バニーBOY

bunny boy

バニーBOY
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
19
評価数
6件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ウェッジホールディングス(文苑堂)
シリーズ
S-lash2Comics<スラッシュラッシュコミックス・文苑堂>
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784904293461

あらすじ

夜の繁華街、黒服に憧れていた久遠は高額のバイト代につられ、クラブでアルバイトを行う事に。1日限定だし…っと思っていたら、実はバイトの内容は黒服ではなく、バニーガールの方で――!?
表題作+書下ろし後日談以外にも、久遠の父・凪沙と神道の意外な関係を描いた「残酷で美しい夜」も収録。
(出版社より)

表題作バニーBOY

右目に傷がある店のオーナー 進藤善光(26歳)
男なのにバニーのバイトの大学生 笹島久遠(18歳)

同時収録作品残酷で美しい夜

神道善光(20) ヒットマン
笹島凪沙(31) 元デカ

その他の収録作品

  • 兎は狼の夢をみる
  • 夢から醒めて
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

続きが気になりますよ~

初読み作家さんです。このコミックが初コミックだとか。
裏社会ものなんですが、中々面白かったです。
大学生の男の子がバニーガールをやっちゃうという設定はちょっと無理があるかな~?という気はしましたが、まぁ、そこはファンタジーということで(しかし、あんな体の線が出る衣装、股間はいくらなんでも…モゴモゴw)。

お話自体は、秘密を一杯持ってそうなオレ様の攻め様とちょっとやんちゃで流されやすい受け様のお話。
単なる明るいラブコメではなくて、攻め様と受け様の父親の過去とか、結構シリアスな所もあって、私は好きでした。
ただ、このままでは攻め様と受け様の関係や秘密めいた過去で色々と明かされていない所が多いのが気になります。
もし続きが出たら、その辺りを読んでみたいです。

0

携帯配信だったらたぶん食いついたのだろう

何ぁんか表紙が安っぽい感じなんですよね。
「ブックオフで100円で売ってそう」感満載っぽい。
(実際には100円じゃなかったですけど。)

道端で女の子と間違われてバニーガールにさせられてしまうという展開も、
ところどころどころでない「なぜ気づかない!」と思わせる不完全さも、
(女装の種類として、バニーって一番男に向いてないし・・・)
オーナーの若いころ時代にやんちゃでお父さんを喰っていたという事といい、
決して嫌いじゃないんだけど、なんか全般的に安い感じ。
普段の男の格好が妙にフェミニンで、君は男の娘に寄ろうとしているのか?なのもあるのかなぁ。

携帯で1話50円とかでお手軽にちょこちょこっと読むのならありやと思うんですよ。
でも本にしてポンと渡されちゃうと「1冊引きずったわりには何なんだろ?」な感じ。
そこそこ面白かったですし、忘れたころに読む本としてはありなのかも

0

気になる・・・

まるごと一冊が、関連する一つのストーリー。

メインは神堂オーナーと久遠くんのカップルですが、
神堂オーナーの過去を表すお話として、
神堂オーナーと久遠くんのお父さんのお話なんかが入ってます。

初めて読んだ作家さんの本でしたが面白かったです。

が、「まだ途中?」って感じの読後感ですw
この巻で終わりなのではなくて、2巻があるのよね?と
言いたくなるような・・・。
いや、今後出るのだと・・・信じましょう。。。(^^;

0

あなどれない!穴場作品?

携帯配信作品って、ちょっと敬遠する感があるのですが最近こうやって一冊になった商業本を見るにつけ、認識を新たにしないといけないな~って思うようになりました。
この作品も、デジタルが使われアニメ風に処理されたきれいな表紙(ただしちょっと暗い)だけど、題名やフォントに工夫もないし、余り期待してなかったんです。
でも、読み始めたら・・・なかなかに~☆☆☆

街で女子と間違われバニーにスカウトされた久遠は、時給の高さにつられてその店でバイトすることに。
ところが一番奥のVIP席にいる右目に傷のある男が何かと突っかかってきて、あげく恋人になってやると襲われそうに・・な、オレ様オオカミ×やんちゃ兎のお話

それだけだとドタバタのラブコメになりそうなんですが、その裏に実は・・・な隠された過去があって実に奥深い話に仕上がっていてびっくりしたのです!
過去を知らなければ、この表題の久遠の物語としては全くさじにもかからないお話だったと思うのですよね。
クラブのオーナーで、しかも顔に傷があるということでこの進藤という男は実は裏の世界に繋がった人という素地から、結構出血があったり怪我をしたりと続きかそんな生々しい展開も待ち受けています。
まあ、そういったトラブルもあり2人が接近していく理由にもなるのですがねw

ただ、久遠のお父さんのお話~~!!
何だかもっと知りたいですっ!
一体どうしてあんな危険な仕事をすることになったの?
本当のところはどうだったの?
そんな知りたい病を併発してしまいそうな、意味深な話を付けられて、実にジレッタイ一冊になりました(涙、、)
でも、全体としてうまくまとまっているし、絵もコマも見やすいし、手慣れた感じがします。
カバー裏本体表紙の4コママンガもお忘れなく!命がけのジャンケンが展開されてましたw

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ