月と野蛮人(通常版)

月と野蛮人(通常版)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
15
評価数
4件
平均
3.8 / 5
神率
25%
著者
 
媒体
コミック
出版社
心交社
シリーズ
Chocolat comics (ショコラコミックス・心交社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784778110499

あらすじ

ユリエルは砂漠に眠る『ロアディス』という遺跡の発掘に立ち会いたい一心で、シムア王国を従者のエルヴェとともに訪れた。しかし、トラブルに巻き込まれセルディア族の首長、アルド(アルドグラドゥル)に捕らえられてしまう。アルドに「気に入った」と言われ、そばにおかれるようになるユリエルだったが、ユリエルには国に帰らなくてはならない理由があり……。
砂漠に眠る運命のラブストーリー…。
(出版社より)

表題作月と野蛮人(通常版)

セルディラ族の首長 アルド(29)
ラファージ国王子 ユリエル(20)

その他の収録作品

  • あとがき
  • 月夜にくちづけ

評価・レビューする

レビュー投稿数2

アラブですがアラブってない?

王道か王道でないかというと微妙なところというか。
アラブ的王道よりはもう少しだけ紳士的な部分もあるような。
強引ではあるけれど、ちゃんと周りを見て相手の気持ちも考えて行動出来る攻・アルド。
なのでやっぱりアラブ的王道ではないのかな。
それよりはロマンスの王道っていう感じの展開。
ちゃんとお互いが惹かれていく部分が描かれていて、それでも自分の立場的な問題とかで離れ離れになったり、せつなくなったり。
単純なアラブものよりもしっかりした印象の物語でした(いわゆるテンプレ的アラブものとは違いましたしね)

印象的だったのは受・ユリエルがこれまで大切に育ててきてくれた従者・エルヴェに言った言葉。
アドルを、自分(ユリエル)を裏切っても、その従者だけは裏切らないという言葉がなんだか深い。
自分の気持ちよりもエルヴェの立場を身の安全を願うユリエルがただのかわいいだけの子じゃなくて芯の強いところがあっていいですね。

個人的にはそんなエルヴェとバディスがどうにかなればいいのに、と思うところ(笑)
どうにかなんないかしら?
って、限定版の小冊子に何かあるようですね。
読みて続きー!!

1

読んで見たかった…。

ショコラノベルズではお馴染みの、せらさんの初?コミックスをゲットしました。この方に砂漠モノの絵を描かせたら、絶対当たり的作品が多かったイメージのまま、今にいたり購入した次第です。
出会いがしらに砂漠の国の首長にさらわれて、お前が気に入ったと強引に迫られちゃう、王道パターンをまさにふみまくった作品なので読み易いし、主人公の心の葛藤とかもしっかり描かれていて、最終的に自分の想いをはっきりと、本人の目の前で、告白しちゃう場面は有りがちなシーンではあるけれど、必死になって告るシーンは感動的でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ