CHERRY

CHERRY
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×27
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
71
評価数
19件
平均
3.9 / 5
神率
36.8%
著者
イラスト
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
海津賢
脚本
佐々美沙
原画・イラスト
木下けい子
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
新書館〈CD〉
収録時間
68 分
枚数
1 枚
ふろく
【初回特典】書き下ろしプチ文庫
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

大学生の直希はわがままクールな王子様キャラ。
家柄・容姿・成績と非の打ち所がなく、女子からはモテまくりだ。
そんな直希には秘密がある。実はいまだに童貞なのだ。
ひそかに脱童貞すべく焦っていたある日、直希は准教授の阿倍と知り合った。
大人の余裕と魅力をあわせ持つ男に秘密を知られてしまう直希。
だが、いつしか阿倍の研究室に出入りするようになり……?
たくらみ攻×ツンデレ受のキュンラブ・コメディ

表題作 cherry

阿部壮介 → 前野智昭

岩佐直希 → 鈴木達央

その他キャラ
安田康太[松本忍]/ 桜井莉子[羽飼まり]/ 大島南[嶋村侑]/ 板橋[倉富亮]/ 島村[吉本泰洋]

評価・レビューする

レビュー投稿数8

可愛すぎるツンデレ

原作既読。
内容はなんだか随分と端折ってるなぁ……という印象です。
ですが、さらっとライトに聴ける仕上がりになっているので、寝る前の締めに丁度良かった。

鈴木さん演じる、童貞コンプレックスのクール王子様、直希のキャラが凄く可愛らしかったです。
原作ではCDの倍くらい性格が悪くて生意気な感じなのですが、鈴木さんの声になると、ちょっと生意気なツンになっていて微笑ましかった。
阿倍先生を演じる前野さんも、イメージとは少し異なりましたが聴いてるうちに慣れました。
年上の包容力でもって、生意気な直希を上手に転がす様子にニヤニヤ。

傍若無人でワガママで、好き勝手な態度で相手を振り回しながらも、じわじわと先生の術中に嵌っていく直希の焦りがとても上手に表現されています。
先生のことを好きだと自覚した時の戸惑いなども、ツンデレらしく懊悩し、なかなか懐かない猫のようで可愛らしい。
素直に振る舞いたいのに、つっけんどんな態度をとってしまい先生を怒らせてみたり、本当は寂しいのに強がってみせたり。
非常に面倒くさい性格なのですが、年上の先生からするとたまらなく直希が可愛いのがよく伝わ続きってきます。

素直になれないばかりに強がってしまう直希が、中々会えない先生に焦れて会いに行く口実をごちゃごちゃと考えを廻らせたりするのですが、基本がアホの子なので色々とだだ漏れ状態。
そんな直希が愛しくてたまらず、甘い甘い言葉を掛けながら籠絡していく先生の優しい声のトーンがたまりません。
童貞でプライドの高い直希のはじめてのために、先生は素敵な旅館を取り、緊張を和らげるために桃で餌付けし……。
ようやくたどり着いた初エッチは萌え死ぬかと思った!
普段はツンなのに、ベッドではぐずぐずになっていく受が大好物です。
ごちそうさまでした。

0

「せんせえがわるいんだ!」に萌え殺されます

直希(受け)は原作では、もっと言葉も強めで見栄っ張りで、
性格が悪かったと思ったのですが、CDでは可愛かったですねぇ。

それに、ある意味陰湿?な心の声も、鈴木さんの声で再現されると
“無理して突っ張っている”程度にしか思えず、
むしろCHERRY君の頑張ってる感が、とっても微笑ましく感じました。

壮介(攻め)の前野さんは、准教授らしい、
落ち着いた低めのトーンでとても大人っぽかったですね。
(前野さんのここまでの低音ボイス、初めて聴いたかも)
鈴木さんの可愛めの声とのコントラストが良かった!

アノ場面では、鈴木さんの「バカ、バカバカバカ!」の4連発が可愛い!
あんなにクールにカッコ付けてたのに、いきなり台無しで不憫でした(笑)

「やめろよ!」から、ベソベソ泣き声で「やめてよ…」に台詞が変わり
ろれつも回らない半泣き状態で「せんせえがわるいんだ!」
「だってあいたか、あいたかったから…!」なんてめちゃくちゃ可愛くて、
続く「可愛いね」のタイミングの良い台詞は、私の心の声でもありました(笑)

原作で物議をかもした(?)ウン○の台詞もシッカリ続き入っていて
ちょっと得した気分になりました。(え、得?)

原作が大好きだったので、
音での直希のキャラクター表現については正直不安がありました。
ですが、キャスティングもCD自体の出来も良く、
さらに(おそらく)直希の台詞や演技に配慮が加えられ、とても嬉しく聴けた1枚です。

神でも良いかなと思ったのですが、私の大好きな二人で桃を食べるシーンの
桃の水っぽさや、ナマっぽい音がちょっと足りない気がしたので、萌×2で。

3

原作好きなので堪らない♡

周りからはクールで完璧な王子様と思われている大学生(受け)が、
実は童貞でお子様でおっちょこちょいのお間抜けさんで、
そんな彼が14歳年上の大学の准教授に初めての恋をして、
わがまま言いまくりながらも翻弄されて…

そんな原作をかなり楽しく読んだので、音声化されて、
鈴木さんがめちゃめちゃ可愛くその受けを演じてくださって、
かなり堪らなかったです~~♡
こういうちょっと難のある役(今回はわがまま&毒舌っぷりがすごい)を、
すごく活き活きと、でもちゃ~んと愛らしく演じてくれて、
最後のエッチのぐずぐず具合も素敵で、いやぁ~ほんとイイ!好きです~!!
鈴木さんじゃなかったら、
こんなにキュンキュンこなかったかも、かなりのハマり役だと思いました♪
なんてことないセリフなのに、うわ、可愛すぎる!と思ったりするのですよね~
准教授の攻めにさらりとゲイをカミングアウトされて、
あまりに軽い口調だったため一瞬何のことか分からない受けが心の中で呟く、
「ゲイ? ゲイってなんだっけ?」のセリフはかなりお気に入り☆


このCDの脚本は、
原作よりも受けの性格の悪さ続きが全面に出すぎないよう工夫されているみたいです。
久しぶりに原作を読み返してみましたら、
ああこんなにヒドイことも言ったり考えたりもしてたのねーと思いましたものw
スムーズに話を進ませるために、
ちょこちょこと原作と違うところもありますが、
詰め込み過ぎずにちゃんとBGMやSEを効かせてゆったりとしたペースで進む感じは、
かなり好みでした~
(新書館のCDはBGMが小さく設定されている?と思うことが多々あるのですが、
 これはそういう感じがしなくてよかったです)
でも欲を言えば、
まだ時間に余裕があるので、告白の前にキーホルダーを返してもらって~のくだりとか、
もうちょっと収録してくれたら嬉しかったな…というところもあり、です。

あと、前野さん~
受けのわがまま王子のことが、可愛くて可愛くて~という気持ちが溢れてて素敵でした☆
原作を読んだだけよりも、
前野さんが演じて下さることで、攻めの大人の余裕がハッキリ感じられてよかったです!
すべてにおいて受けより上手で、
そんな攻めに翻弄されることで今後わがまま王子が、
ちゃんと大人に成長してくれるといいな~~と希望を持ちましたw
(まだ20歳でしかも初めての恋なので、これから色々学んで…と勝手に未来に望みを…)


欲を言えば…なところもありますが、
キャラのハマり具合が最高で、BGMもSEもテンポもかなり好みで、
何度聴いてもキュンも笑いもあって、これから何度も聴くだろうな~と思うので、
わたしにとっての大事な神CDです☆
買ってよかった~~

5

聴いててしんどかった…

原作既読ですが、その時も思った前半の直希の可愛げの無さが
ずっと尾を引いてしまって…(泣)
ツンデレと言われるわりには
ツンともデレとも思えなかったのです;;
言葉使いがキツいし行動もただの嫌なヤツ、みたいな…。
阿倍を好きだと思うのも早急な気がしてしまいました。
(これは原作を多少端折ったせいかもしれません)
でもHでは素直になるのっていいかも(いいのか!それがデレか!!)

鈴木さんはいつも役になりきっていて素晴らしいのですが
それ故すっごく嫌な男に聴こえて…;
原作はそんな好きじゃなくてもCDでは萌えられる事もあるのに!
言葉のチョイスのせい?
かなり俺様な『透過性恋愛装置』の
北嶋の傍若無人っぷりはあまり嫌いじゃなかったのになぁ…。
あれは原作も好きだから欲目かな??

前野さん、「えっ、これ本当に前野さんなの!!??」って言うくらい
別人(?)で驚いたー!!
そういう意味では芸達者なんでしょうけれど、
こもったような感じが私的に好みじゃなかったです(泣)
大人の余裕を感じさせている、という面でならGJかも……。
低音でも、こうい続きうタイプのは初めてで新鮮さはありました。
すげーな、声優さん…。
しかし前野さんは素でトークしているのが一番好きかもしれない罠ww
更に年下攻めの方が前野さんに合ってる気がするのは
もしかしたら私だけかもしれませんが☆


いやぁぁぁっ!“う○こ”は言わないでー!!!
BLCDで言っちゃっていいの!?コレ!!!
“PEACHの隠語的文学表現”は良かったけれども、
ちょ、ズバリ言いすぎてまたびっくり。
原作でそうなら仕方ないですけども
手放しちゃってるので確認できず。
カッコいい子が言うならギャップがあるとか
そういう狙いなのでしょうか…。

あと、女性キャラがまた聴きづらいというか。
そもそも好感を持つ必要性がそんなにないのかもしれませんが…。


とりあえず鈴木さんの演技はいつものように素晴らしかった。
原作もこのCDもお好きな方もいらっしゃるのに
言い過ぎてすみませんでした;;

3

東雲月虹

江名さん!!wこんにちは!
わざわざご丁寧にありがとうございます!!
まさかこんなに細かく教えていただけるとは思わなかったので
つい吹き出してしまいました!すみません!

ああー、改めてみると、リアルな印象をうけますね!
BLでダメって程ではないんですが、
出来たら「何かはさまってる」くらいでいてくれたら
ソフトで良かったと私は思ってしまったので;

レビュー読ませていただきましたら、
江名さんは神評価なのに本当に申し訳ないです!!
ワガママ王子の成長を見守るという概念が私には無かったので
我ながら心が狭いなぁと反省しましたww

コメントいただきまして、ありがとうございました!!

江名

月虹さん、こんにちは~

ウンコのことをお知らせに参りましたw
ちょうど本を開いてわたしもレビューを書いていたところだったので。
(コメント欄だから伏字はやめてしまします~)

ウンコのくだりのセリフは、ほぼ全部原作のまんまですよ~☆
伏字もナシです。

初エッチ後の朝、
受「まだケツにウンコがはさまってるような感じがする」
攻「色っぽい起きぬけ(の)顔で、なんてこと言うんだよ。僕はウンコか」
受「そんなようなもんだろう」
攻「失礼だな。そのウンコに(あんなに)啼かされてたくせに」
※()の中はCDでは言っていませんでした☆

BLでウンコはダメですか~
わたしは可笑しくて結構好きでした(^▽^;)

受けに イライラ

ダメだった~。
受け(鈴木さん)が ウジウジっ子だったもので。
ずーーーーーーーーっとイライラしてました。
あんまりにも残念な男子だったんですよっ!
高飛車でわがままで自分勝手で。
話の展開ものんびり進むため イライラが倍増!!
原作小説にもイライラしたが CDの声付きだと
もっとイライラしました。
ナゼなんでしょう?
中途半端にこの話が終わっちゃうからなのです。
シメが甘かったように感じました。
鈴木さんは うまいですよ~。役が悪かったです。

2

こういう攻好きだ。

このお話結構好きです。
たくらみ系攻×ツンデレ受。
岩佐はモテるけどあくまで観賞用的な感じで恋愛はなかなかうまくいかない。
そんな岩さが阿倍と出会って気がついたら好きになってて。
肉体的な童貞もだけど、恋愛面でも童貞だったんだと思う。
初めてのちゃんとした恋に気付いてからはあたふた。
でも、うまくそれを伝えられなくてとんがった言い方になって怒らせて慌てて。
その内心のあたふたしてる感じが非常にかわいかったです。
後半の付き合いだしてからも、阿倍のそっけない態度に自分に自信を持てずにうじうじするというか淋しくなっちゃう感じとか。
最後のえちではかわいく乱れてて、たっつん(鈴木くん)ステキでしたv
一方の阿倍。
大人で落ち着いててゲイ。
岩佐よりは一枚上手な印象がありつつも、どこか思うほどたくらんでないというか。
岩佐が誘うシーンとかのやりとりは駆け引きの言葉なのかと思ったんだけども、本気でちょっと大人げない言葉を吐いちゃったみたいなことを言ってたりしたので。
まあ、最初から狙ってたという時点では完全にたくらみ系ということになるのでしょうが。

タイトルの付続きけ方も非常にうまく感じました。
「CHERRY」もそうですし、書き下ろしで「PEACH」というお話が入っているのですが、どちらもフルーツの名前でありながら別の意味を持ってるんですよね。
阿倍がPEACHについて語るシーンがあるのですが、なるほどと思ってしまいました。
そして、それは最後のオチ(?)に続くのですね。
この2人のこの先もちょっと見てみたいと思いました。

2

ツンにも程があるわ!!!!

原作でも思ったんですが、阿部先生[攻]って海の様に広い心の持ち主ですな!!もしくは単にツンデレ好きなのか、そのどっちかじゃないとこんなめんどくさい直希[受]を理解して受け止めてやれないと思う。

ともかく直希の性格がぶっちゃけ悪いんですよ、勉強とかで影で努力してる所をみせないという所とかは良いんだけど、本音と違って自分で分かってるのに暴言吐いちゃう所はそうとう性格悪い。
ツンデレといえばそうなんだけどツンにも程があるわーーー!!!!!
っていうか美形ならいいのか!何をしても許されるのかああああ!!

しかしこれが音声の魅力というものか!
原作であああああもうこの受の背中を蹴り倒したいとさえ思っていた直希ですが、鈴木さんの声で演じられるとその憎たらしさがちょっぴり可愛いじゃないか~と思えてくるから不思議!
また阿部教授の前野さんがホントに最初から最後まで優しい年上男性っぷりでもう直希を甘やかす甘やかす!
きっと直希みたいなのがタイプなんだろうなとしか思えない程の甘やかしっぷり。
途中で直希のツンデレもちょっとは可愛く思えてきたかな?でもやっぱツンデレも行き過ぎると可愛続きくないと思う。
でも前野さんの甘やかしっぷりは聞いてて直希羨ましいぞって位に心地良いものでした。
話としてはこれはこれで有りだと思います。

ただやはりツンデレ過ぎて可愛くはないと思う、でもまあそこもひっくるめて阿部は好きなんでしょうから結果オーライなのだな。

最後のウ●コの会話はまさか出てくると思って無かったのでちょっとぷっってなりました。

3

なんだこの受け(怒)

評価難しいな。
原作は好かんかったです。
でもCD化されて、原作のイヤな部分が減少し、たっつんの声パワーで受けのかわいさ度がアップしてました。

受けの言動についてですが、あまりにも「イケメンだから許される」ってのが多すぎるんだよね。
限度をこえたひどい発言をしても、友達には愛されてる。私ならこの受けの友達にはなりたくないっす。いくら内心で悩んでようが、可愛い部分があろうが、あそこまでヒドイことを言う人間なんてシネと思うよ。このあたり、主人公補正が強すぎてついてけませんでした。

冒頭もさ、受けが元カノに「ブス相手だと勃たない」という発言したという話を、女友達が「ひどーい」とキャイキャイ楽しそうに話題にしてたけど、よーく考えてほしい。

そんな話題、異性の友達同士でネタにする?
あんなふうに楽しそうに話題にできる…?

同性の友達同士で話のネタにするならまだ分かるんだけどさー。
少なくとも私なら、その場にいることすら耐え難い話題。どんなDQN友達だよ。
もし私が友人なら、こんなこと言う男に対して本気で怒るよ。
つーかリアルに怒ったこと何度もあるよ。謝らないなら軽蔑するし、二度と友人付き続き合いしない。

すいません、なんか熱くなりました(笑)

でも、ストーリーのなかでちゃんとしっぺ返しをくらって本気で反省して成長する場面があるならいいんだけど、無いんだよね。
まあ、微妙にあるといえばあるんだけど…なんかぬるい。これじゃ、主人公を甘やかしてるだけじゃないかなァと。ありのままのワガママさを貫いてると、周りが勝手に「でも実はいい人だし」「可愛いところがあるし」と思ってくれて愛されて。なんか都合よすぎないかな。本人の努力は?成長は?

なんだろな。
「計算高い腹黒キャラ」とか、たとえ同じ発言をしたとしても「相手をわざと深く傷つけるつもりで言うキャラ」とかは好きなんですけどね。
たいして悪気なく言う天然は、むしろタチが悪いよ。

繰り返しますが、CDのデキは悪くないです。
たっつんの演技も前野さんの演技も素晴らしくて、原作ほど不快感はありませんでした。
でもなァ…

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ