スウィートvライフ

sweet life

スウィートvライフ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×27
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
64
評価数
17件
平均
3.8 / 5
神率
23.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784862638786

あらすじ

お年頃の高校生、佑士は、無愛想だけどめちゃくちゃカッコイイ小説家の愁一郎と恋人同士vいつもラブラブしていたい佑士だけど、クールな愁一郎はエッチもキスもなかなかしてくれなくて!?
マガビーで大好評の歳の差ラブv
待望の単行本化&ラブラブ描き下ろしつき!
(出版社より)

表題作スウィートvライフ

葛原愁一郎(28),小説家,佑士の恋人
倉本佑士(17),高校生

その他の収録作品

  • スウィートvライフの豆v知識
  • 確立20%のスウィートvラヴァー
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

高校生の「男のロマン」

高校生の佑士(受け)と小説家の愁一郎(攻め)は恋人同士。佑士はイチャイチャしたいのに、仕事や仕事仲間の小説家、佑士兄が邪魔してなかなかできない。

佑士がイチャイチャしようと画策するけどいつも邪魔が入ってがっかりしている佑士が可愛い話した。
邪魔が入るせいで、エロ度は余り高くありません。

楽しかったのは、寮生たちの夜のダベり会です。佑士が、毎度仲間の語る「男のロマン」に憧れて実行しようとしては躊躇したり止められたり、それを聞いた愁一郎に呆れられるのを楽しく読みました。「男のロマン」もっと読みたかったです。

後、年の差を気にして(というか高校生であることを気にしてかな)常に理性的であろうとする愁一郎の言う20歳なった時の修羅場とはどんなものか気になります。読んでみたいです。

絵がとても綺麗なので好きな作家さんです。
都合で電子でしか買えないのですが、紙書籍で本棚に並べたい。

0

大人の考えていること

17歳と28歳の年の差カップルで大変可愛く楽しく読めました。

元々兄の友人という昔からのお付き合いという設定ですが、最初から恋人という位置でスタートするので、どういった経緯で付き合うことになったのか気になるところではあります。

私は歳の差があって、受けが学生の場合「大人の気遣い」が出来る攻めが大好きですが、愁一郎はちょっと大人すぎるんじゃないかと…。成績に口を出す、あまり手を出してこない…。
それが不安で佑士は友人に相談→遊ばれてるんじゃない?と言われいらない知識を盛り込まれる→愁一郎に叱られる、の繰り返し。非常にほのぼのした暖かい作品です。

愁一郎の「20歳になったら束縛」宣言が非常に良かったです。
全体に佑士が未成年だから…という愁一郎の葛藤が見える作品でした。
「一生を俺だけにする覚悟を決めたら来い」という愁一郎と「20年経っても愁一郎が好きだといえる」と言っている佑士の、お互い計りしれない同じ思いの強さが行き違っている感じがちょっともどかしい気がしました。

0

愁一郎の愛し方が…

終盤で愁一郎が佑士に「相手を選ぶ覚悟」について話をするのですが…そう長くもない台詞が、私にはとてもとても重苦しくて…それを想像しただけで心臓が何だかヒヤリとしました。

佑士が本当の意味でその言葉の重さを理解し受け止めきれたのか、いまは「やっと愁が俺だけのものになるんだ、嬉しい。」ともう少し浅い所で理解したに過ぎないのか、は、、、分かりませんが…。

こんなに重苦しい台詞は私にとっては初めてで、何だか「やられた感」が…。漫画でこんな感覚になることは滅多にないので、個人的にこの評価にしました。

0

そういう関係を何というのか

 高校生の佑士は、小説家の愁一郎と恋人同士です。小さい頃の佑士を愁一郎が面倒を見たのがきっかけだったのですが、なぜか二人が恋人同士に見えないから不思議です。

 寮生活でたまに外泊して佑士から会いに行く以外は、会わないのです。その上、愁一郎の小説家家業も忙しいせいか、素っ気ない気がずっとしていました。
 もう二人のこと見ていると恋人ではなく、兄弟のように思えてくるから不思議です。
 佑士は「お年頃」ということいろいろなことを考えているのですが、行動に移そうとする度に愁一郎に止められるのが面白かったです。

 年の差CPということで、愁一郎のほうが、考えていることも行動もずっと大人です。
 愁一郎のお嫁さんになりたいという佑士が、愁一郎に「そういう関係はヒモと言う。」とばっさり切り捨てられたのは笑ってしまいました。
 将来を真剣に考えるなら、決して簡単に踏み出さない愁一郎にぐっと来てしまいました。

 年の差CPのラブコメ、時に真剣な場面もありつつ、楽しく読める作品です。
 

0

美麗イラスト&年の差カプ萌

初見の作家さんでした。
表紙絵に劣らず、本文も1コマ1コマ丁寧に描かれています。
特に愁一郎の所作に惚れ惚れしてしまいましたv
とにかく、表紙買いしても損はしない作家さんだと思います。

ストーリーは、年の差カプ(しかも年上攻め)における醍醐味
(攻めのモラルと欲の間の葛藤や、普段攻めの気持ちが読めなくて悩む受けなどv)
がいい具合に盛り込まれていて、個人的には大満足でした!
ただ、序盤は佑士の若さ故の自分本位(?)な行動に、「いやいやそういうわけにはいかないんだよ^^;」と若干もやっとしてしまいましたが、高校生ってそんなもんだよな…って思える程度です(笑
それに後半は岐多島の余計な言葉のおかげで、佑士も成長し、愁一郎も考えを伝えるようになって、2人が向き合えるようになったので良かったです。

この2人のその後のラブラブな続編を(今作でも十分ラブラブですがw)是非読みたいです!
出来れば、佑士が20歳過ぎて抑えが効かなくなった愁一郎が起こす修羅場が見たいです…v


クールな年上攻めと、攻め大好きな受けという年の差カプ好きさんには是非おすすめします!

2

年の差ラブも良いですね♪

本来であれば、年の差でも年下攻めが好みですが
たまにこのような作品のように、
高校生が大人の余裕に翻弄されるお話もいいものです☆11歳差!
私にとっては新鮮w
でも、高校生なら学ランが良かったな…。ブレザーだとプチリーマンぽいし…。
(リーマン好きでも、プチは…w)

攻めの愁一郎は、円陣闇丸さんのお描きになるようなキリッとした男前さで、
受けの佑士は可愛いけど女の子っぽくなく、
結構さばさばしてて好感が持てました♪

わりと絡む回数はあるんだけど、
キレイすぎる絵柄のせいか、あまりエロさを感じませんでした。

なんだかんだで愁一郎が佑士をとても大事にしているのが微笑ましかったです。
そして佑士はそんなこと考えもせず、あれこれ頭を悩ませて…可愛い!

描き下ろしの『確率20%のスウィートラヴァー』は
酔った愁一郎が、いつもより強引に佑士を求めて、言葉責めして…!という展開。
そんな状態にドキドキして、くせになった佑士はまた酔わせたいのですが
実は、愁は泡盛にだけ酔う体質だと、こののちわかりますw
そういう事ってあるんですね!
佑士のお兄さんは続きそれを知っていましたが教えてくれなかったらしい…。
でも、ブラコンながら(?)色々と良い味出していたので楽しかったです☆

本当に綺麗なので、表紙で「お!?」って思った方には
そのままお手にとってレジへ進んでいただきたいですw


1

美麗イラスト…最高でした

ネタバレはしません。

個人的に、私はストーリーも重視しますが、何よりまず絵が綺麗かどうかを最重視します。
ので、高峰先生の描かれる絵は、とても丁寧で綺麗でお気に入りです。
そして攻がとてもかっこいいです^^
受は…まぁまぁかわいいというより…普通って感じです。

絵はとても気に入りました。
内容はどうかというと、内容も私にとって最高でした!
受が、周りの人に言われてことを真に受け、色々悩むのですが、その度、攻ときちんと話し合い、愛情を深めていく様子がしっかり描かれているように思えます。
Hシーンは少なめで、しっかり読める感じです。
ギャグ要素もあり、楽しく読めました。
私はこの漫画は良作だと思いますよ。
絵もストーリーも◎なので(^∀^)

この本には収録されていませんが、このお話の脇役キャラのスピンオフ作品も読みました。
16ページくらいの短いお話ですが、やはり少し笑える作品で、面白いですよ。

個人的な意見をずらずら書いてしまいましたが、私はこの作品を色んな方にオススメしたい程大好きです。

是非読んでみてください!

2

思ってたよりマトモな小説家だったww

あらすじだと小説家×高校生の年の差ラブとあったので、どんな変人小説家だ?←ただの偏見wwとワクワクしながら読み始めたのですが、読み終えてみたら攻めの小説家が一番の常識人でした(笑

高校生の佑士は歳の離れた兄の友人で小説家の愁一郎と恋人同士。どうゆう経緯で恋人になったのかは不明(←「色々あって」という明記しかない為)なので、既にデキ上がっている2人を中心に佑士の兄や愁一郎の小説家仲間・岐多島などのお邪魔ムシを交えたコメディベース(?)のストーリー展開となってます。
が!攻めである愁一郎がなかなかデレてくれないせいか、タイトルからイメージするようなイチャイチャ甘々なシーンは思ってたより少なかったかな?って印象ですね←Hの時ぐらい?ww
10歳年上の愁一郎は良くも悪くも大人の男でモラルを持った常識人。恋人であっても、まだ未成年である佑士との関係にキチンとけじめをつける為そう易々と甘やかしてはくれない。2人の年齢差を考えれば、若さで突っ走る佑士に対しての愁一郎の言動は誠実で最もだと理解出来るのですが……にしても、彼はちょ~っと頭固すぎなのでは!?wwしかも肝心な事は口にも顔にも滅多に出さない続きタイプなので私には少々分かりにくい難易度の高い攻めでした…(苦笑
正直、色んな表情を見せてくれた描き下ろしの彼の方に私は萌えれたかなww
佑士は今時の高校生らしく元気で一生懸命な所にとても好感が持てました!友人の入れ知恵すら真に受ける素直な性格に愁一郎もヤラれたんだなって感じですね^^

あと忘れてならないのが、常に2人の邪魔に入ってた小説家の岐多島と佑士の兄・圭士。特に兄ちゃんは今回出てきたキャラの中で一番キョーレツです!俺様で強引で敢えて空気読まないマイペース型wwぶっちゃけ私はこの中で彼が1番タイプかも(爆
ドクロの指輪のとこなんて、その前がちょっとシリアスだっただけにマジで腹筋崩壊しそうになっちゃいました!
兄ちゃん、ホントいい仕事してくれます。
もしかすると岐多島とどうにかなるのかな~なんてちょっと期待したんですが、それはなくて今は岐多島と新キャラのお話で続きを描かれてるみたいです^^
因みに岐多島受け臭プンプンですww

今回初読みの作家様でしたが、絵はとても丁寧で上手だと思いました。ただキャラの表情が乏しく(←特に愁一郎)何だか小説の挿し絵のような漫画を読んでる感覚が強くて、そこがちょこっと残念だったかな~

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ