神官と王のファンタジックラブロマン、待望のシリーズ最新作!

神官は王を悩ませる

神官は王を悩ませる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×24
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
72
評価数
16件
平均
4.5 / 5
神率
62.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥876(税抜)  ¥946(税込)
ISBN
9784877249496

あらすじ

王と神官という立場を乗り越え結ばれたふたり。男らしく猛々しい王・羅剛は、愛する冴紗と婚姻できた喜びをかみしめながらも、手に入れた故の不安と闘っていた。そんな折、羅剛と冴紗は隣国より招待を受ける。冴紗の美貌に狂った隣国の王との対面を喜ぶはずもない羅剛だが、どうしても行かねばならず、腹立たしく思いながらも向かうが…。
待望の神官シリーズ最新作!!冴紗と羅剛の書き下ろし過去編のドラマCD(出演:千葉進歩・中井和哉)付き!!
(出版社より)

表題作神官は王を悩ませる

羅剛王
神官・冴紗

評価・レビューする

レビュー投稿数6

花の宮の女官になりたし

馬鹿だなあと思いながら、みつけるとつい追いかけて読んでしまう激甘小説。
純粋培養 天下無敵「さしゃぽん」(受け)も、
でろ甘(意外に)お利口王様になった「らごらご」(攻)も
永均(男前!らごらご右腕)も大好き!

今回の個人的ヒットシーンは、永均の告白たーいむ!
母御の命がけの愛情を思い知ったか、母の愛をなめんなよ!らごらご!と
ちょっと胸すく気分でした(笑)
それと、さしゃぽんの大魔神状態になったところ!
(あ、大魔神 って言っても伝わらない気がする・・・)
超かっこいい~さしゃぽん!
お話をこれから読む方がいたら大変なんで、書きませんが、
ちょっと外遊頑張ったね どころじゃない成果っすよ。
今の日本でもこんな外交官いたらいいのに(笑)

今回はあら、かっこいい!と感じるところが多く
でろ甘+胸すく思いのしたお話でした。

で、私は花の宮の女官になりたい~
らごらごを からかい倒してやる!

2

あー暑い暑い、これ余計に体温上がるわ

さてさて、最初の読みにくさは何だったのかという、すっかりはまり込んでしまった神官シリーズ。
今回の見所はサイハ王が何としてでも冴紗さまを手中に収めたいと、妻の誕生祝いを理由にイザイラ王国夫妻を招いた宴。

前巻で冴紗さまの美貌にとち狂ったサイハ王。
国庫が尽きるほどに冴紗さまへの供物(贈り物)を取りそろえ、王以外はまともな妻以下臣下はあたふたします。
宴の席まで聖虹使さま仕様。
しかも羅剛さまのお席は用意されていないという狂いっぷりに、羅剛よりも冴紗さまがキレておしまいになります(何故か言葉が丁寧になります)
冴紗さまの何が凄いって、妄信的な羅剛信者ということでしょうか。
とにもかくにも羅剛さま、羅剛さま、羅剛さま。羅剛さま以外見えてません。
羅剛さまのことを少しでもバカにしようものなら、神の御子の権威を振りかざしてでも相手を罰しようとするその姿勢……。

あー……完全にイロに狂わされた王族ね。

こんなんで大丈夫でしょうか、神国イザイラ。
国王夫妻が年がら年中、職権濫用してます。公私の区別?そんなもん存在しません、冴紗さまと羅剛さまの感情で、大体全部が決ま続きります。
そんな感じで感情的になっちゃった残念な冴紗さま、相手の口車にのせられてとんでもない賭けに……。

波乱だらけのご公務の後には、もうめくるめく桃色。
どうでもいいですが、羅剛さまの喋り方、なんとかなりませんかね。
あの喋りだけで、その辺のエロいと言われるBL小説を遥かに凌いでます。
別に濡れ場描写が突出してエロいわけではなく『喋り方』が死ぬほどエロい。
この羅剛さまの喋り方だけで、白米3杯くらいいけます。
言葉責めとしては大したこと言ってない……寧ろ冴紗さまがとんでもない羞恥発言連発してくれるので、羅剛さまの口調との相乗効果で神官シリーズのエッチはもうとんでもないことに!

ファンタジーの凄さを垣間見た気がします。

1

ごちそうさまでした。

そうですか今回はお膝に座っていちゃいちゃですね。

さてさて前巻で登場した隣国の王が再び登場!!
っていうか、この人が冴紗に出会ってしまったがための「なれの果て」(^^;)
いったいどれだけの人間狂わせるんですかーっ!!虹の御子は。
でも羅剛のものだから渡しませんけどね!!(笑)

先にも書きましたとおり、
再び登場となった隣国の王・萋葩がここまでくるともう哀れ?
自分の国、自分の民・自分の嫁よりも冴紗。
すでに1国の王としての自覚も素質もありません。
ここからはもう本当に萋葩の王のおバカさと2人のラブラブ度の見せつけあいです。
そして最後に萋葩の王が取った行動で冴紗の怒りも爆発!!
それはもう自分より大事な羅剛を蔑ろにしてるのですから当然と言えば当然。
おかげで少しは目が覚めたのでしょうか?萋葩の王は。
その後、戦わずして萋葩国は羅剛王の国のものに。

後はというか最初から最後まで、いつものごとく2人でラブラブです。
やっぱりこの暑苦しいくらいの羅剛の愛がないとね。

2

攻め様の事になると人格が豹変しちゃう

一応の完結編になる作品ですが、番外編も出てるのですが物語としてはこれで一区切り
って感じでしょうかね。
攻め様の、時代背景もあるけれど、年齢のわりにオヤジ臭くて、ねちっこいエロが
これで終わりかと思うと感慨ひとしおであります。
そして受け様の攻め様大好き天然ブリも読めなくなると寂しいものですね。

今作では攻め様と紆余曲折で思いを通じ合わせ、攻め様がやっとのことで受け様を
手に入れ、妃として迎えてからのお話になります。
何だかんだと言いながらもこの作品は目一杯甘いのでホント大好きです。
そして今回は受け様を狙う輩が再び登場しますが、受け様は自分が狙われているなんて
全然思っていなくて、攻め様に無礼を働く輩に内助の功で立ち向かう。
普段は攻め様の言葉一つでオロオロしてしまう受け様が、攻め様の事になると突然変化。
まさに虹の神子で、神官さまって感じになります。
でも、その後ででしゃばり過ぎてしまったのではとオロオロです(笑)

そして、攻め様も普通なら自分よりも受け様にひれ伏す事に怒りを覚えてもいいのに
受け様の事を冷静に見つめ、逆に哀れと思って愛しく思う。続き
狂うくらいの執着や嫉妬心は決してなくならないだろうけれど、自分が生まれた訳。
受け様と出会ったのは運命なのだと全てを理解して受け様と共にいる事を全身全霊で
喜びを表す攻め様はかなり潔い、いつまでも二人の永遠が続くって思える内容です。
ほんと、このシリーズは大好きでした。

3

最高

もうこれ以上に萌えないほどです。
極上の美しさ、極上のストーリー、極上の萌え。
5回泣きました。
素晴らしさが言葉を超えました。
出来れば神×5の評価を付けたかったです!!
言葉の一つ一つが胸に響き、無駄なく萌えを積み上げてくれる。
読み終わったさいには、幸せの気持ちが満ちていました。
本当に大好きなシリーズで、これほど待った甲斐がありました。
こらからもずっと出し続けて欲しいです。ドラマCDももちろん。
もう言うことはありません。

3

お熱~いカップルです。

待望の新刊登場です。
毎回毎回、溺愛する妃・冴紗への愛情表現が、行き過ぎるくらい暑苦しいけど、なんか憎めない、羅剛王ですけど、今回もまた皆の注目を集めてしまう冴紗が、気になって仕方がなく、ついつい無意味な嫉妬に駆られて、冴紗を強引にしかも言葉攻めもたっぷりに、彼を攻めまくってます。読んでる最中に、度々「あ~もう、このバカップルは、好きなようにやって!」と、ついつい無意識に声をはっしてしまいそうになるほど、これほど熱~い二人だけの世界に入り込んで行ってしまうカップルの話って、珍しいと思います。
そこが魅力でもあるのかなとも思う。
今回初回版特典として、ミニドラマCD付きで、幾分お値段高めですが、お得感は割り増しです。
ドラマCDの内容はお買い上げのお楽しみと言うことで。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ