男子たるもの!Round.2 学生の本分

danshi tarumono

男子たるもの!Round.2 学生の本分
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
9
評価数
5件
平均
2.4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
日本文芸社
シリーズ
KAREN COMICS(カレンコミックス・日本文芸社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784537126600

あらすじ

憧れの風紀部長の凌辱現場を目撃!! さらにイキナリ親友・新納くんに襲われちゃって…!? 無理ヤリなんて許せない!漢学院一生徒・律。いざ決闘!!ここは漢学院、弱肉強食の校風で力が全てを支配する男子校。知らず入学してしまった僕と、優しい新納くんは入学式からの仲良し★だったんだけど、あるとき寮で押し倒されちゃって――!? 「おまえが悪いんだ」ってどういうこと?しかも痛くて苦しいのに、徐々にカラダは気持ちよくなっちゃって…。
(出版社より)

表題作男子たるもの!Round.2 学生の本分

新納聡史,高校一年
伊藤律,高校一年

同時収録作品男子たるもの!Round.2 学生の本分

弓削,保険医
仲野井圭,高校3年生,風紀部長

その他の収録作品

  • ある日の風紀部日記
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

Hは増えた

漢学院を舞台にしたシリーズの第2弾です。
前巻とはメインキャラが変わって、今回は新キャラで一年生の同級生同士、新納と律がメインです。
それと前回で脇キャラで登場していた風紀部長の仲野井と保険医の弓削先生のお話も収録されています。
前回はHが少なめでしたが、今回はぐっと増えてます。
ただ、お話としては幼稚さが感じられて、あまり入り込めなかったですね。
設定は結構とんでもないのですが、ギャグという雰囲気は全くなく、お話が普通に進んでいきます。
今回はHに力を入れたのかな?と思いました。

0

???

前作の受けの友達の律の話。攻めの新納は最初か律のことが好きなんだけど鈍感な律は全然気づいてない。

風紀委員長の過去も前作は少しだけしか触れていなかったけど、今回は明らかになってます。弓削先生との体の関係のきっかけも。
でも前作の委員長って嫌な人物じゃなかったっけ?って思うけど今回は、いい人になっちゃってます。なんで?ってかんじです。嫌な人物になってたのは、前作のメインカプだけむみたいですね。

今回もなんかラブラブあまあまって感じです

0

う〜ん、何事!?

ゲームか何かの同人誌?!と思う位の薄っぺらさが残念でした。
(同人誌をディスっているわけじゃないです)
キャラクターは良かったのですが、主人公が頭弱すぎてちょっと感情移入出来ませんでした。良く言うと、昔の小中学生向けの少女漫画のノリでしょうか?そう思って読むと面白いと思います。

読んでから気付いたのですが、前作があるんですね。
前作を1ミリも知らないせいかアウェイ感半端なかったです。
あと、作者がこの作品を愛しているのは伝わるのですが、作者がこれ書きたい!と色々無理に詰め込み過ぎている感じがしました。キャラクターがで過ぎていてまとまりもなかったです。主人公の相手役の攻めが印象薄いです。

画力も荒削りな感じです。

設定やキャラクターや大まかなストーリーは面白いのですが、色々残念な作品でした。


0

学生の本分って勉強じゃなかった?^^;

待ってました、第二弾。
風紀部長の話だと思ったらサブ扱いで、メインは別の勘違い入学生。
前作の受のお友達です。
受が風紀部長に憧れて親しくするうちに、攻がヤキモチでムリヤリなお話。

こちらの受は、天然で素直。
思ったことをすぐ口にするタイプで、カラっとした性格です。
だから思い悩んでも、即行動の率直さ。
好きと気付けば、攻とバトルで告白なのも、男前でかっこいい♪
単純明快な思考回路がとても心地よかったです。

攻は腕っ節は強い(?)けど、恋愛はヘタレw
嶋田先生らしい攻です(笑)

そして風紀部長は、そんな彼らに振り回されるうちに
自分の気持ちに気づくんですね~
前作ではクールだったのに、かなり表情豊かになってます。
こっちの方が好き♪
保険医も屈折してるけど・・・実は一途だったんだね。
カラダだけじゃなく、想いも通じてほんとに良かったです。

巻末の『ある日の風紀部日記』が笑えた~
告白してから襲われた部員に「いいな~」という受と、同意する風紀部長。
そーか、2人ともイキナリだったもんね;;
今後「理由を述べてから襲うべし」って規則が続きできるかも!?(笑)

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ