せつなさを微笑みにかえて

せつなさを微笑みにかえて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
3件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
ラピス文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784829651506

あらすじ

営業成績が地の底をはっている入社二年目の磯島渉は、気分転換に行った合コンで女にモテる超美形、柏崎にナンパされる。一週間後、部長に呼びだされた磯島は本社のエリートとしての柏崎に再会、コンビを組むことになってしまった。しかも柏崎ととんでもない契約を結ぶハメになる。ノルマをサポートするかわり、恋人になれというのだ。
「カッ――! このクソガキッ! 変態か!? お前はッ」

表題作せつなさを微笑みにかえて

柏崎直人/25歳/磯島の仕事のパートナー
磯島渉/26歳/営業マン

評価・レビューする

レビュー投稿数2

可愛い歳下作品

歳下・執着攻めのスタンダードな作品。
読みはじめは歳下ものによくあるお話だと思ったのですが、読んでいるうちにハイスペックで仕事の出来る柏崎の本音がボロボロ見えてきて、何でもできると思っていたキャラが崩れていく様子、上手くいかない恋に焦る様子は恋愛ものとしてぐっとくるものがありました。
人はどうして自分以外の誰かを求めてしまうのか。
恋愛ものは難しいと作者さんが書かれてていたのに納得してしまいます。

磯島は成績の奮わない営業マンで、仕事の出来る年下の柏崎をパートナーとしてつけられます。
柏崎が磯島に力を貸す代わりに出した条件が「恋人になること」。
磯島はゲイでもないのにあっさりOKしてしまうのにはちょっと疑問に思うのですが、体を好きにされても本当に嫌なら拒否するだろうから、なんだかんだで柏崎に好感を持っているのがわかります。

二人は恋人のような距離まで近づくものの、柏崎は磯島を手放せなることを恐れ、磯島と距離をおきます。
その後、仕事の関係で二人の距離は物理的にも心理的にもどんどん離れていく・・・。

肝心のお話はここで終わり?というところで終わっています。シ続きリーズなのは分かっていましたが、何となく区切りのいいところで続くものだと勝手に思い込んでいたので、ここで終わるのはかなり焦れます。
続きを用意してから読めばよかった~と思いました。
えろシーンは割と多く、柏崎の敬語攻めはなかなか萌えるし、口の中を指で弄ぶシーンも直接的な行為より萌えました。

お仕事もの・年下敬語攻めが好きな方にはオススメだと思います。

1

キャラが良かった

シリーズの第一巻、リーマンものです。
キャラクターが良かったなァ。
デキはいいけど人間関係を築くのが下手くそな年下の上司(執着攻め)と、
デキは悪いけど人間関係を築くのが上手い年上の部下(ヤンチャ受け)と。
対照的なこの二人のキャラクターが好きで、気持ちよく読めました。
リーマンものに大切な要素、「ちゃんと仕事をしてる」っていう部分もバッチリでしたしw

攻めが自分自身に苛立つシーンで、何度も何度もキュンキュンしました。
受けのことが好きで好きでどうしようもなくて、殺したいほど好きで、ムキーッ!!みたいな。
実際こんな男に惚れられて執着されたらウザいですが、小説で読むとキュンキュンときめきが止まりませんね。

願わくば、出会いから最初のエッチに至るまでの部分を、もっとじっくり書いて欲しかったかなァ。
いきなり出来上がっちゃったもんで、ショートケーキのイチゴを誰かに横から取られた気分になってしまったw

ラスト、モヤモヤが残りました。
続きが読みたいです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ