秋霖高校第二寮 リターンズ 3

shuurinkoukou dainisho

秋霖高校第二寮 リターンズ 3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神17
  • 萌×20
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
100
評価数
22件
平均
4.5 / 5
神率
77.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784403522574

あらすじ

高校生作家の波多野と聡、紆余曲折の付き合いを続けて第二寮2年目の夏休み、初めてのデート・・・!?
超人気シリーズ、ひとまずの最終巻!
(出版社より)

表題作秋霖高校第二寮 リターンズ 3

波多野帝・高校生の人気作家
奥村聡・高校生

その他の収録作品

  • 神のみぞ知る
  • SOMEDAY

評価・レビューする

レビュー投稿数5

未来の話

ほのぼのコメディでしたが、その中にちょっとせつなさもある作品。
でもとても暖かい作品です。

リターンズになってから甘々になってる分、若干シリアス度も上がっている気がする最終巻。
前半は波多野の弟分が寮にやってきて、2人の関係を引っ掻き回していくというもの。その後なぜか聡が(無理やり)女装させられ1日波多野とデートするという展開に。
受けの女装、というのが実はニガテだったりするのですが、これは普通に悶えました。ナチュラルにとてもいいカップルに見えたからかな。
嫌味ながらもエスコートする波多野はかっこいいし、聡の性格が逆に女装して可愛く思えます。

後半は卒業後の事で聡が波多野と喧嘩をするお話。一応最終回らしきテーマになっています。この2人、一体いつまで些細な事ですれちがって喧嘩するんだろう…という感じです。聡はもうちょっとふてぶてしくなってもいいと思うのに、やっぱりそんな所がとても好きだとも思ってしまう。
友人にも波多野との関係をついに明かします。
最初はなんとなく好きになって…という感じでしたが、途中からこの先長い関係になるということを見透かした展開になってきて、続き「将来のことも考える」という事がなんだかこう、胸が締め付けられるような感じがして…。

波多野が誰が相手でも、やきもちをやくシーンがとても好きでした。
このシリーズと出てくるキャラクターがとてもとても好きです。

「この世は仮住まいだ」と言っていた波多野が自分の未来の話をしたこと。
これから未来はどうとでもなるんだと最後に感じさせてくれたこと。
片付いていないこともあるのかな、という感じですが、このシリーズ通しての全体評価で神評価を付けたいです!

2

もう、あまりに良すぎです♪

シリーズ通して本当に最高です☆
あまりに良すぎてわたしは静かに読んでいられませんでした、
読みながら身悶えちゃう!
エッチ度は低いけれど、そういうことじゃなくて
いや、そういうことでもあるけど(この巻はエッチ度がちょいパワーアップ♡)
でも、それだけじゃなくて
本当に聡も波多野も、他の登場人物もかわいくて愛おしくて堪らないのです!

聡は相変わらずで、6巻目にしても波多野に愛されていることに自信が持ちきれず
ぐるぐるぐるぐる…
エッチも何度かしたしね、赤面な甘い言葉もキスもいっぱい貰っているのにね。
でも、そんな聡がわたしはとてもすき。
悩むのは思考が純粋で(単純で?)、周りの人たちを大事にしたいという気持ちが
強いから。
そして、周りを高く評価するあまり、ちょっと自分に自信が持てずにいるからかな。
でも、そんな聡もちょっとずつ成長しているなぁと、この巻では感じました。

自尊心が足りない傾向にある人にはぜひ、聡に感情移入してこの本を読んでほしい。
そして、波多野に愛されている聡を見て心を溶かしてほしい。

なんで自分ばっかり!とか、こんなにやっ続きてるのに!とか、分かってくれない!とか
きっと誰もが時々感じるそんなことを
聡がぐるぐるしながら代弁しつつ、そのマイナス思考を反省してくれますよ。
そして、相手に必要とされる喜びと満足感と、
相手に愛されて得られる幸福感を教えてくれるのです。

かわいくて癒されるだけじゃない、素敵がい~っぱい詰まったシリーズでした♪

紹介していただけて、感謝&幸せ~♡

6

このシリーズ大好き!

久しぶりに出て嬉しかったです。
あいかわらずエッチは少ないし、予定調和なんだけど、なんでこんなにもえるの!?
これで終わりなのが淋しい。
正直このシリーズは、前の1~3よりリターンズのほうが絶対に面白いです。

0

とりあえずはシリーズ完結…?ww

通算6冊続いた秋霖高校第二寮も残念ながら今作で一応のシリーズ完結らしいです。
思えば、月村さんの作品でここまで続いたお話って唯一この秋霖シリーズだけなんですよね~。そう思うと、やっぱ終わってしまうのは何か寂しいような感慨深いものがあります。果たして今後『帰ってきた秋霖高校第二寮』←wwが書かれるのかどうかは「神(もしくは作者様)のみぞ知る」わけですが、ひとまずは長らくのシリーズ化終了お疲れ様でしたの一言に尽きますね^^

さて本題の内容はといいますと、最終巻らしく何か華々しい展開が待ち受けてるのかと思いきや、…相変わらずというか…最後の最後まで聡の女々しい思考回路がトラブルの発端となって波多野とのすれ違いを生み、周りの人達を巻き込んでのドタバタ劇があったのち一件落着というお決まりのパターンでございましたww
いやでも、今回は2人の仲をひっ掻き回す当て馬が登場したり、女装や手錠を使ったプレイ←?などネタだけはふんだんに盛り込まれていて、月村さん今回は頑張ったんだなぁって印象はスゴく感じました^^
お色気シーンも比較的多かったような気がするし?ww

とりあえず彼らは前巻で一線を超え心身共続きに恋人同士になった訳なんですが、Hしてようがしてなかろうが根本的に2人のスタンスは1巻の頃から何も変わってないんですよね。恋人になったからといって人の性格がそう簡単に変われるはずもなく、言葉足らずで解りにくい(でもある意味直球な)波多野の愛情表現を聡が可笑しな方向に勘違いして同じようなすれ違いを何度も何度も繰り返してるww
いい加減、学習しろよ!?とツッコミたくなる時も度々ありましたが、でもこの2人はずっとこのままでいいんだと思います^^
未来永劫、何とやらは犬も食わないを続けていくんだろうなとww
シリーズは今回で終了しましたが、そんな2人の未来予想図をそれぞれが頭の中で妄想するのも1つの楽しみ方なのかもしれませんね^^最後の短編「someday」のようにww

ただ今回シリーズが終わって私が1番残念なのは、もう波多野の俺様っぷりが拝めないこと!彼は月村作品の中でも1・2位を争うくらいのド真ん中攻めキャラだったので、もう読めないと思うとホントにホントに残念です~っ(>_<)

いつか彼を超えるような萌えキャラ登場のお話を期待して、次回作も楽しみに待ちたいですね!

2

ネタバレ有

あいかわらずの内容でした。
主人公の受けは、後ろ向きのマイナス思考でウジウジ、グルグル、さらに傲慢なオレ様攻めは言葉が足りず、そのボタンのかけちがいを笑いながら、ちょっとしんみりしたり、ほろりとしたりするところがいいのかも。

でも、エッチに入ると、さらりと時間が経ってしまうところも、これはこれでありかもな、と思いました。

あとがきで、この作品で月村さんを見放す読者がいたとかなんとかありましたが、チェリーのような作品のほうがついていけなかったので、こちらの作品の中の悪のり?程度だったら、なんとか平気です。
チェリーのほうが一事が万事、悪のりというかんじで、つぼがあえばおもしろいんでしょうが、わたしは無理でした。

ラストの短編が、一気に時間軸が飛んで、ええええ? と戸惑いましたが、途中で夢オチだとわかりました。まあ、こういうのもありかもしれません。でも、攻めの卒業ぐらいまでは書いてほしかったかな? もうちょっと続いてもいいくらいだし。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ