新妻 ふわふわ日記 1

新妻 ふわふわ日記 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
8
評価数
5件
平均
2.2 / 5
神率
0%
著者
  
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
ルチルコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784344820647

あらすじ

大学准教授の祐一郎と「新妻」真尋のアツアツ新婚生活。「夜のお務め」場面も描き下ろしでたっぷり収録!!
(出版社より)

表題作新妻 ふわふわ日記 1

国立大学近代国文学専攻の准教授・橘祐一郎
攻様との新婚生活に一生懸命な新妻・小泉真尋

評価・レビューする

レビュー投稿数3

『新妻』『ふわふわ』の雰囲気は出てるけど。

小説のコミカライズでいつも思うんですが、小説の挿絵と違う方が作画するのがどうも・・・

どちらがどうということではなく(もちろん、原作挿絵がすごく苦手で、コミカライズ作画が好きで、だったらまた別ですが)、少なくとも私は、コミカライズは好きな小説のものしか読みませんし、その場合やっぱり原作イラストのイメージが強いんですよ。ですから、その時点でマイナススタートになることが多いんです。

ほりさんがダメなんじゃないんです。絵柄は可愛くて好きですよ。でも、そういうことじゃなく、『原作イラストと違う』のが問題なんです。

こちらはそれでも、原作イラストのあかつき(旧版時・赤坂)さんとコミカライズのほりさんの絵柄イメージがかけ離れていないからまだマシです。

キャラクターが、真尋(受)はね、可愛いからまあいいとしても、祐一郎(攻)がちょっと年齢相応に見えない(まして祐一郎は年齢以上にオヤジでいいのに)。
この作品は、真尋と祐一郎の『年の差』も大きなポイントだと思うんですが、そこがほりさんの絵ではあまり出ていなくて残念でした。

それにしても、これ原作未読だとストーリ続きーもキャラクターの背景もまったくわけわからないんじゃないか、と思ってしまいました。
真尋が(何の説明もなく)素で17歳の『新妻』なわけですが、祐一郎との結婚に関することや、兄についてなど、まったく意味不明じゃないかと。

もともと、小説の前半も謎だらけではあるんですけどね。まあコミックス2巻(小説後半)で種明かしはありますが、ここで切られたら『?』だらけなんじゃないかな(小説なら前半で疑問でも、引き続きで後半読めますから)。

う~ん、『あまあまの新婚生活』を送る幼妻を愛でる作品、と割り切れば十分か?でも、小説が好きな私からしたら、もしコミカライズだけで『この程度か』と思われたらちょっと残念なんですよね。

1

オヤジじゃなかった男前

コミカライズされると、どうしてもね作画が気になっちゃうの。
で、それが好きな作品だったらなおさらね。
(小説の挿絵と比べるクセが付いちゃってゴメンなさい…)
でもって私には合わなかったみたい。

確かに似た感じのほりえさんを選んでますが、祐一郎さんが若すぎる~ッ!
キーワードにも書いてるとおり
歳の差カップルのお話でオヤジ攻めなので正直期待してました。
コミカライズになるとストーリーを知ったうえで絵が飛び込んでくるので
合わないと凄くギャップを感じててモヤモヤするんです(^^;)
(今回に関していえば、オヤジなはずの攻めが、オヤジに見えない男前とか)
別にほりえさんの絵が嫌いとかいうのじゃなくて、ストーリーに対しての見た目の感想。

ストーリーは本当にいいの!!
健気で何でも信じ込んでる真尋が凄くいじらしいし可愛いvv
祐一郎さんが真面目な台詞吐くくせにエロイとか(笑)
ふわふわと幸せに暮らして欲しいのに邪魔が入るんだよな~(笑)
さて2巻!!

1

やはり原作がないと分からないのか(´・ω・)

もうすぐ2巻が出るというのと、自分のツボである「男の花嫁モノ」という事で導入したのですが・・・

よく分かりません。彼らの背景も、病気を持っているレベルというのも。
たとえば1日に1回射精しても大丈夫でも2回はダメっていうのとか。
それ以上にエッチの激しさのほうが影響するだろ!と思うし。

ほわほわして幸せそうという空気だけは分かるんですが、
この本だけではなにをどう感想を持てばいいのか。
しかもいろいろ不明のまま終盤には拉致されちゃうし。

小説、読まないとダメかなー・・・。
空気的にはスキなんで2巻に期待してみます。暗くなりそうですが。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ