今宵おまえと 一章

今宵おまえと 一章
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神13
  • 萌×218
  • 萌20
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
20
得点
199
評価数
56件
平均
3.6 / 5
神率
23.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
ミリオンコミックス HertZ Series(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784813052838

あらすじ

西島陸郎にはずっと好きな相手がいた。十年来のつきあいになる、親友の和久井保孝だ。男同士だから、親友だから、いつかそのうち可愛いお嫁さんをもらって幸せな家庭を築くはずだから――― そう思って、自分の気持ちは押し殺してきた。それなのに、後輩の泣き落としに流され、男と寝たと飲みの席で保孝本人から聞かされる。それなら相手は自分でもいいはずだ、陸郎は保考を自分のものにする決意をするのだが!?
(出版社より)

表題作今宵おまえと 一章

営業職の会社員 西島陸郎
10年来の親友で流通販促部勤務 和久井保孝

その他の収録作品

  • あの日のおまえの

評価・レビューする

レビュー投稿数20

萌え要素がつまってます!

『眠り王子にキスを』にハマり、私の中で木下けい子祭り開催中。
私が読んだ木下けい子作品の中で、ダントツに好きな作品。

1章~最終章までの3巻まとめての感想です。

ボーイズラブって、男同士の友情と恋愛の境界でぐるぐるするのが、醍醐味だと思うのです。
親友として好きなのか、恋愛として好きなのか。

この作品、ちゃんとぐるぐるしてくれます。
リクローの一途さ、ヤスの戸惑い。
安易にくっつかない。
ちゃんと悩んで悩んで答えを出します。
焦れったいところもありますが、それがいい。

コミックは、小説と違ってそのあたりの表現がむずかしいと思うのですが、この作品はちゃんとそのあたりの心の動きが丁寧に描かれています。
台詞に頼らない。
画力で勝負している。

この雰囲気は、文字だけでは難しいかな。
コミックの良さがすごくよく出ている作品だと思いました。

0

リーマンなのに‥

萌え要素が学生同士みたいです(←褒めてる)。
某電子書籍のサイトで期間限定で無料だったので、試し読み感覚で購入。
木下けい子さんといえば、私の中では
「眠り王子にキスを」の挿絵を描いた方だなくらいの認識です。

本編で保孝(受様)が陸郎(攻様)の視線について
語るシーンがあるのですが、
視線の書き方が上手い方だなと思いました。
セリフがなくとも絵の表情でわかるところがあったり。
保孝がムキになって顔を赤くしたりするところがかわいらしい。

このまま「二章」「最終章」と続くようですが、
この間では、二人の関係には結論が出ていません。
キスさえありません。
保孝がこれから友情と愛情の折り合いをどうつけていくのかが
キーになるのかな?

それにしても、泣き落とされて男と寝るって、
保孝の貞操観念はどうなってるんだ!?


0

同級生、親友、長年片思い、超ヘタレ攻め・・・

・・・という、大好きなシチュエーションの物語でした。

陸郎は、10年来の親友、保孝に片思いし続けているものの、今の関係を壊したくなくてこのままずっと思いを胸に秘めていこう・・・と思っていたのですが、ある日保孝から会社の後輩(男)の泣き落としに負けて、その後輩と寝た・・・という話を聞かされた陸郎は一念発起!!!
やはり保孝を自分の物にしようと決意します。

取りあえず気持ちは伝えることができたものの、何せ根が超ヘタレな陸郎・・・いざという時の押しが微妙で・・・。

保孝は私からすると性質の悪い天然というか、変に鈍感というか・・・いちいち陸郎がかわいそうで・・・(陸郎が臆病になってしまう気持ちが分かるだけに・・・)
でも、この巻の最後には一応保孝から「(二人の今後について、告白を受け入れるのかどうか)考えてやる」と言ってもらえた陸郎。

でも、私としては、正直本当にこの保孝を落とせるんだろうか(なんだか凄く難しそう・・・)・・・という不安にかられた状態で次巻に続く・・・という感じです。

0

長年の片思い

能天気な受け様に片思いしていた学生時代
そして同窓会で再会し、受け様が男と寝た事を聞かされて・・・

人がよくて流されやすい受け様ですが
攻め様の気持ちになかなか気付かないと言いますか
「友達」としてがっちり決めつけているために
気づこうともしていません

そんな受け様を長年思い続けていた攻め様・・・
物静かな感じではあるけど、受け様とナニしたい!と
下心まる出しな感じが面白い人ですw

この巻では攻め様が受け様に告白して
受け様が考えておく・・・とまでとなりました!
次巻楽しみです・・・

0

作家さんの好きなものてんこもり‼ 胸キュンです

新シリーズは、サラリーマンで、高校の同級生で、十年愛と作家さんの好き処満載な作品になっているそうです。読んでみて、王道なお話なんですけど、さすが木下先生‼大人の男達の恋愛模様が胸キュンでした。せつなくもあり、コミカルに笑もいれながら、またひと味違ったお話になっていました。スーツで働く姿も描かれているのも萌ポイントで面白かったです。

内容は、高校生の同級生。今はサラリーマン同志の26歳。陸郎×保孝の幼馴染みもののお話です。
陸郎は10年間、親友の保孝が好き。でも、友達という関係が壊れてしまうのが怖くて告白できない。なのに保孝は、会社の後輩の泣き落としで「一回限りってことでヤちゃった」と…それからの陸郎のグルグル葛藤模様が楽しいんです。告白したいのに、中々タイミングが合わない…やっと言えた「好きだ」の最初の告白は、今ひとつ通じていなくて。もう、このヘタレ攻っぷりが、可哀想なんだけど笑わさせて頂きました‼最後の歩道橋の上での告白は、陸郎頑張った‼と拍手ものでした(笑)
描き下ろしと販促ペーパーと帯に描かれた陸郎を読んで爆笑です。ヘタレヘンタイ系攻様も悪くないですね。保孝大好きなのは続き分かるんですけど、本人が知ったら喜ぶかな?引くかな?どっちだろう(笑)

保孝も好きなキャラです。サバサバした男前。でも、隙があり過ぎてほだされ易いタイプ…優しくてお人好しなんですよね。そんな魅力に達郎はひかれたんだと読んでいて思いました。鈍すぎるわけではなく、実は陸郎の気持ちにも薄々気がついていた、でも認めたくないから目をそらしていたんですよね。あくまでも達郎は親友。今の関係性を壊したくないと思うのが普通の反応ですよね。
さすが保孝だあと感動だったのが、最後の歩道橋での陸郎の告白‼ 本気モードで告ってきたら、受けて立ってくれました。悩める保孝ですがイエス&ノーさあどっちになるんでしょう⁉ 答えが楽しみです。

エロシーンはほとんどないんですけど、いろんな場面で萌えさせて頂きました。木下先生の作品で続編となると、ゆっくりじわじわの展開が楽しみです。
幼馴染みもの、リーマンヘタレ攻好きな人に、じわりとあちかな恋愛ものが読みたい方にはオススメです。

0

頑張れ陸郎!

10年もの間、一人の人を想い続ける陸郎の直向きさと執着心に苛立ちながらも、ついつい応援してしまう一冊です。
あらすじにある通り、陸郎の押し込めた思いは保孝のある告白をきっかけに表面化していきますが、事態はなかなか思い通りに進まない。
木下先生はリーマンものにおいて、彼らの生活感や気だるさを絶妙な加減で表現されているなあ、と個人的には思うのですが、その中でもこの『今宵おまえと』では、働き盛りの二人の仕事っぷりが結構細かく描かれています。うひひ。
忙しい日常の中で、互いに影響し合いながらも、時々頭を抱えて立ち止まる二人(主に陸郎)のお話、その序章です。頑張れ陸郎!

0

タイトル表紙がいい

ということで作家買いでもあるこの作品。
リーマン、同級生、10年越しの告白。
木下先生のお好きなものがつまった一冊です。

それにしても陸郎がヘタレ過ぎです…。
心の中では「俺はおまえを俺のものにする」といきまいておきながら、
実際にはなかなか言い出せず。
保孝が男と一発やったと聞いてからグラグラし、
ようやく言ったと思ったら保孝にはよく聞こえていなかったという。
その後、陸郎はさらりと好きと言えて、告白という感じではなかったけれど、
保孝に意識してもらえるようになります。

それにしても保孝はノンケなのにほだされて男といたしてしまえるのが謎です。
かと言って陸郎とは付き合えない。考えるつもりはあるけれど・・・。
そんなじれったい二人でした。

0

質感が好きです

木下さん大好きです。
作家買いしています。

キャラクターの見分けは
できないですが大好きです。

10年来の親友。
陸郎は自分の気持ちを伝えず、
忍び続け親友として隣にいます。

これはよくあるパターンですが
片思いしている親友が職場の同僚に
懇願され関係した事を知ります。
男の同僚。

これをきっかけに
自分の気持ちを伝えようと決め
めちゃ男前な顔して
気持ちを伝えます。

すんなり受けいれられるはずもなく
逃げごし大混乱な親友ヤス。

ヤスが笑顔でヘラヘラしてるのが
照れや混乱も含まれてるとしても
なんだか苛々しちゃいました

陸郎も言ってますが
後輩がよくてなぜ?w
なぜと聞かずともわかりはしますが
そんな事言えちゃう陸郎
好きです

本編おまけに
あの日のおまえの
というショートストーリーが入っています。

学生時代も今もあまり見分け
つかないですが学校指定のジャージ姿に
キュンとしました

0

「好き」だというたった一言が…

陸郎は、高校時代から10年も、親友の保孝に片思いをしている。
絶対受け入れられないと分かっているし、友達という関係を失うのが怖くて告白はできないが
でも想いを捨てることができない。
ある日、保孝が後輩の泣き落としに負けて「一回限りってことでヤちゃった」と言い出し、
関係が動き出す。

10年間封印していた想いを口に出す大変さ。
コミカルに描かれている部分も多いんだけれど、本当に切ない。

そもそも、長く思い続けているという設定自体がツボな私。
二人ともちゃんと仕事をしている大人の男で(同僚の女性とか、ちょっとしたところもいい)
お互いがとても大事で、でも思いに差があって…
そんな葛藤やもどかしさを、表情や眼差しで見せながら丁寧に描いていく木下作品はやはり好き。

ようやくこの一章の最後で告白した陸郎。
この先、保孝はどのようにして彼を受け入れて行くのか…
二章に続きます。

2

見分けが・・・

まるごと一冊ぜんぶがひとつのストーリー。

う~~~ん・・・。
木下けい子さんとは相性良くないのかなぁ。。。
いやいやいや「由利先生シリーズ」は面白かったさ。うんうん。

絵もとってもキレイで好きだし。
でも、書き分けが少々できてなくないでしょうか??
保孝と後輩くん、2人が並んで話している姿では
セリフで解るんだけど、それぞれがバラバラで短いセリフだと
「え?どっち?」と区別が付かないんですよね。
それってアタシだけ??(^^;
もちろん、前後の部分しっかり見ていれば解るんですけどー。

言えない・・・と悩んでいた陸郎が言ったとたん
なかなか積極的になるところもちょっと不思議。
ん~、恋とはそういうモノだっけ。(ワスレタ・・・w)

1

それはそれは驚きました

 一体陸朗は保孝のどこが好きなのだろう?という疑問が最初からつきまっとった一冊です。(笑)
 陸朗と保孝は同級生同士で、共通の友人が結婚すると言うことで、居酒屋に集まるのですが、そこで保孝がまさかの後輩の男と「やった」発言をするのです。それは、ずっと辛抱してきた陸朗にどれだけのショックを与えたことでしょう!保孝と関係を持った男、加藤は保孝が他の女性と話しているだけでも、わざと割って入って邪魔をしたり、陸朗が近づかないように見張るなんてつぶやいてみたりと、彼もまた保孝が大好きです。

 佐藤の結婚式の後、陸朗からの初めての告白。そして、それは友情が終わるかどうかの瀬戸際にあるということでもあり、保孝も難しい判断を迫られることになります。
 一巻は保孝が陸朗をはっきりと意識するところで終わりです。

 ところで、このお話はサラリーマンの二人が主人公ですが、いつもスーツです。そして、取引先へ頭を下げ、上司からの叱責を受け、部下のフォローをしたり、頼もしい先輩がいたり、自分の出世を気にしたり…。もうサラリーマンの根本的なことがいろいろと網羅されていることに驚きました。スーツ、サラリ続きーマンが好きな方には是非お勧めの一冊です。

1

もどかしい

もどかしいですね・・・

こういう親友モノは、お互いを思いやりすぎてギクシャクするパターンが多いですが、このふたりはどちらも自分の気持ちに正直に行動しています(笑)

陸郎は保孝のことが大好きで付き合いたいから、始終押せ押せモードですし、
保孝はそんな保孝に戸惑い、親友でいたいと伝えます。

泣き落としであて馬と寝られるくらいだから、情に訴えれば付き合えるのでは?と思うとそうでもないので、想いが通じ合うにはまだまだ時間がかかりそうです(笑)

頑張れ、陸郎!

0

切ないんだけど、面白い!!

個人的に、10年越し片思いの攻めという設定が物凄く好みですー!!!

序盤、皆で集まった飲み会で友人から結婚の報告があるのですが、陸朗(攻め)が、「こういう時に上手く笑えない。次にお前(受け)の口からそれを聞くことになるかもしれない。それが怖くて、笑えない・・・」と思うシーンが有るのですが、それが凄く凄くじわりじわりと焦がされる様に切なかったです。

全体の話としては、もっと重くなる話かな~?と思ったのですが、恐るべし当て馬様!(美形ですよね)や、陸朗(攻め)の上司などの掛け合いもあったり、攻めの空回りもあったり、テンポも良くて笑える場面も多いです!保孝の性格も、ガツンとしていて、凄く好みです。(ポストが黒いのも全部俺のせい・・・・:笑)
切なかったり、萌えたり、キューンとしたり木下先生の作品の中で1番好きになりそうな予感です。
光のあたり具合、トーンの使い方というか、間の空き方というか漫画ならではの、独特の雰囲気がたまらなく好きです。
表情だけでなく、その部分だけでも、すごく感情が伝わってきます。
次の巻も凄く楽しみにしています。

今回特に、会社で働く人をよく把続き握されているな~と思いました。(木下先生の他の作品でも思った事がありますが)特に働いている場面が、しっかりと描写されているからでしょうか?格好良いです。
何があろうと、明日はやって来て、会社へ働きに出なきゃ行けないとか、上司の説教もどんなに意見があろうと最後まで聞かなくてはならないとか、大学で人を判断されるとか。。。。(笑)などなどなど
社会人って・・・・(遠い目)

ボーっとしながら犬のだいちゃんと戯れてる陸朗が、いや犬のダイちゃんが好きです。
ちょっとしたギャクというか、ボケ具合がツボにはまります♪

2

いと切なしっ!!

木下さんの本だしと思い、何となく買ってみた本作品。

とても、切ない思いでした。
普通、こういった切ない想いのものって、避けたいのに、
本作は、何故かその切なさを
ゆっくり読んで、楽しみたくなってしまいます。
一字一句胸に刻みたいというか。

西島は、10年以来の友人付き合いをしている和久井のことを
ずっと好きでいる。
久しぶりに会った和久井は、同僚に泣き落としされて
1度だけ体の関係を持ったといいます。
西島にすれば、かなりショックな話です。

西島はこの想い、和久井に伝えたい。
でも、大切な友人だからこそ、伝えることが難しい。
そんなジレンマを抱えてしまう切なさが
たまりません。

この物語には、続きの2章が出ているのですが、
お話をかみしめたいため、
読むのをもう少し待ってみようと思います。
(って、待てなかったりする可能性が高いですが(笑))

0

わかる!わかるよ!!
どうせ叶わない。叶わないならいっそ、親友でもいい。
だれよりも自分のことを信頼し、頼ってくれる相手だと思ってくれればいい。
叶わない恋をして早10年。
少し離れている間に、泣きつかれたからって男に寝取られるなんてーーっ!!
から始まる再会親友もの。
そらあんた・・・死んでも死にきれん(o_ _)ノ彡☆
焦がれこがれた相手が、「男同士」という理由で踏み切れなかった部分を軽く越えていた・・どころか~な切なさ。
頭を過ぎるほかの男に抱かれる画。
タマリマセンナ。それだけでなんか切なさはちきれそうだった。
 
そして再会から告白まで
というところが今回ですね。

テーマは親友から恋人にはなれるのか。
じっくりゆっくり進むお話がすごく魅せてくれるなと思いました。
キャラクターもいいよね。
木下さんの描かれるこういう作品好き。

大好きな受のために、頑張っちゃう攻。
なんか健気でいい。さてさて、報われる日は近いのか

3

じわじわ

こくってほだされはいハッピーエンド!じゃないところが木下さんらしくて凄く良いです
親友としての関係性をあくまで大事にしたい保孝と保孝を恋愛対象として大事にしたい陸郎ではそもそも噛み合うはずもなく
なかなかくっつかないでしょうし、保孝が素直になれないとかそんな問題じゃないから余計時間がかかるわけだけど、丁寧に少しずつ進めてほしい作品
親友ものに求めていたものが全部詰まってて最高です。

0

貴重な作家様です

木下先生は本当に、私好みの作品を書いてくださいます。
ありがとうございます。
幼馴染モノ。ということで、展開は王道……のはずですよね?
王道ということで、読みなれた展開……かと思いきや、受けが当て馬と本当にヤっちゃってたりします。この辺、上手く仕組まれていると感じました。

それぞれの感情の機微をじっくり読ませられる展開になってますね。

これぞ、シリーズの醍醐味でしょうね。
なんだか、木下先生の著作の中でも一番好きな話になる予感がします。
続刊の発売が楽しみです♪……いつになるのでしょう?

0

今宵はいつくるのか

陸郎は十年来の親友、保高に片思いし続けています。
ぼちぼち周りの友人も身を固め始め、保孝もいつか誰かのものになるという怖れを感じつつ、親友という関係を超えようとはしません。
長年押し殺してきた想い。それなのに他の男に身体を奪われちゃったと聞いたら心穏やかじゃないわな。

感心の保孝は男と寝たことを飲み会の席で堂々発表しちゃうほどあっけらかんとしてるのがまたなんとも。

泣きの一回とはいえ、そんな軽く割り切れてしまうことなのかとね。そりゃそうだ。

幼なじみの片思いというのはよくあるパターンですよね。親友だから思いを押し殺すというシチュエーションも。
実は相手もずっと好きで両想い~とか、最初は悩みつつ数ページ後に「やっと気持ちに気づいたんだ!俺も好きだ!」的な展開だったら肩透かしもいいとこですが、そこは木下さんそれぞれの微妙な気持ちを丁寧に描いてくれています。
いじらしい人を描かせたららピカイチだと勝手に思ってます。


次巻はいつになるかわかりませんが楽しみに待っております。

1

じりじり熱い、胸がぎゅっとなるお話。

木下作品らしい、じりじりするようなもどかしさとかがぎゅっと詰まってます。

とにかく攻めの片想いが切ないんです><
受けが攻めのことを本当に大切な「友達」でこれからもそうありたいと思っているから、いつも当たり前みたいに傍に居るしスキンシップもあるし。
受けもなんとなく攻めの気持ちに気付いてはいるんだけど、「友達」って関係を壊さないように、距離を置くでもなく必要以上に近付くでもなく、気付けばいつも傍にいます。

攻めにはたまんないよなぁ。
転勤で地元に帰って来て、今までよりずっと会える機会が増えて、煩悩まみれでドンドン気持ちは膨らんでるところに、当て馬にけん制されるわ受けの良い部分は次から次に見えるわ。

受けが無自覚でも天然でもないところが、一層苦しいです。
どっちの気持ちも分かってしまう。

そして、今までと違って物理的に近くに居る分、ごまかしがきかなくなってきます。
ハッキリさせなきゃどうにもならないところにきて、攻めの気持ちが少しも揺るがなかったのが、すっごくカッコイイと思いました。
「友達だと思っているか」との問いかけにも、ごまかさない言えるギリギリ続きの本心をちゃんと伝えるし、告白してからは真っ直ぐに、ちゃんと「キスしたい、SEXしたい、愛し合いたい」と伝えるし。
それだけのっぴきならないところまで気持ちが膨らんでいたってことなんだろうけど、ここで「友達として」っていう逃げ道を作らなかったことに、私は凄く胸がぎゅっとなりました。

なんか、木下さんの作品はどれもそうなんですが、すっごく「青い炎」みたいな熱を感じます。
ぼわーっと燃え上がるんじゃなく、チリチリしてるんだけど、本当は人知れずとんでもなく熱い、みたいな。
その温度が、私はなんとも言えず好きです。

っていうか……それ以前の根本的な部分ですが……。
受けが泣き落としに落ちてすでに当て馬とヤッちゃってるってのが……、切ないよぉ><
ズルズル行っちゃう雰囲気じゃないからなんとか私の心も持ちこたえてますが、最初っからこんな大事件を前提に話が進むなんて反則だぁ;

6

キスしたい、SEXしたい、愛し合いたい!

何となく、友人から恋人へというテーマは木下作品の定番のような気がしているのは自分だけだろうか?(きっと小説挿絵もそういうテーマのものが多いからかな?)
しかし、どれも飽きさせないんですよね。
10年来の友達に、実は恋心を抱いていて。
それが、会社の後輩に惚れられ頼みこまれて一度だけ寝たっていうものだから、自分でもいけるんじゃないかと希望を持ち、ヘタレながらアタックしていくお話。
というのが大雑把な第1巻目。

和久井は地元、陸郎は東京と離れていたけれど、陸郎が地元に転勤になったからチャンスが訪れるのですねww
和久井は、陸郎の気持ちに気がつかない(振り?)から、言ってしまうのは怖くて、でも少しずつならいいじゃないかってどさくさにまぎれて「好き」って言うけれど、和久井ってば聞き流してるの!
和久井に好意を持ち一度関係を持った後輩の加藤が、陸郎を怪しいと思いけん制した発言を和久井にするのだけれど、それってけん制じゃなくて和久井により陸郎を意識させるきっかけになっているんですよねww
バカなアテ馬だ♪
でも、お話は、当事者は深刻なわけで・・・
とうとう、意を決して告白す続きると和久井は、ショックで裏切りだって言う。
いつまでもいい友達でいられると思ったのに、という和久井の気持ちは凄く良く解るんです。
ちゃんと向き合って考える、ということで続きになるのですが、きちんと恋人になるのには彼等はどんなヤマをこえなくちゃいけないんでしょうね。
すごく楽しみです。

気持ちを言えなかった高校時代、保孝は変態チックな趣味があったのか、とそんな一面がおかしいのですww
リコーダー、舐められなくて残念=3

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ