パパがも一度恋をした 2

パパがも一度恋をした 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
小学館
シリーズ
発売日
価格
¥524(税抜)  ¥566(税込)
ISBN
9784091831897

あらすじ

最愛の妻は……おっさん!?究極の純愛コメディ!

愛する妻が亡くなって以来、丸3年間引きこもり中の山下吾郎(38歳)。
娘ですら手をやくそんなダメパパ・吾郎のもとに突然現れた不審な中年男。
…その正体は、おっさんの姿になって生まれ変わってきた(!)妻・多恵子だった。

「妻」を名乗るそのハゲちらかしたおっさんを、多恵子として愛しはじめてしまう吾郎。
手をつないでデートしたり。人に「妻です」と紹介したり…。そんな「当たり前の夫婦」の日常とは程遠い、ふたりの夫婦生活。

むしろ、妻の朝勃ちに困惑したり、男同士として一緒に合コンに参加したり、
人目を忍んで家庭内デートしたり。
そんな、なんでもないようなことが高いハードルになるふたりの日々は、
困難に次ぐ困難の連続。

2集では、キテ○ツくんそっくりな謎の発明少年が、おっさん多恵子を
生前の美しい多恵子に見える「ふしぎめがね」を吾郎に授けたり、
吾郎の身に”リアル女子”の誘惑が迫ったり、奇特にもおっさん多恵子を愛してしまう吾郎のライバルが登場したり…。

新キャラ続出で、ただでさえややこしい吾郎&多恵子夫婦の周辺は、
ますます嵐モード。

世界一しあわせで、世界一むずかしい恋――絶賛進行中です!!
(出版社より)

表題作パパがも一度恋をした 2

ニートでひきこもりのお父さん 吾郎
おっさんになって蘇ったお母さん 多恵子

その他の収録作品

  • 吾郎と多恵子の往復書簡
  • ウッカリコイモドキ
  • 吾郎の異常な性欲
  • 娘の進路と父の心労
  • 父だもの。
  • ライフ・イズ・わんダフル
  • 恋と変の境界線
  • 多恵子オブタイガー
  • いい日××たち
  • 妻の棒力
  • 妻の男子力
  • リアル女子の誘惑
  • 吾郎インワンダーランド(前編)
  • 吾郎インワンダーランド(後編)
  • 母娘水いらず
  • Bの悲劇
  • Yes! フォーティーラブ!!

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ハゲちらかしたカワユイおっさん

こ~れ~は~爆笑、そして…絶句…としか…もう なんも言えねえー。
非BL作品のはずだが、絶対BL、まぎれもなくBL、堂々とBLです。
1巻がどこを探しても見当たらなかったので、2巻から読んだのだが、ストーリーはばっちりわかります。
単純明快な話で、死んだはずのママがおっさんになって、帰ってきちゃう物語。
ハゲちらかしたちっこいおっさんが、どんどん見違えるように超可愛くみえちゃって!
あらっ不思議!
おっさんふたり(パパとママのはず)ほっこりもっこりしています…。
アイテム『ふしぎめがね』の出現が、波乱万丈、騒々しさを増していて、笑います。

【不思議だね ハゲちらかしても 恋の炎は消せないの】(私の心の呟き)

0

僕の妻は、おっさんです!

見た目と中身のギャップも何とか乗り越え、多恵子として吾郎として、おっさんを妻として認め始めた吾郎が、2巻も一人で悶えて妄想して、バカやって一人ジェットコースターしてる2巻は・・・

おっさんも、中身は多恵子とはいえ身体は男。
とうとう朝○○なるものがーーーー!!!
吾郎はおっさん多恵子とナニする夢で夢精してしまうし、それ以来おっさんの姿にムラムラして~wwwどちらの姿でヌけばいいか悩む吾郎。
やっぱりぃ~青年誌だし、合体はないわねwwwww
そしておっさん多恵子も中身は女だけに色々苦労するのです(涙)

そして今回初登場した甥のトカレフ(?)
彼が影の活躍(お膳立てとも言う)をして、色々また愉快な事件が起きるのです。
トカレフに誘われて合コンに行くと、以外にも女子の心をガッツリ掴んだのはおっさん多恵子。
お詫びにトカレフが若い女子を吾郎に紹介しても、もうすでに吾郎はおっさんにしか興味がなく。。。
もう、おっさんでも多恵子!
きまってますよね♪
しかし、そんなある日キ○レツ君(?)からもらった不思議な眼鏡でおっさんが本来の多恵子に見えるようになりwww
やは続きり、合体は無理だったか~~~(涙、、)

こんな行ったり来たりの吾郎ですが、どうして多恵子はおっさんになって帰って来たのか?
その謎はまだ明かされておりません。
2巻もおっさんのかわいさ満載で、おっさん萌え萌えするのです。
期待、3巻!

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ