女装男子BLアンソロジーSyrup![bitter]

女装男子BLアンソロジーSyrup![bitter]
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
発売日
価格
¥950(税抜)  ¥1,026(税込)
ISBN
9784904101933

あらすじ

シロップビター&スイート2冊同時発売!
初回限定特典!雲田はるこ 描き下ろしペーパー
カバーイラスト:雲田はるこ
COMIC:青山十三、あゆみさき、小嶋ララ子、四宮しの、鈴倉温、タキ、館野とお子、仁茂田あい、袴田なつき、歩田川和果、松下キック、水渡ひとみ、山田酉子、やまなかさとの、ユキムラ、吉池マスコ、吉田ゆうこ
(出版社より)

表題作女装男子BLアンソロジーSyrup![bitter]

その他の収録作品

  • 小嶋ララ子「あふれたら最後」
  • 仁茂田あい「アイドル受難」
  • 歩田川和果「ジャージがいい」
  • タキ「きみへの打開策」
  • 青山十三「恋装標本」
  • ユキムラ「裏通りの姫」
  • 四宮しの「ボーイフレンド」
  • 吉池マスコ「珍奇男」
  • 袴田なつき「僕の男の子ちゃん」
  • 吉田ゆうこ「秘密」
  • 松下キック「大阪のクマさん」
  • 鈴倉温「そらいろひとこい」
  • 山田酉子「ならずもののナイフ」
  • 舘野とお子「こんな感じで始まります」
  • あゆみさき「spell on frill」
  • 水渡ひとみ「誰か嘘だと言ってくれ!」
  • やまなかさとの「デコード・ライブラリ」
  • コメント

評価・レビューする

レビュー投稿数1

スカートとワイシャツとオレ

女装男子、男の娘が流行り始めた頃「sweet」と「bitter」の2冊同時発売で出た東京漫画社のアンソロです。
執筆作家陣を比較した時に「sweet」はやはり甘系のかわいらしい系な雰囲気がしたので、雲田はるこさん表紙の「bitter」を選択。
しかし!雲田はるこさんの作品はのってないのですーー(涙)

エロ系ではないので、ショタ風味のエロエロはありません。
また内容も朝チュンとまりで具体的エチもありません。
男達が女装する理由が、また哀しく、切なく、そしてほっこりと、面白く、自虐なモノは一切なく。
自分の為だったり相手の為だったり、意味のある女装になっていると思います。
そして決して似合う女装ばかりではない。
ちょっと女顔のかわいい系もあるけれど、むっさいおっさんであったり(限度はあるが)ごっつい男だったりもする等身大男子達なのが、アンソロの意味があるな~と思います。
本当は個人的趣味でいえば、ガチムチマッチョの女装が好きなんですがww
ご安心を・・・それはありませんので(汗)
気になった作品を挙げてみます。

小嶋ララ子さんのは切なかった~!
男が好きと続き友人にカムアウトしてから女装して発展場に通う高校生。
一度きりの出会いに恋をして、その男を待つ度に他の男達にやられて傷だらけになって友人の元へやってくる。
ハッテン場で女装のおっさんの本音の叫びと掴みあいのケンカをする姿に女装の切なさが・・・
そしてその友人を密かに思う友達の姿にもキュン~v

久々にBLで見たような気がするユキムラさん。
男を好きな事を認められない相手の要望は女装すること。
無精ひげをたくわえたガタイのよい男は今夜もドレスを身につけて彼を迎えるのだが、本当は彼は彼の裸に欲情していることを知っている・・・
相手に女装を強要する一つの理由が、たった4ページで表わされていて、こういうの好きです。

まだまだ色々あって一つ一つ書くのがもったいないくらいです。
是非、女装男子に興味のある方はご覧になっては。
気持ちがついてくるストーリー重視の方にも満足な出来具合なのでは?と思うのです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ