アオゾラのキモチ ― ススメ

aozora no kimochi susume

アオゾラのキモチ ― ススメ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×25
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

196

レビュー数
9
得点
83
評価数
20件
平均
4.2 / 5
神率
45%
著者
イラスト
作品演出・監督
阿部信行
音楽
佐藤敦
脚本
佐藤敦
原画・イラスト
ねこ田米蔵
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
Atis collection
収録時間
142 分
枚数
2 枚
ふろく
メーカー予約特典・トークCD、コミコミスタジオ特典・ポストカード
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

同じ専門学校ながら、ファッション科とアニメ科はまるで異文化。
アニメ科の北史鶴とファッション科の冲村功は、ある事件をきっかけに親しくなる。
史鶴は、最初の恋が最悪の結果となり、次の恋も同棲までした恋人に裏切られ、恋愛に消極的になっていた。
冲村に惹かれながらも三度目の恋に臆病になった史鶴は、あきらめようとするが……!?

表題作 アオゾラのキモチーススメ

冲村功 → 鈴木達央

北史鶴 → 寺島拓篤

その他キャラ
相馬朗[代永翼]/ 栢野志宏[高橋広樹]/ 田中ムラジ[水島大宙]/ 野島[岩永哲哉]/ 中山[利根健太朗]/ 川野辺[永田依子]/ 平井英雄[倉富亮]/ 喜屋武剛史[間宮康弘]

評価・レビューする

レビュー投稿数9

ストーリーはもちろんキャラ、キャスティングに抜かりなし!

2枚組でボリュームたっぷりのはずがその長さを感じさせないような面白さでした。

原作未読。「ヒマワリのコトバ」は既読だったので登場人物のだいたいの情報はありました。いろんな学科が複合されてアート系専門学校事情とかその中にネット社会問題とか、いろんな要素も盛り込まれててそこも聴き応えがあると思います。

キャラクターたちも1人1人魅力的です。
特に主人公のキャラは個人的に超好み。辛い過去を抱えながらも自分の芯をちゃんと持っているのは好印象ですね。後半うじうじしっぱなしだったけどそれも健気な感じでたまらなかったです。過去のトラウマに苦しむてらしーの演技に胸が締め付けられました。
冲村は史鶴にどんどん懐いて行ってかわいかったな~たっつんは冲村みたいなキャラやらせたら右に出るものはいないなと再確認。脇の朗くんやムラジくんたちも友達に欲しいタイプです。

全体的にメリハリがあって飽きることなく聴けました。またメイン二人に降りかかる問題も1つではなく複数あることでそれを1つ1つ乗り越えていくたびに2人の愛はもちろん史鶴の友人たちとの絆も深まっていく過程は素敵でした。

0

きかなきゃ損損♪

シリーズとばして2作目から1作目。
(先に『オレンジのココロ トマレ』の方をきいてしまいましたが)
念願の『アオゾラのキモチ ススメ』
事情があってきけなかったけど、やっと私にもターンが回ってきました!
楽しみにしてただけあってドキドキワクワク♪


万全の状態に整えてから、いざ。



感想は率直に…………


信じられないくらいヤバかった!!!
ストーリー○
キャラクター○
声優○
あと、その他諸々も私好みで○

↑みたいな評価項目だったら、私の中では上の中くらいかな?
ってとこでした。
でも、違うんです!!
BLCDで最も重要視されるだろうものは『萌え』!でしょ!!


これについては圧倒的で、一気に1位にのぼりつめましたね。。
今まで感じたことのない感じww


ピーク時にキュンキュンしすぎて、心臓破れるかと………
動悸激しくて合間合間に深呼吸。
スゥーーハァーースーハー(゚〇゚;
(過剰にきこえるかもしれませんが、ホント^^;)


常に心拍数は、あがるあがる。
さらに告白時の詰め寄るシーン。ここ!これ続きがヤバいシーンの一つですね。

どっと疲れはしましたが、それくらい萌えられる作品でした。。


まだ未聴の方々は、お気をつけて(*^^*)

0

ススメ❤!!史鶴~!冲村の腕の中に(*uдu人uдu*)ピトッ

皆さん,▼o・_・o▼コンニチワン♪
さ、早速ですが!
この、ドラマCD声優さん・・・・
豪華ですよ~!
ャバィ・・( ̄ii ̄)ハナヂガ、、、
(>.)ゞち~んっ!! (・・;ノ^゚ぽいっ失礼しました(o*。_。)oペコッ
このドラマCDσ(-_-)ワタシから言ったらVOICEの王子達収録版ですよ!
実際、腐女子の皆様から「BL王子」と言われている
‟鈴木達央“が攻めにマワッテおります。
キャハ━━━━(#゚ロ゚#)━━━━ッ!!

さって、私は大分遅れてからのドラマCDだったので
シーリズは2作、3作とドンドン進んで行ってしまいます。
小説ではやっと今「ヒマワリのコトバ ― チュウイ-」を読み始めた所です。
小説もまた変わったドラマCDとは違う感動が発見できるのでそちらも是非!!

長々しい、お話のあとにすみません( *・ω・)*_ _))ペコリン
受け君のことを教えてやろうじゃないか!( -Д-) ゚Д゚)フムフム←(なんでこの人こんなエラそうなの!∑(゚ω゚ノ)ノ

え~まず、受けの史鶴ですが、この作品は主に受け君史鶴がメインに話を進め続きていく形になります、
あれですね、いわゆる心の声って奴が書いてあるのが史鶴のほうです、史鶴はゲイで元彼もちょんと2人いちゃったりしてるんですが、史鶴の場合この元彼たちとの‟過去“にいろいろ問題があって沖村とも喧嘩になっちゃたりします、そんなことになちゃってる2人に神(崎谷先生)はさらに試練を与えます・・・・
さぁ、そんな試練を乗り越えた先に待ってる2人の運命は・・・、
う~ん、どうなってるんだろ?(●`w´●)ニァ・・
いいところは、言わないでおきましょう!WWW

とにかく、とてもいい声といい作品なのでもう小説を読んだ人も、読んだことのないかたも是非1度聞いてみて
(・∀・)ニヤニヤ┣¨キ((p>ω
*こんな、変人にお付き合いいただきありがとうございました、そしてそして私ではなく作品に文句を言われる方・・・
どうぞ「聞いてからにして下さい(#・∀・)イラ」
私への文句?う~ん

私は、Mだから大丈夫~ぷぷっん((●-з)

1

素敵!

神に近い萌え×2です。

寺島さんの史鶴可愛いです。悟りを拓いたような諦めキャラって好きじゃないんですけど、史鶴は気も強いし、言いたいことははっきり言う性格なので好感が持てます。最後のエッチシーンは慣れてるようには聴こえませんでしたが(笑)寺島さんが可愛いのでいいです。

鈴達さんはもう言うこと無いです。この人こういうチャラい役やらせたら一級ですね。

ストーリーも好みでした。最初はギスギスしていたのに徐々に距離が縮まっていくのはやっぱりいいですね。

あと、あちこちで言われていた岩永さんですが、私は別に棒読みだとは思いませんでした。ただアニメのようにオーバーな演技をしていないだけなのでは?普段声優さんの演技をアニメでしか聴かない人には棒読みに聴こえるのかも。

手放しで神にしないのはただ単に好みの問題ですね。正直冲村みたいなバカ正直な直球タイプは受けが好きなのですよ。

1

鈴木達央ファン必聴、キャスト目当てなら楽しめる。

原作未読なので、CD単体のレビューになります。
個人的に、どうも盛り上がれないお話だった。

しかし鈴木達央さんの聴かせるパワーが
半端なく増していて、引っ張られる。そして、一言ずつ、
かっこ良すぎてニヤニヤが止まらない(笑)
「すきだっつーの、バー・・・」て感じの
台詞言ってる時の遠近法?とかマジですごい。
こういうセンスと細かいところまで意識することが
できるキャストじゃなければ最後までは聞けなかったと思う。

ハイパー萌えた(笑)ファンじゃなくても、こんなにキャストで萌えたから
ファンならストーリーにあまり興味がなくても、お勧め。
この作品の萌えは、半分以上、鈴木達央さんと音声さんが作り出してる、
それくらいに魅力と存在感を感じさせるモノでした。

1

次も楽しみw

てらしー(寺島くん)とたっつん(鈴木くん)の初対決作品。
2枚組ですが長さを感じさせないくらい面白かったです。
原作既読なので既に展開を知っていたのですが、非常にテンポ良かったように感じました。
主人公の史鶴は過去の恋愛がトラウマになっている部分もあったりでちょっとウジウジしてしまうところがあって。
でも、頑固なところもあって。
絵とキャストだけ見るとてらしーがどんなふうに演じるのか想像つかなかったんですが、聞いてみるとなかなか合ってたような気がします。
芯の強い部分もあって、自分に対する弱さというか悲観的というか自虐的な部分もあって。
それで、えちの時にはかなりかわいい。
たっつんの冲村は逆に絵の通りに想像できるというか。
思ったことをストレートに表現して、何もかも包み隠さない感じで。
怒りも愛情も全て表に出すような。
史鶴のことホント好きで大事にしてるのとか優しくしたいと思ってるのがすごくよく伝わってくる。
最後のえちで多少がっついてる感じなのもステキでしたv
代永くんの相馬は朗らかで良きアドバイザーのような。
史鶴のことを思っていろいろ言ってくれるし。続き
高橋さんの栢野は今回チラリとしか出て来なかったのであまり印象が(爆)
ま、次回を見越してなんとなく相馬とのシーンは含みがないかと聞いてしまったのですが。
ムラジ役の水島さんはとにかく人が良さそうな感じ。
温厚さが滲み出ておりました。
そして、史鶴の最初の彼氏役である野島役がまさかの岩永さん。
最初キャスト見た時に「え?同姓同名?」と驚きました。
最近のBLで岩永さんの名前って見かけなかったと思うのですが。
てっきりこのジャンルからは引退されたのかと思っていたのですが、声を聞くとどうやらご本人様のよう。
メインでないとはいえ、いきなりどういうキャスティング!?
謎です…。
早く次作も聞きたいです。
次作は高橋×代永編。
で、この次作が出れば3作目のキャストもわかるという。
3作目のキャストも遂にわかりましたね。
三木×鳥海ですか。
むふふふ…。

巻末フリト。
巻末とはいうものの巻末に入りきらずに特典フリトに入ってるんですが。
メンバーはてらしー、たっつん、高橋さん水島さん、代永くん。
「次作でお会いしましょう」な高橋さん。
あとはヨナガーの話で盛り上がる。
カーディガンの上にベスト着るってどんな格好なんだ!?
非常に気になりました。
特典フリト。
てらしーとたっつんのみ。
散々名乗った後なのでとこのトラックでの名乗りはナシ。
「僕と彼でお送りします」みたいな。
結局、たっつんは「拓篤」って呼んでたから相手がてらしーだとわかりますが、てらしーはたっつんのこと呼ばなかったので誰だかわかんないまんま?
(っていうか、特典フリトまでわざわざ聞いてる時点で声ヲタだったりだろうし名乗りの心配は無用か)
結構マジメな話だったかな。
声のために気を使っていることとか、自分が作ってみたいアニメーション、洋服の話とか。
あと、電球の話とかして最後は家電からオーディオの話になったのか。
大川さんがオーディオ系に詳しいらしい(笑)

2

面白かった~

二枚組の長さをまったく感じませんでした。
この言葉、崎谷はるひ作品をレビューするたびに書いてる気がしますが、本当にそうなんですよ。崎谷はるひマジックってやつでしょうか。私は崎谷はるひさんの作られる物語が手放しで好きってほうじゃなく、むしろモニョモニョする部分があったりするんですが、それでも短く感じる。なんだかんだいって、引き込む力があるんですよねぇ。中には、60分でもものすごく長く感じる作品もあるというのに。本当に凄いなと思います。

で、この作品ですが、かなり好きです。
攻めも受けもどっちも、イイ感じに賢くて、同時にイイ感じにウザくて好き。
処女だと信じこんでしまった相手に「や、じつは…」と言えないキモチとか、やけにリアルを感じました。
攻めの鈴木たっつんがキャラに合ってたなァ。この手の短気さを持つ攻めってBLの攻め様にはめったにいないキャラだけど、結構萌えポイントでした。受けで評価されることが多いけど、私は攻めてるたっつんのほうが断然好きです。がっつき方が好き。
もちろん寺島さんも良かったです。

悪役を一人だけにして、残りのキャラ全員を魅力的に描いたのも、潔くて良かったですね。こ続きの悪役が、笑っちゃうほどのザ・悪役で、救いを与えなかったところも好きです。こういうやつには安易に改心されたくないよ。

あとネット世界の描き方にちゃんとリアリティがあっのも嬉しいです。
最近『誰も守ってくれない』という、リアリティ皆無のネット世界を描いたひどい映画を見てゲンナリしたもんで、余計にそう思いました。

…話がズレました。
本当に面白かったので、続編もぜひ出してほしいです。

1

大ボリューム!!

長いなーと思いながらも一気にゆるーーーっとするーーーーっと
きゅーーーーーんっと聞けましたw
やっぱり2枚組といってもあっという間だなぁ^^

たっつんキャラにものすごく合ってました!!
直球キャラがあってますな\(゜ロ\)(/ロ゜)/!
そしてまたたっつんの魅力にハマってしまいますw

てらしーはしずるの考えすぎなところとか、
表情でキレているっていうところの演技がよかったです!
本当にこの二人はこの作品において適役だと思いました。
脇役の方々もとっても良かった!!
いつもチラッと出てくる高橋さんが好きですー
今度は高橋さんと代永くんですか!
それを考えてのキャスティングらしいですし、
キャスティング最高なCDですw

フリトは代永くんのいじられようが・・・w
どんだけいじられるんでしょうか!笑ってしまいましたww
それにかわって、たっつんとてらしーの二人だけのフリトは皆のときとは違って
ほのぼの~
BGMからほのぼので、二人とも仲良しそうな感じでよかったです♪

1

このシリーズ、全部CD化するのかな

シリーズ第1作、オキムラ・シヅル編。
原作読んだのが結構前だから、原作の細かいところは覚えていないけど、それでも、CD化するのにあたって原作をオキムラとシヅルの本筋ストーリーに結構絞ったみたいで、随分お話がわかりやすくなっている。

(以下、たっつん=鈴木さん、てらしー=寺島さんで)
たっつんのオキムラは、悪態ついたり切れたりと、たっつんの面目躍如って感じ。
てらしーは、、、
実はてらしーのBLってあんまり記憶になくて、でも、このシヅルの役は、テラシーの声質にあっていたと思う。
これ、うっかり、特典トークCD付きのメーカー予約しそびれちゃった。
たっつんとてらしーのトークだったら聞きたかった、ちゃんと予約して買えば良かった。 

今後、この作品、シリーズでCD出るとしたら、次は代永君と高橋さんで、栢野・相馬編でしょ。
高橋さんと代永君なら作品的にはいい物になるだろうけど、話そのものがきつかったから、たとえリリースされたとしても買うのはちょっと迷うなぁ。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ