「放さない。一聡(かずあき)さんは俺のものだ」 大人の恋のおとぎ話!

心乱される

kokoro midasareru

心乱される
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×25
  • 萌19
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
13
得点
89
評価数
29件
平均
3.2 / 5
神率
6.9%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784062866620

あらすじ

サラリーマンの橋野(はしの)一聡は、三十四歳にして十八歳になる息子・俊(しゅん)がいる。といっても、本当の息子ではなく、一聡がかつて誰よりも愛した男の子供だった。彼が亡くなったとき、一聡は俊を家族として育てることを決意したのだ。けれど、成長するにつれ父親そっくりになっていく俊に戸惑いを感じないわけではない。そんなある日、男にキスされている俊を見て!?(出版社より)

表題作心乱される

親友の遺児 俊 高校3年生・18歳/同僚 大宮
橋野一聡 34歳 食品会社商品開発

その他の収録作品

  • 幸せの行方
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数13

好きなシーンがたくさんありました

好きな人の子供を引き取って育ててきた一聡と育てられた子供俊のお話。
そこまで重くはないのですが、でも印象に残るシーンがいっぱいありました。
中でもやっぱり俊の父親草平との病院のシーンは思い出しただけでも泣きそうになります。
もう意識がほとんどない俊の父親の草平と、
自分が最後のお願いと頼んだ旅行での事故が原因と罪悪感いっぱいの一聡との最後、
草平が望む将来に一聡はいなかった事は解っていた事とは言え、あの最後は辛い。
後はお風呂場のシーンとか、俊に草平との事がばれた所とか、その他etc…etc…

子供の頃から知った俊の大人の一面を見てドキドキしたり、
がむしゃらに色んな事を犠牲にして育ててきた一聡の愛情、保護者としての責任、
その上での愛情だから深いんだなーと思うと優しい気持ちが生まれたり、妙な共感を感じたりと
読んでて楽しかったです。

後はやっぱり大宮ですねー。
いいな、大宮。
最後の方で俊に「お前の覚悟はそんなものか」みたいな感じだったと思うんですが、
そこのシーンの大宮かっこよかった。
また、耐えて待ってる一聡も好きだった。

重すぎず軽す続きぎず、私は好きでした。
また、出てきたキャラも皆好きでした。
私は一聡が1番好きだったかな。
大宮と幸彦のお話がもしあったら、ちょっとコメディが入った楽しいお話になりそうですね。
で、最後の方に短編で俊と一聡のその後があったら嬉しいな。
また、逆に草平と一聡の頃のお話も読んでみたい。
もっとこのキャラ達のお話を読んでみたいと思うお話でした。

1

3大義理の親子下剋上モノ

私の中の3大『義理の親子下剋上モノ』の1つ。
木原『HOME』ほど痛くはなくて、崎谷『ハピネス』ほど甘くはない。
ちょうど中間。

「心乱される」と、そのすぐ後の「幸せの行方」が収録されています。

内容はといえば……英田作品っぽくない感じ。
どうしちゃったのかしら?
路線変更したかったのかな?

たまには、こんな感じも好きだけどね。
ご都合主義的な所がいくつか気になったけど、それも許せるレベル。
ハピネスやHOMEが好きなら、是非、お試しください。

0

年齢差萌え

 今まで、結構BL小説を読んできたのですが、この作品は特に印象に残っています。
 この作品の年下攻めが、もう最高なんです!

 まず、受けが34歳の会社員、攻めが18歳の高校生という設定で萌えました。
 年下攻めのお話は結構読んだのですが、ここまで年齢差が開いているものは少ないので、貴重な作品です。
 また、作品全体でエッチな描写が多いので、それも良かったです。(3Pとかもあった……)

 好きだった人の子供なのに、一人の男性として意識してしまう……という心理描写が、官能的でドキドキしました。
 
 ここからは少しネタバレになります。最後の方のシーンだったと思うのですが、受けが自慰しているところを子供の攻めが覗いてしまう、というシーンがあります。この本は全体的にエッチな描写が多いのですが、特にこのシーンが一番印象に残っています。
 個人的にこのシーンが一番好きです(笑) ぜひ読んでみてください。

1

当て馬にばかり目がいって困る

大宮が素敵すぎる。
ちょっと軽い感じだけど、一総に対しては本当に良い男!
もうこの人が私の言いたいこと思ったこと全部言ってくれた!
草平さんの優しい残酷さや俊に対しての隠れた苦労の数々とか。
すかっとー!!
途中の大宮混じえての3Pもどきご馳走さまでした。
いやー大宮素敵過ぎて一番印象残ったキャラです。
正直主役組よりも印象残ってます←

俊は高校生らしい面と色気?感じさせる面がありました。
特に印象に残ったのはこの2つ!
1つは一総がシャワー浴びてる音聞いてたら起立したから洗面台に出しちゃった(。-∀-)ニヤリな場面。
2つめは一総と初めてする時に真面目な顔でゴム装着しようとするものの裏表反対でつかない…!な場面。
因みに結局、一総に付けてもらってますwww

0

大宮と幸彦のその後が気になる。

ほどよくまとまってはいるが、作者が英田サキってことを考えると、
やけにご都合主義的に感じてしまう作品。

3P部分は、まぁ3Pというには薄いし、
3Pに持っていく必然性もなさそう。
たが、この際、不問。
一番、自分的に腐…じゃなかった腑に落ちないのが
墓参りに行ったら、過去のライバルと鉢合わせて、思わぬ過去の暴露がされてしまうあたり。
攻めの覚悟の甘さと、度量の狭さにビビった(笑)
英田サキって、アメリカの脚本作成ソフト、Dramaticaでプロット作ってるのかなー?
こういうハリウッド的な起承転結のつくり方って、スクリーンプレイソフトで出そうなパターン。

ともかく、最初から最後まで俊のどこがよかったのか不明。
それこそ、オヤジにそっくりじゃなかったら、恋心を持てる子でもないような…。

それよりも、当て馬的存在の大宮のほうが数段、魅力的です。
セフレといいつつ、そつなく受けを守り、なぐさめてきた彼こそ
実は自分を押し殺してかなわぬ恋に身をやつしているのではないかと
モーソーがひろがります。
願わくば、うまくいったあとも、一総にちょいちょいチョッ続きカイを出していて
ほしいキャラです。
それとも、破れ鍋に綴じ蓋みたいな感じで幸彦とデキてしまうのか?
流され侍と青臭い子供のカップルよりも、
年の割にはクールな幸彦と、飄々としているようで何があるかわからない大宮
こちらの続編をはげしく希望。

3

当て馬が濃すぎるけどそこが良い。

3PまがいのHシーンがあまりお好みじゃない方には
「…え~??」でしょうけれど
私は何度も読み返すほど良かった!!w
好きなHシーン10に入るかもしれない。
10年も関係を続けた体だけの大宮と、
一聡を今死ぬほど欲している年下の俊からの愛撫。
ひーー!!気持ち良さそう♪

いくら惚れた男の子供だからといって
ひきとって育てるなんて無理があるだろうと思いながらも
大宮が後半、一聡の様々な苦労があった真実を俊にぶちまける所があって
なんとなく腑に落ちたというか。(私は単純だから;)

俊を男として見ていないと言い訳をしても
亡くなった心底惚れた男に似てくれば嫌でも意識するし!
あぁ…、あの若くて真っ直ぐな欲望をぶつけられるのっていいなぁ…。
小さいながらも、一聡に迷惑をかけないようにと
わがまま等言わなかった俊が健気だった。
だからこそ、想いを伝えてからの
「一聡さんがシャワー浴びてる音聞いて勃ったから
洗面台に出した」はギャップがあって悶えましたよ!
でも、突き放そうと酷い事を言う一聡にも、
それによって傷つく俊にも感情移入できました。

続き
しかし、大宮があまりにも奔放過ぎて好きだ!!!w
なんだかんだ言いながら一聡を大事に想ってて
こういうタイプは嫌い!って方には耐えられないかもしれませんが
(専務の娘さんと結婚予定だったのに、
結婚してからも一聡と関係は続けたいとかのたまったしw)
結局結婚は破談になってしまったし、
いつまでも一聡を想っていて欲しかった!
でも俊のお相手だった幸彦と、もしかして今後!?って終わり方だったので
喜んで良いのかどうか複雑な私です。

一聡の迷う心が綺麗ごとじゃない気がして、好感が持てました。
俊の為を思うのに抗えない心と体。
俊に真実を話さなければいけないのに言えないまま受け止め、
結局は第三者によって知らされる。
俊にとってそれはもうツラすぎる過去だったと思います。
そこで大宮が発破をかける。いい男だ。
一聡へも後押ししてくれたし、やっぱり大宮ラブ。

幸彦も良い当て馬だったのですが、
ごもっともな事言ってくれたりしてなかなか憎めないヤツでした。

男性陣で嫌いなタイプはいなかったのに、
やはり祥子という俊の義母になる予定だった女性が嫌でした…。
こういう人もいなければ話も動かないとわかるのですが。

Hも結構ねちっこいし、揺れる心理描写も丁寧で流石です。
大変楽しませていただきました!

3

粘り勝ち。

サラリーマンの橋野一聡は、三十四歳にして、十八歳の子供がいた。
子供と言っても実の子ではなく、橋野がかつて誰よりも愛した男の子供であった。
彼が亡くなった時、橋野は彼の子供を自分の家族として育てることを決意したのだった。

彼と橋野の関係を知らない人たちは、その行為を美談だと言うけれど、実は息子である俊を引き取った時には人に言えないようないきさつがあり、橋野はその秘密をずっと一人で抱え続けていた。
おまけに、俊は成長するに連れて、橋野の想い人であった彼の父親に似てきてしまい、そんな彼に性的な感情を時折覚えてしまうことに橋野は罪悪感を覚えていた。

そんなある日、橋野は男にキスされている俊を見てしまう。
それどころか、俊は橋野のことを好きだと言い出して……

という話でした。
自分がどうして俊を引き取ることになったのか、自分と彼の父親との間に何があったのか言えない橋野はもんもんとしていて。
おまけに次第に父親に似てくる俊に、かつて彼の父親に抱いていた想いを思い出させられて。
それでも俊だけは真っ当に育てようとしていた橋野に俊が押せ押せの攻撃をしかけてきて、結局は続き俊の粘り勝ち。

良識や理性よりも自分の気持ちに正直になった方が楽だよね! という。

理性にしばられた年上のうだうだ悩んでいる男を年下が若さで押し切ってしまう話がお好きな方にはオススメします。
後、ちょっぴり義理の親子関係も入っているのでそちらも合わせてお楽しみいただければ、と思います。

2

一点以外は・・・

著者と帯の内容、挿絵が気に入り購入。

内容は皆さんが書いてるので省略。

萌えポイントが所々にあって最後まで楽しく読ませていただきました。
途中展開がどいなるのかドキドキもしてしまった。
俊が一途に一聡を想うところは私にはグッときましたね。
一聡のウジウジ感というか、すっきり受け入れるよりは、じれた方が好きかも。
最後では俊が一聡を意識し始めた頃のことが書かれていましたが、
なんかキュンってなってしまいましたよ~。

でも、3Pはどうしても好みではないですね・・・
しかも俊が絡んでからはあっさりしている感が(ーー;)う~ん
俊もっとがんばれ!と想ってしまった(汗
あれでどうして一聡が吹っ切れて付き合うことができるのが、私も不思議な感じですが、それ以外は全体的に切ない感じで面白かったです。

2

面白いんだけど、

全体を俯瞰してみると妙にバランスの悪さを感じるお話なんですが、キャラや個々のエピソードなどは秀逸。
途中ウムム…と思わされたりもしたんですが、なんだかんだいってもさすが英田サキさん、やっぱ面白いです。

これ、キャラとか設定そのものはまったく同じなままで、二つの小説を読みたかったかもしれない。
一つは、大宮のキャラを生かした3Pメインのエロエロコメディ。最終的には幸彦も混ぜて4Pもいいかもw
もう一つは、俊の葛藤や成長、一聡の葛藤や過去との完全決別をメインにした切ないお話。こっちには3Pは要らない。

てゆか大宮いいなー。かなり好きです。こういう男の本気が読みたい。相手は幸彦になるのかな。
スピンオフ期待してます!

3

むつこ

しのさんこんばんはー。
てゆかはじめましてでしたっけ!
ずっとレビュー読ませてもらってるからか、はじめましてな気がまったくしないです。
しのさんのレビュー、好きなんですよ。好きな作家さんもかなりかぶってるし、ウジウジ乙女受けへの容赦ないレビューに共感しまくったりしてますw成宮さんを諦めないぞー!って点とか、猫耳苦手なはずのに萌えてしまってるとことか、色々。
前置き長くてスイマセン。

英田サキさんの最近の作品、たまにもどかしいんですよねぇ。大ファンで、文章好きで、萌えが待ち構えてそうなストーリー展開にワクテカするのに、ふと細かい部分が気になったり、斜め方向にストーリーが進んだりして。
でも、どうあっても、まだまだ作家買いはやめられそうにないッス!

しの

むつこさま。はじめまして、しのと申します。
思わず「あ~、そうっ!それっ!」と声が出てしまったので、初めてコメントさせていただいています。

そうなんですよ。2つの作品!そうすればしっくり来るっ!
この作品、私は途中でいきなり「えっ!3P?なんでっ!」と放り出された感があって、けども面白くないかと言えばそこはそこでちゃんと面白いし、けどけど、シリアス⇒3P⇒またシリアスって風に頭が切り替わらなくて…と、とても損した気分で読んだんです。
自分のレビューの時には上手く言えなかったけど、むつこさんのレビューを読んで、「そうかっ!別の作品だと2度美味しいっ!」って思いました。

これでスッキリ!
ありがとうございました!

盛りだくさん

基本的には、年の差近親ラブというか、血の繋がらない親子の家庭内恋愛物。
好きだった男の忘れ形見を育てているうちに…って、BLとしては非常にオーソドックスな、王道のネタなんですが、、、
展開としても、主人公は、あくまでも「息子」として愛情を注いでいたはずの子どもが、男と付き合っているのに動揺して、それでも自分の気持ちをちゃんと見つめられなくって…って、基本的には王道な展開なんですが、、、
お話の骨子は非常に王道、オーソドックスなのに、子どもを引き取る経緯とか、大宮の存在とか、まあいろいろと、
特に大宮の存在が、非常にインパクトのある味付けになっているというか、、、

王道ネタには王道ネタなりの、書き手の苦労が忍ばれる、なかなか読み応えのある作品でした。

2

大宮くんが一番好き

図らずも、車のお供で「ハピネス」(原作:崎谷はるひ)のドラマCDを聴いている途中で読み始めました。
困った、どうにも被る部分が多すぎて・・・
仕方が無いですよね、ラブかライクかは別としても、好きな人の遺児を引き取り育てた挙句、その子に惚れられちゃって戸惑う受、っていう設定がほぼ同じなので・・・
まぁ、それ以外の背景はまるっきり違うのですが、つい比べてしまう私・・・一聡は平川ボイスでしゃべるし、俊は渉ボイスでしゃべっちゃう・・・ホントに困った・・・

このお話の受・一聡さんは、そもそも育てた子・俊の父親にべた惚れしていたわけです。
それはそれは熱く粘っこく。
それはどこの嫉妬深い女ですか?と言いたくなるほどに。
だから、俊を引き取る時も単純な展開ではなかったので、その分俊には秘密にしておきたい事も多々あるわけです。
父親にそっくりに育っていく俊に戸惑いながらも、真面目に保護者をやってきた一聡ですが、俊の恋人が男だということにさらに困惑し・・・

一聡は秘密にしておきたいことが多すぎて自分の気持ちに素直になれず、俊はそんな一聡の事情を知らないものだから、一々振り回され続きるのです。

二人だけなら単純な展開になってしまいそうなこのお話の、火付け役でありかき回し役でありまとめ役でもあるのが、一聡の友人(?)・大宮と俊のセフレ(?)・幸彦です。
なぜ(?)が付くのかは、ネタバレしすぎるので割愛しますが、とにかくこの二人がいなかったら、こんなに複雑なすったもんだは起きなかったと思われます。
しかし、こんなに短時間で一聡と俊が結ばれることも無かったでしょうね。

特に大宮の存在はなかなか反モラル的で、どちらかと言えば私的には許せない部類に入る人種なのですが、一聡にとったら無くてはならない存在で、やっていることはいい加減でも言っていることは結構模範的なので、とにかく憎めない。
この作品の中で誰が一番好きですか?と聞かれたら、即座に「大宮!」と答えられるような存在なのです。

そんなわけで本編は、すったもんだがありながらめでたくまとまるわけですが、全体的に重暗い雰囲気を引きずっておりました。
反面、続編の短編「幸せの行方」は、やや軽めに描かれるその後の4人のお話。
やっと二人きりでラブラブしようとしていたところへお邪魔虫が登場し・・・「もうどうでもいいから、ふたりとも早く帰ってくれ」と思う俊のたまりにたまった欲求不満が可愛かったです。

ちなみに、エッチは結構ハードであります。
そうか、そのシチュエーションで3Pを入れてきたか、っていう感じ。
大宮くん、おいしいところは全部持っていってます。
でも、そこが好きです。

4

何かコメディになっちゃった!?

大好きだった男の忘れ形見を引き取り、育て、その子に愛される保護者の主人公。
結構、ドロっとした設定であるはずなのに、主人公のせいか、その周りの人々のせいか、どんどんと軽くなっていって、コメディ的な展開に?
重軽いと言ったらいいのだろうか、重い設定だけにライトになったので読みやすいと言ったらいいのだろうか?
摩訶不思議な作品でした。

主人公・一聡がこれまたちょっと女入っている性格かもしれません。
愛してしまった草平に、セフレでいいから抱いてくれと関係を持ち、彼が亡くなった時、草平が息子の俊を託そうとしていた婚約者の女性への対抗意識で俊を手元に引き取るいきさつ。
草平への激しい執着が見てとれるのです。
だから、俊に告白されて、結果俊と親子から恋人になる結末ではあるのだけれど、一聡が俊の後に草平を絶対見ていることは間違いないと思うのです。
純粋に俊を愛していると言いきれるかどうか怪しいな~とは思うのですよ。
確かに、その関係にグルグルする様には葛藤がありすごく理解できるのですが、、、
だから、一聡のセフレで親友の大宮も、ふんぎらせる為にもう一度寝てみろ!みたいな持って続き行き方をするんですよね。
俊が、男の手ほどきを受けたアテ馬になるユキちゃんも、事情を知っていつの間にか大宮と同じスタンスになるし。
この大宮とユキちゃんの2人の登場が、話をライトにしている原因かもしれません。
でも、それはそれでとっても好き!
この2人の言うこともっともだと思ったのですよね~
とりあえず階段は登ってみないと、殻は破ってみないと前が見えないというかね~
それが3Pもどきプレイっていうのは、作者さんの大サービスなんでしょうねww

俊については問題ありません。
ちゃんと事情を理解して、最初から一聡を恋愛対象として見ていたし、一聡の本当のところを知って、悩む部分も当然だと思うし。
ただ、彼が高校生というのにバイトばかりしていて全然学校へ行っている様子が見受けられなくて、もっと高校生らしさも欲しかったかもです。
以外に大人な一聡より大人だったですもんv

こうして全体を読み終わって、一聡ってすごく我儘かも?と思ったり、
彼は本当は淫乱?とか、結構歪んでるよね、とか、愛に対して歪んでるのかも、と思うのでありました。
そういった対比で、大宮、一見軽そうなんだけど、彼の態度や言葉はとても現実に即していてすごく彼に肩入れする部分があって、主人公達より彼が気になって好きだったかも?ですww

願わくば、大宮とユキちゃんのトンデモ口悪い同士のカプ成立というのがあったら、すごい面白そうと思ってしまうのでした。
わき役の存在感で、萌え評価ですね(スミマセン、、)

4

好きな人には倍美味しいかもですが……。

あれれれ……。
萌えはする。キュンともする。切なくなるし幸せな気分も味わえる。
1冊を読むなかでめまぐるしく色んな感情を引き出されて、すごくお得なお話なんですが……。
なんだろ?この途中であっちに行っちゃった感は?

作品の良し悪しとかじゃなく、多分好みの問題です。

昔とても大好きで一方的に追いかけて、愛されていないのは承知のうえで抱いてもらっていた優しい男が亡くなって、その息子を引き取り育てている一聡。
息子ちゃんも、引き取られたときが既に8才だから、本当の親が誰かとか、今の状態が擬似家族だということはちゃんと理解しています。
だからこそ、恋の自覚があるんですが。

子供の頃から大好きで大好きで仕方がなかった一聡に対する気持ちが恋だと自覚して、その感情に肉欲が追加されて、悩んで、諦められなくて……という葛藤とか、それでも欲しいと必死に縋りつく様子とか、見ていて切ないです。

一聡も一聡で、俊に父親との関係を知られたら軽蔑される、傷つけてしまう、と恐れて、なかなか一歩踏み出せません。
親友でありセフレである大宮との関係を続けつつも悶々としてますし、この辺の続き「親子」から「恋人」へ移行できるか出来ないかっていうもどかしい感じが、なんとも言えず苦しいです。

そんな感じで前半戦すっごく感情移入して読んでいたんですが……。

え?なんで?いきなり3P?
しかもそれをきっかけに吹っ切れてラブラブお付き合いとか、意味が分からない><
ここは気前よく一聡の背中を蹴っ飛ばして送り出してくれたの大宮の男気を感じる場面なんでしょうが、3Pの意味がホント分からない!

この後は、ラブラブな生活が始まったと思いきや、父親との関係が俊にバレて……とお約束といえばお約束なドラマが待っています。
そこでも大宮の活躍とそれでもやっぱり大好きな俊の気持ちの大きさでキッチリ収まるんですが、どうにも3Pのショックが引っかかって……;

元々苦手なシチュエーションとは言え、最近は色んな作品を読んでそれなりに慣れたつもりでいたんですが、こう、必然性もなくいきなりサービスシーン的に挿入されると、すっごい作品から弾き出されたような感じになって、ちょっとビックリしちゃう。
私は水戸黄門に入浴シーンは要らない派です。(←関係ない!)

萌えどころは沢山あったし、ジーンと感動もしたし、ぎゅっと苦しくもなったし、こういう病的に受けを大好きな攻めも好きだし、ガキ特有の未熟な熱さや乱暴さみたいなのも愛しいと思うんですが、いかんせん3Pが……(しつこいっ!)

途中からは乗り切れないまま…というか、一旦乗ってた電車から振り落とされ、もう一回乗りたいと必死で追いかけるも追いつかないまま終点。って感じでした。
残念だ!ほんっと~~~~~に残念だっ!!!
けど、置いていかれた感はあるのに嫌悪感がないところが、やっぱり英田さんの表現力や文章力のなせる業なんだな。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ