拙い指きり

拙い指きり
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
4件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784592876441

あらすじ

過去のトラウマから、笑うこともできず人と接することを避けてきた大学生の遊。ある日、バイト先で客にからまれているところを助けてくれた優しげな男性・赤木に心をときめかせてしまうが……。
(出版社より)

表題作拙い指きり

会社部長 赤木圭一(30歳代)
バイト掛け持ちする苦学生 松苗遊

その他の収録作品

  • ずるい大人のやさしい指きり
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

拙いお話

作者さんの初単行本だそうです。
小さい頃に両親は離婚、小さな工場を経営する父親と2人暮らしは、とても幸せだったが、中学生のある日ある事で父親が自殺。
天涯孤独の身となった主人公・遊は、高校からずっと一人暮らしで、もう誰も愛さない、愛されるに値しない自分と思い、父の遺言を守りバイトしながら大学に通う男子。
ある時、酔客にからまれたところを助けてくれた男性・赤木と知り合い互いに惹かれていくが、どうしても遊には告げることのできないトラウマが・・

全部読み終わって、題名ではないが拙い話だなーとおもってしまった(すみません!)
ストーリーは王道だと思う。
過去にとらわれ真っ直ぐ恋することができない主人公。
何があっても、いかなるときも、どんな時を主人公を愛する攻め様。
歳の差というのがあるのかもしれないが、ある程度の社会的地位と恵まれていそうな家の環境があるからかもしれないが、ここまで問題のない攻めの立場やら姿が、かえってそらぞらしく感じてしまったのが原因か?
主人公のトラウマの原因が、また攻め様の会社の問題社員であって、という設定も、物語が上手く進む要因。
赤木の家族も続き、何故か手放しに2人を応援していて愛している風で、何もかもが追い風となって主人公を後押ししている。
そういう意味で、トラップというか仕掛けが薄く、きれいすぎて”拙い”と思ってしまったのかもしれないです。

きれいな話はいいのだが単純すぎて何かもう一つスパイスが欲しいような・・・
麻生さんのイラストに、とっても惹かれたので、きっとすごくいい話なのかも?(結構トラウマ系かも?と)と、期待してしまったのが間違いだったかもしれない。
悪くはないんですよ、、素直な話で、甘くて、、
でも、自分にはもうひと癖欲しかった、というところです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ