叶わない、恋をしている

叶わない、恋をしている
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×210
  • 萌13
  • 中立4
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
11
得点
108
評価数
34件
平均
3.4 / 5
神率
14.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHYノベルス(シャイノベルス・大洋図書)
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784813012276

あらすじ

片岡志貴は、交通事故で他界した両親に代わり、三人の弟を育てている。大学を中退し、昼も夜も仕事に明け暮れる日々。そんな中、バイト先で知り合った神谷から、志貴はある話を持ちかけられる。それは、援助と引き換えに、神谷の亡くなった恋人・暁の身代わりとして神谷の傍にいることだった。恋をしてはいけない、寝てもいけない、それが暗黙のルール。分かっていたはずなのに、志貴にとって神谷といる時だけが心のやすらぎになっていく。だがある日、志貴と神谷は越えてはいけない一線を越えてしまい…。
(出版社より)

表題作叶わない、恋をしている

恋人を失くしたエリート商社マン 神谷直人・32歳
両親を亡くし弟3人を養う苦労人 片岡志貴・21歳

その他の収録作品

  • shine
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数11

叶ってほしい

3人の弟キャラにほかほかあったまる感じでした。

0

思い出深い小説

ただいま凪良先生の小説を読み返しをしていて、こちらは叶わない恋という題名に惹かれて購入しました。
凪良先生の小説をはじめて読んだのはこちらの小説だったと思います。はじめて読んだとき、感動して泣いたのを覚えています。
凪良先生の作品の特徴は、ストーリーが凝ってて、いつも感動して泣けるストーリーが多いという印象です。私は凪良先生のその作風が大好きで、ちょっと泣きたいなぁ…と思ったとき、必ず凪良先生の小説を読んでます。そして毎回泣いてます…(笑)
どの作品も大好きですが、はじめて読んだ小説ということで、思い出深いです。
さて、内容ですがあらすじはみなさん書いてますので、割愛。
印象に残ったことは攻め様がちょっと酷い…
最初に読んだときそう思いましたが、改めて読み直してもやっぱりそう思います。
しかし、そんな酷い攻め様にフラれ(?)ようともめげずに攻め様のために調教(?)する姿はかっこよかったです。(あれは調教…ですよね?)最初は自分の家なのにお茶っ葉がある場所さえわからなかったのに、今では料理や掃除までするのですから!
攻め様を思い、頑張る健気な受け様…素敵でした。
終始、続き攻め様や家族のために頑張る受け様に心を打たれ、攻め様にはいい加減にしろよーと文句を言いたくなりましたが、攻め様の事情も事情ですので、仕方ないんですかね?
やっぱり、死んだ人には敵わないのかなぁと。
しかし、最後は無事ハッピーエンドに終わってよかったです!受け様の努力が実りましたね〜!

0

人は誰でも幸せになることが出来る

書店で目に留まりタイトルに惹かれたので購入。
ストーリーや流れもとてもいいと思うのですが、個人的に攻に好感が持てず少々残念感が否めませんでした。

大学生の志貴は両親が事故死した為大学を辞め仕事を掛け持ちしながら弟たち3人を育てていた。バイト先で出会った神谷から援助する代わりにと条件を出されて付き合うようになる。
神谷の元恋人の面影がある志貴は身代わりだ。恋もセックスもなしの付き合い。
神谷のスタイリッシュなところに惹かれて恋心が募りだんだんとこの付き合いがつらくなってしまった志貴。神谷もまた志貴との付き合いで何かが変わっていくような気がしてそれを恐れていた。

神谷の亡き元恋人への心情も理解できないことはないのですが、実は結婚していて子供がいたりといろんな問題を抱えていて、神谷は自分の感情ばかりが優先で志貴の実情を知らずともとても冷たい人だと感じてしまいどうしても神谷を好きになれませんでした。
神谷の病んでしまった心の再生物語なんでしょうけれど、こんな神谷に対して志貴があまりにも健気過ぎて、かわいそうと思ってしまいました。

志貴が神谷を助けるため、諦めるために1続きか月間の押しかけ同居をするところはそうくるか!と。そこで自分が全部神の谷面倒見るのではなくて元々セレブで何も出来ない神谷にわざわざ家事等をやらせるところがとてもいいです。

最後は神谷が志貴の状況や想いを知って寄り添おうとして、かなりあまあまに。志貴良かったねと。で、弟たちに甘くて志貴に怒られるとか微笑ましいです。
弟たちも含めて幸せにするという意気込みが見えました。めでたしめでたし。

※本当は文庫版のレビューだったのですが、間違ってこちらにレビューしてしまいました!
気付くのが遅くて、すみません。
押してくださった方、読んでくださった方すみませんでした。
文庫版とどの程度違いがあるのかわかりませんが、同じレビューになってしまうので、こちらをこのままにいたします。

3

叶わない

叶わないって言うより、
生きている限りは、どうしたって絶対、
死んでしまった人には敵わないって話だよね。

弱くて狡い大人を好きになっちゃった、長男くんのお話。
両親をいっぺんになくして、弟3人抱えて、生活するのも大変。
その上辛い恋まで背負い込んで、それでもがんばり過ぎちゃう長男気質。
そんな彼が、更に、愛の力で、壊れかけの大人まで治しちゃうんだ。
なんて、健気なんだ。

子供が頑張る話って、かなわないよなぁ。

1

叶わない恋、叶う恋

悪いとは言わない。
途中読んでいく過程の切なさ、攻の優しい部分。
恋の駆け引き。読んでいていいなと思えるシーンは多々ありました。
自分に似ているという死んだ恋人の影を求める攻。
取引と分かっていても、攻に惹かれ、渡される紙幣に胸を炒める受。
二人の気持ちは重なることはないのか・・・・
そんなストーリーの中の最後結末。
個人的にですな。「おれは好きにならないぞ」と言った攻の言葉に傷つきながらもそばにいる受が切なくて、健気で好きだった。

のだけれど
のだけれどだよ!

全体的に、攻の足ものがグラグラしすぎていて、受も揺れているので
なんだか軸がしっかりしない印象を受ける作品でした。
安定感に乏しいといいますか・・・なんと表現したらいいのだろう。
昔の恋人を想って一途な攻、紳士な態度な前半。
けれど、本当はダメダメで、なんとも頼りない。
恋人を失ったことで・・・な精神病~のくだりもなんだかなぁ。。と思ってしまった。
設定、途中の萌えはあったものの、もうひとつ何か・・と思ってしまう作品でした。

1

次男GJ

胸の痛くなる作品でした。
ここまで悲惨ではないけど、主人公に昔の自分とかぶる部分があってさ。
当時軽く病んだ身としては、この受けの「ここまでできる強さ」が羨ましく、同時に美しすぎるおとぎ話のようにも思えました。けしてリアリティが欠落してるというわけじゃないんだけど、あともう一歩踏み込んで「善良な主人公が、追いつめられて汚さを露呈する姿」を読みたかったなとも思えました。てかそれを期待してしまったんだよね。根っこの善良な私もそうなったから(笑)
中盤で攻めにフラれる場面があるんだけど、そこにあったのが失恋の痛みだけというのが非常に残念。その感情の中に「楽にお金を得る手段がなくなったことを惜しむ気持ち」が混ざっててくれてたらなと。そして自己嫌悪してくれてたら最高だったのになと。
ただ凪良ゆうさんの実力を考えると、「そこまでは描かないこと」を選択したんだろうなァと思います。BLだし。でも個人的には描いて欲しかったです。

対する攻めは最初は王子様のようです。
でもその姿は虚像で、メッキがどんどん剥がれ落ちていく。なのに、最後はなぜか最初より愛おしい男になってました。
残念なのは、二人の一ヶ月限続き定同居がやたら駆け足だったこと。ここ、できたらじっくり読みたかったな~。とはいえ、ここをじっくり描いたら一冊ではおさまらなくなるわけで。二冊でも三冊でもどーんとこい、凪良ゆうさんなら何冊になろうとついていくぞとか思いました。

いろいろ書いてますが、私はこの作品が好きです。
主人公のつく嘘の数々が悲しくてさ。家族に嘘をつき、好きな人に嘘をつき。その嘘は相手のためだったりするんだけど、それ以上に極めて利己的な理由があるんだよね。どんな状態でも、守りたいプライドがある。攻めの前でノーテンキな大学生を演じ、それによって癒されてた気持ち、すごくよく分かりました。
凪良ゆうさんはそこを最後まで攻めに気づかせなかったけど、カップリングとなる二人がなにもかもを晒し理解しあう話より、こういう話のほうが好きなんですよね。

最後に次男GJ!
この次男でスピンオフとか無理でしょうか。
人間として男として、主役のふたりより好きです。

4

切なさたっぷり

…ううっ、泣けます。でもこの辺、民生委員とか親戚とかもっといろいろ言ってくるだろうよって、どこか冷めて考えてしまう。いけません。BLBL。
えー、そこへ現れた王子様神谷。ボンボンでセレブで大人の男。そして影がある。ん~むパーフェクト。怪しい(笑)
でもって、クラブの客として店に来た神谷は志貴を見初め、援助と引き換えに神谷の亡くなった恋人の身代わりとして神谷の傍にいてほしいという話を持ちかけたのでした。

最初からどうも神谷に胡散臭さを感じてしまって、恋人が死んだというのは嘘だったりして?なんて疑っておりましたが、神谷の嘘はそこじゃなかったんですなあ。
なにしろびっくりするほど、王子様はダメダメ男だったという。
志貴の嘘がいつバレるかとか、無理し過ぎな生活やなんかで、いずれ破綻が来るんだよそんなの、ってそんなことばかり気になってしまい、深いところまで読み込めない自分に気づきました。
なんだか切なさにどっぷり浸かれなかったなあ…
そして、最後の最後にすべてのお話が、まさかの神谷の夢オチか!と心底驚きそうになるんですけど、違いました。これ敢えてこうしたのかなあ。
ほかの作家続きさんだったらありそうですが、この作品はそういうの絶対しちゃいけないという雰囲気なので、ハッピーエンドにものすごく安堵しましたよ。いや~冷や冷やした~。
水名瀬雅良さんのイラストはイメージぴったんこでした。

3

失えないモノの為に

今回は恋人を亡くして以来覇気のないエリート商社マンと
弟3人を養う為に日夜働き尽くめの会社員のお話です。

主に受様視点で身代わりと割り切っての付合いから
互いが大切でかけがえのない存在になるまでの本編と
攻様視点で受様一家と海へ行く後日談を収録。

受様は大学二年の終わりにが両親事故死し
残された弟3人との暮らしの為に就職します。

しかし、会社の給料だけでは
4人で食べてはいけず夜のクラブで
ウェイターのバイトまでする事に。

そのクラブで受様は
客として着た攻様と知り合います。

受様より一回りも上の攻様は
清潔感と男の色気が混在する良い男です。

攻様にアフターに誘われた受様は
酔客の暇つぶしだと攻様の推測を否定せず
大学生のフリをして嘘交じりの日常を語り、
久しぶりに楽しい気分になりますが、

帰りがけ攻様にまた会ってくれるなら
できるだけの援助をすると言われ、
一気に気持ちが萎んでしまいます。

安く見られたと憤慨する受様に攻様は
受様が大事な人に瓜二つなのだと言い、
受様の都合がいい時に会ってくれれば
それ続き以上は望まないと言うのです。

両親の死を経験していた受様は
同情心との一時の安らぎを得るためと
攻様との付合いを了承します。

金を払うというルールの元
恋愛的な繋がりから目を背けて
攻様と会うようになる2人ですが

攻様が恋人といくはずだった海に行った日、
とうとう一線を越えてしまいます。

元々攻様に惹かれていた受様は
一晩だけの事と割り切ってもいたのですが

弟達と出掛けた先で
攻様が綺麗な女の人と小さな女の子と
食事をしている場面に遭遇し
仲の良い親子3人の様子にも驚きます!!

なら自分にそっくりだという恋人の存在は?!
果たして攻様の真実はどこに?!

妻子持ちながら気楽な恋愛を楽し見続けた結果
有る青年の死に負い目を持ち続けている攻様と
両親の突然の死で
気楽な学生から一家の大黒柱になった受様の
不器用な恋のお話です♪

攻様は上流家庭で不自由なく育ち、
一流企業に就職後、見合い結婚をします。

結婚後にある青年と出会って付合い始めますが
不道徳だと思いはしても両方を手にしていた結果、
突然に青年に消えられ、
その半年後、彼の死を知る事になります。

後悔にさいなまれ続けた攻様は
結果的には夫婦関係までも破綻させます。

そんな中受様に出会いしばしの幸せに浸りますが
気楽な大学生だとばかり思っていた受様が
一家を支えている苦労人だと知った攻様は
同じ轍を踏むまいと受様に別れを告げるのです。

攻様の事情を知った受様のほうこそが
攻様を放っておく事ができずに
彼を立ち直らせる事に尽力するのです。

年の差がある事で
受様は攻様の固くくな思い込みを一蹴し、
攻様は受様の強引な言い分も
イヤイヤながらも受入れたのかなとか思うと
全体的にはなかなか楽しかったです♪

攻様に嘘を付きながらのお付合している間は
受様と弟たちの事情がパラパラ見えますが
攻様事情が見えてきて彼を立ち直らると決めると
すっかり攻様にシフトチェンジして

弟達がどうしているかが
すっかり見えなくなってしまってるのは
仕方がないのかな(苦笑)

受様が一杯一杯な中での調教生活(笑)なので
ソレも仕方がないかもですが
この辺の描写がちょっと手抜きぽい感じも
するのですよね。

攻様に惚れたと自覚した受様が
死んでしまった恋人に心を残す攻様を
現実に引き戻す展開で
受様の気持ちに共感できないと
萌えられないかもです。

続編は攻様視点で回想を交えて
二人がまとまった後の後日談になります。
攻様にとっての受様の存在が
ばっちりアピールされております♪

今回は本作同様、事情有り有りな攻様のお話で
真崎ひかるさんの『朧月夜に、あいたい。』など
いかがでしょう?

2

優等生

両親に先立たれ兄弟を抱えて頑張る長男の、身代わりもの。
いい話でした。
と一言でまとめちゃえそうな、良く言えば綺麗に纏った、悪く言えば表面的で優等生的な作品だと感じてしまいました。
設定を活かしたストーリーというより、今回は設定を丁寧に辿った話作りをしているような印象で、コレが書きたいんだーという作者の萌えパワーがめずらしくキャッチできず。キャッチしそこねただけかもしんないけど。

個人的に何が物足りなかったかというと、ずばり生活臭でしょうか。
のんびりと大学生活を謳歌していた二十歳そこそこの青年が、突然両親を亡くし、まだ幼い兄弟3人との生活を支える大黒柱にならなきゃいけない。考えただけで大変です。
大学を辞めて就職して新社会人、更にはバイトもこなし、働きづめでくたくただろうに、弱音は吐かない良い“お兄ちゃん”なんですよね。志貴は。とっても偉いし凄いと思う。
でも、あんまりにも頑張り屋さんすぎて、その苦労している毎日がかえってリアルさに欠けるように感じてしまうんです。
時間に追われる苦労は書かれていても、それが実際どんなもので、どんな風に影響が及ぶかまでは描かれていな続きいのが物足りないんです。

例えば、ランナーでもない人間が長距離を走らなきゃいけなくなったとして、
当然汗はでるし、喉も渇くし、体力がもたずヘトヘトになる。慣れない運動に転んじゃうもしれないし、筋力が足りなくて足が痛くなるかもしれない。わたしだったら、何で走らなくちゃいけないんだと愚痴りたくなるし、もううずくまって休んでしまいたいと何度も挫けそうになると思います。
そんな風に、慣れないことをこなす疲労ってのは予想以上に大きくて、肉体的精神的に必ず負の面をもたらすんじゃないかな。
理性が育った大人ですら例外じゃないし、ましてやまだまだ大人になりきれていない青年や、甘えたいざかりの子供なら尚更。
確かにいい話なんだけど、家族を養うという重責とその苦労が綺麗に書かれ過ぎている気がするし、志貴はタフすぎるし、兄弟たちは物わかりが良すぎる気がする(かわいいけど)。
と思ってしまうのは、嫌な大人のアラ探しなのかなあ。。

いろいろぶつぶつ言ってますが、文章力構成力のある方なので、けして面白くないわけじゃないんですよね。うん。そこはしっかり書いとかなきゃ。
他の作家さんなら十分萌評価の完成度なんだけど、凪良さんだからとついつい期待値を上げてしまい、逆えこひいきで辛め評価になってしまいました。

それと、重要なエピソードだとわかっていても、小学生の弟もいるのに一ヶ月も家を空けてしまうのはさすがにどうかと思うぞー志貴。受け入れる神谷も何だかなあ、大人としてもっと配慮するべきじゃなかろうか。せめて通いでしょうよ。
そして凪良さんの攻めは、今回もあんまり見せ場を作ってもらえてないのねん。。

6

お兄ちゃん!

帯『俺は、彼の大事な人の身代わりにすぎない。』

突然に両親を事故で失い大学中退して中小企業に就職し、下3人の兄弟の為に頑張る長男、志貴の話です。
生活費の為に志貴[受]は会社勤めに加えクラブでもウェイターとしてバイトをしてるんですが、そこで出逢ったのが神谷[攻]。
最初は神谷に援助交際を要求されていると思いつっぱねる志貴ですが、実は身体が目的ではなく、亡くなってしまった恋人に似ているから時々会って欲しいと言われ志貴はそれを承諾します。
神谷から渡される金銭はあくまで身代わりとしてのけじめです。
そして志貴は神谷の前では、生活の苦しさ等おくびにも出さずあくまで遊びに夢中なお気楽な今時の大学生として振る舞うんですが、この気持ちは何か分かるなーって感じです。
ついこの間まで気楽な大学生だった生活が一転してしまい必死で働き弟達の面倒を見なければならなくなった志貴にとっても束の間のその嘘は、彼にとっても愚痴の代わりの捌け口になったと思うんですね。
この辺りのすっと感情移入させる所とかうまいなあと思うです。
で、下の兄弟3人達ですがこれが実にいい子達です。我儘も言わないし頑張る続き兄の事もちゃんと理解していてホントにいい兄弟。
次男の多貴は兄と神谷の関係に気付き、そして兄弟達と一緒に行った水族館で志貴は神谷の妻子を目撃してしまいます。
その後の展開は、王道を一捻りしてあって前へと進めない神谷を志貴が歩ける様に導きます。
そのやり方が尽くすっていうんじゃなくて自立を促すんですよね。
流石お兄ちゃん!!って思っちゃいました。
年上攻×年下攻ですが志貴が年相応な悩みや弱さも持ちつつも器の大きな、そして第三者としての目も持っている青年で、ただの王道では終ってません。
恋愛要素も兄弟愛も過去の恋人の存在も、そして神谷と志貴との関係もしっかりえがき、色んな要素を入れて尚かつ上手く1作に纏めた良作だと思いますよー、これは。

1

兄弟愛、家族愛

両親が事故で亡くなり、大学生の長男は3人の育ちざかりの弟たちを養わねばならず。
そんな頑張っている兄弟達の姿に思わずウルっときてしまった作品でした。
厳密には、お兄ちゃんが俺達のために頑張って稼いでくれているんだから、俺達は俺達でやれることをガンバろうと、分担している弟達に・・・ですが(汗、)
それに絡む、何不自由ない生活をしてきて愛というものに鈍感で、優しさに欠けていた男性が、苦労している長男と出逢うことで、新たな目を開かれるという、このお兄ちゃんが弟達だけでなく、自分より一回りも年上の男性を、まるで自分の子供のように躾け直すお話の側面もありました。
主人公の恋愛面より、弟達の姿のほうが読後の印象が残っちゃいましたねww

兄弟だけになってしまった時に、離れたくないと泣いて訴える末っ子達の為に、親戚の手を借りずに自分達だけで生きていくことにした長男の志貴。
呑気で気楽な大学生活から一変、中退して慣れない会社で営業の外回りでクタクタになり、尚夜のバイトをして、体力もですが精神的にもかなりキツイと思うので、バイト先で出会った神谷が知り合いにそっくりだから、外で逢って欲しいと続き言われて、つい息抜きのつもりで同意してしまう気持ちはとても納得できます。
一緒に食事をするだけのエチもない健全な付き合いで、不本意ながら、神谷からお金を受け取るけれど、それでバイトをしなくてもすむのは、志貴にとってはよかったのですね。
でも、週に一度のデートとはいえ、きっとそうでない日はきちんと家の事をやっているんだろうけど、そういう描写がないので思わず志貴が家事を弟達に任せてしまっているのでは?と勘違いしそうになってしまうので要注意です!
でも、実際、次男の高校生は本当によくやってくれていると思うのですよね。
そして、志貴を諭したり、金の心配をしたり、本当にいい弟なんですよ。
思わず主人公の志貴より、この次男の多貴贔屓になってしまっていましたから(汗、、)
そんな生活を背負いながら、段々と神谷が好きになり、それにのめり込みそうになるんだけど、やはり弟達の面倒もと、その葛藤が魅せますね。
神谷には、自分の家族の事は一切告げてなくて気楽な大学生の振りをしてましたから。
初めて結ばれた時、自分を優先したために弟達に迷惑をかけてしまい、自責の念にかられ、そして後日見た神谷の真実。
ここで弟が一枚絡んでたんですよね!ここがひとやまです。
その後が、神谷のトラウマをといてやるリハビリ編というところでしょうか?

神谷は何物にも執着していなかったはずなのに、過去付き合った暁という男性が自分と連絡を絶って一人で死んでいたことにショックを受け、抜け殻のような人だったのですね。
そこで暁にそっくりな志貴に出逢った事で、志貴に執着してしまう。
暁にたいしての気持ちが何だったか自分でもよくわかってなくて、罪の意識にさいなまれ、自分で彼を忘れてはいけないと枷をはめてしまった、実に、実に不器用極まりない人。
殻に閉じこもってしまった神谷に窓を開けさせる仕事を志貴は自ら望んで行うのです。
そう見ると、志貴は本当に面倒見のよいお兄ちゃんだったな~と思うのです。
志貴によって、人間らしく生まれ変わる神谷の姿に、これは見守る愛なのかな?とも思いました。

冒頭にも描きましたが、弟達、特に次男は最優秀助演男優賞ものですv
幸せになってほしいな~と思うのですが・・・

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ