだから。。。棚橋や読み手が、水原を臆病だと思うのは当然なのかもしれないですね。
それでも、そういう水原を受け入れて、その不安をぬぐえるだけの包容力を持っていた棚橋だったから、水原は前向きに幸せを感じられるようになったんだと思います。
 たとえいつか恋が終わるかもしれなくとも……棚橋の手を取った水原は、
作中に出てくる『風立ちぬ』の「生きめやも」の解釈も、「生きよう」というプラスの意味に感じられるようになっているのかな。。。そうだといいな。いや、そうだろう♪♪♪
 ラスト海辺のシーンの幸せな二人が聴けてよかった。棚橋の台詞…「そんなの……とっくにでしょう…」の日野さまの言い方が絶妙で……泣けました(T_T)

 エチシーンは2回。キスシーンのみも数回。
エロかったぁぁぁ。。。
日野さまのF音ヤヴァぃ(>_<)鼻息とかリアルでしたよっ!萌
SEも炸裂★★★
結構濃い目で大満足w大人の睦み合いって感じの喘ぎです♪
大胆だけど、ちょっと抑えた感じの立花さまの喘ぎがセクシーでしたぁぁ!
日野さまの攻め喘ぎも、かなり息入ってて!!立花さまよりすごいとこありましたwwwエチシーンになると日野さまの声がさらに低音になります…(>_<)萌

■巻末フリト■(日野、立花、千葉)
Q、同窓会であったエピソードは?
立花:同窓会をやってない。
日野:先生が変わってたw髪がw
千葉:女子が誰だかわからない。化粧すると変わる。異常に老けた人もいる。
日野:楽しみだよね。昔好きだった子がどうなってるのか♪

作品について
立花:非常に文学的な感じでしっとり聴ける作品だなと思った。
千葉:水原めんどくさいっ!6回言わないと本音言わない!!
日野:よく大竹も棚橋も折れなかったよね。でも、水原はそれだけ大きなものを抱えてたからね。
などなど。
あと、なぜか立花さまの首に痣があり、キスマークネタで盛り上がる皆さまwww
そして、自分の名前を噛む日野さまが愛しいフリトでした!!\(^o^)/

リピCD決定な2枚組です★★★また原作も読みたくなりました。
こういう作品もっとないかなぁ。。。
ありがとうございました

3

日野さんにつられました

ほんとはメイン二人とも想定外のキャストだったんですが
聴いてみたらそんなに違和感なかったと思います。
原作ファンなら聴いて損にならない出来。
受けのかたくなさにイライラする方は既に原作でイラっとくると思うので
原作で駄目な方はこれは普通に避けられてしまうCDのはず。
キャスト買い(メイン二人)なら楽しめるんじゃないでしょうか。
日野さんも立花さんも非常に良かったと思います。
千葉さんはフリートークで大変面白かったので
フリトに指名してくださった方に感謝。
回転の速い話まわしで千葉さんのトークまわしは素敵だと思う。
役者としても大好きだけど、ちょいエス入ったご本人のキャラが好きだ。
もっと沢山メインで出て欲しい方のお一人です。

は~、インター最後の作品の中の一枚と思うと寂しくも胸が痛む一枚。
沢山の素敵なBLCDを世に送りだしてくださってありがとうインターコミュニケーションズ。
これ以上レーベルが世の中から消えていかないことを祈る気持ちでいっぱいです(泣)

3

日野さんの攻めが想像以上に素晴らしかったです

たぶん日野さんの攻めを聴いたのははじめてだと思うんですが、上手いー!
受けはSASRAで聴いたことあったんですが、そのときはいまいち印象に残ってなくて――というか攻めだった三木さんがスゴすぎて、役者負けしてたような印象があったなそういや。
想像以上に素晴らしくて堪能いたしました。

ストーリーは、元生徒(攻め、日野さん)と元先生(受け、立花さん)による再会ラブです。
先生がひたすらうじうじぐるぐるしてます。おそらくこれにイラつく人がいるでしょうな。
フリトで声優さんたちが「めんどくさ!」と言って笑いあってましたが、ホント同感です!めんどくせーんだよこの先生はよぅ!
でも、これだけ面倒くさいからこそ、生きた濡れ場でありました。
それまで優しくて「振り向いてくれるまで、いつまでも待つよ^^」って姿勢だった攻めが、うじうじ受けにシビレをきらして強引にいくんです。
ドS化して無理やりコトに及んだところで、ハゲ萌えました。それまでの優しい態度との落差にギャップ萌え。
「先生みたいな人はたまには追い詰めてやらないとダメなんです」←その通り!追い詰めてやっちまえ!
「先生、痛い?無理」←そんなこと言続きいながら優しい~!
濡れ場、本当に素晴らしかったです。
ありがとう日野さん、ありがとう立花さん。

3

ラストが

受けが頑固すぎるけど私は平気でした。

ラストの、二人で海に行くところが本当にわずかなんですが、
棚橋と水原が話してる所に萌えたw

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ