スペアの恋

スペアの恋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×27
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
54
評価数
18件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784344821194

あらすじ

在宅勤務でSEの仕事をしている槙原俊は、仕事明け、玄関を出るなりその場で昏睡。気が付くと見知らぬ男の子が顔を覗き込んでいた。俊は引っ越してきたばかりのアパートの隣人・渡辺研一とその息子・孝太の家で介抱されていたのだ。俊は研一に感謝するが、研一はそっけない。研一の印象は最悪だったが、なぜか孝太は俊に懐く。あることをきっかけに、研一が出社している間、孝太の面倒をみることになった俊。やがて研一との距離も縮まるが・・・。
(出版社より)

表題作スペアの恋

渡辺研一,29歳,男手ひとつで子供を育てている
槙原俊,31歳,隣人で在宅SE

その他の収録作品

  • 上書きの恋
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

詰め込みすぎ

子育てモノが好きなので表紙とあらすじだけで買いましたが、まさしく「趣味じゃなかった」です。設定やエピソード、登場人物が多すぎて、それぞれが(主人公二人でさえ)小粒になってしまった印象です。
攻の個性の描写が少ない。代わりに、子どもの抱える事情が余計なほど重い。受の過去の恋に関する事情も何だか重いし、元カレの個性がまた強烈で、正直、攻よりハッキリしている。
とどめは、お互いに明確な告白もないままの最後の急展開。全体的にとっちらかってる話をなんとか収めた感じになってますが…それでいいのか、攻も受も。もっと時間をかけるべきじゃないのか、と心配になってしまいました。

一番びっくりしたのは私が買ったのが第3刷だったことです。人気作品なんですね…。

0

こういう流れで…。

読みやすくてわかりやすかったし、面白くないわけでもないし、ちゃんと楽しめたような気はするのですが。
個人的な感想を言えば、2人とも明確な言葉が欲しかったかな、と。
それなりに「そういう意味で気になるんだぜ」みたいなことは言ってるんだけど、なんかしっかりとした「お付き合いしましょう」みたいなのとはちょっと違うんですよねー。
一緒に住む?ことにはなるんだけど、それも流れというか…。
いや、互いに気持ちがちゃんとあることはわかるんだけど、なんか言葉が欲しかったな、と。

ある意味、盛りだくさんな展開だったような気もするし、元彼?とか非常にウザイ感じで楽しかったですが。
終わってみると、何故だか幸せになれた2人よりもその元彼の方が非常に気になります。
結局のところ、なんだかんだ理由つけたところで、彼の本命は受だったんじゃないかって気もするし。
それを本人が認められなかっただけかもしれないし、こうやって失って初めて気付いたのかもしれない。
…どっかにこの子のスピンオフとかないですか?
って、結婚したんだっけ。
この子の幸せになる姿もなんだか見てみたい気がします。

続きと、受の上司がのほほん系のなんかなかなかいいキャラでした。
この人のスピンオフとかでも面白いかな。
それか、受の大学時代の友人とか。
いろんなキャラがいたのでいろいろ見てみたい気がしました(そんなことするとホモ世界になっちゃうけども)

1

ご都合展開すぎwしかしなぜか許せるw

BL界にはおよそ偶然とは言い難い「ご都合すぎる」展開が数多くありますが、
コレはもはやご都合が露骨すぎて笑えてしまうレベルです。

図式化すると…
受けが玄関先で倒れていた→隣の家で面倒見てもらう→隣んちのチビがなついたから
(すでにこのあたりでかなり香ばしいw)→隣んち無愛想すぎ→でもチビが受けに懐いたんでガキの面倒見てくれとか→なにげに隣んち、過去にいろいろあったらしく→実は受けもゲイで過去にいろいろと→何のはずみかHした→いやそれは気の迷いに違いない(受け)→そこで受けの元彼氏@粘着質が出てきて大騒ぎ→チビが疾走→確保→二人で暮らそうぜ!

おいーーーーー!やけにご都合イベント多いなこのカップルw

ちびっこの孝太がたぬきのお面をかぶっていて、という釣り針に盛大にひっかかったw
子供が嫌いでもモフモフには弱いワタクシ。
あとの大人二人?知りませんそんなものw

正直、このカップル超どうでもいい気がいたしましたw

引っ越しを繰り返す「受け」の引っ越し費用や敷金等が心配デス…。
というか、この「受け」正直嫌いなタイプです。
不幸受けのようにみえるけ続きど、自分のバカさ加減で不幸を招いているとしか思えない!
自主性なさすぎ。
チビっこのほうがマトモに思えるのが微妙な快感でしたw

1

素敵な話!

 在宅勤務のSE・槙原俊は、飲まず食わず寝ずで行った仕事明け、玄関を出るなりその場で倒れてしまう。
 気がつくと、アパートの隣人・渡辺研一とその息子・孝太の家で介抱されていた。

 俊は、研一に感謝するが、研一の態度は冷たく、その印象は最悪だった。
 しかしなぜか孝太は俊に懐いてしまう。

 俊が倒れたのはどうやら、風邪だったようで、それから三日間寝付いてしまった俊の下へ、孝太は毎日「お見舞い」と称して、自分のおやつだと思われるお菓子を持ってくる。

 やがて、すっかり風邪もよくなった俊だったが、相変わらず孝太は俊に懐いたまま。
 公園やアパートの庭などで俊を見かけるたびに、駆け寄って纏わりついてくる。
 最初はそれを鬱陶しく思っていた俊だったが、次第にそんな孝太を憎からず思うようになる。

 そんなある日、公園で孝太の叫び声を聞いた俊が駆けつけてみると、そこでは俊の「母親」と名乗る人物が孝太を連れ去ろうとしていた。
 咄嗟に孝太を守ろうとした俊だったが、そのことから怪我をしてしまう。
 そして、それがきっかけで研一と孝太の過去を知ることになってしまう。
続き それは、研一の元妻が、浮気の際に、孝太を車に置き去りにして孝太が死にかけたという大変なもので、そのことにより孝太は、知らない人間のことを基本的には受け入れられなくなってしまっているのだという。
 おまけに、そのタイミングで、孝太が一番懐いているベビーシッターが、長期に療養することになってしまい、その際にしばらく孝太を預かってほしいと頼まれる。
 最初はためらった俊だったが、状況を聞き、研一の気持ちが変わらないのだと知ると、孝太を預かることにする。

 すると、必然的に研一との仲も縮まっていって……

 という話でした。
 実は、俊にはこれ以外にも、頻繁に住居を変えないといけない理由が他にあって。
 それは、昔付き合って、今も別れてくれない恋人の束縛ってやつで。
 俊は何度か別れようとして、その度に転居もするのだけれど、結局別れきれなくて元鞘というのを繰り返していて、でも今度という今度は。
 その恋人が、別の女と結婚するけど、これからも関係を継続しようと言ってくるから、本気で別れようとしていて。
 でも、元恋人の罠は巧妙で、また元通りになるのかなー……となりそうだったところ、研一の存在に何とか思いとどまらされるという感じで……。

 それでようやく本当の自分の気持ちに気がついた俊は、けれど、自分の気持ちが絶望的なものであることを、これまでの経験で勝手に決め付けていて。
 また、ほどよいところで、研一の前から姿を消してしまう……。

 まぁ、最後は当然ハッピーエンドですけど。
 なんというか、意外と重たいものを二人ともが背負っていて。
 また、子どもを間に挟んだやり取りがかわいくて、かわいくて。
 素敵な話だと思いました。

 前もこの作者さんの話素敵だと思った記憶があるので、この作者さんはきっと素敵な話を書く人なんでしょうね。

1

ラブ不足。

馨(受)と渡辺(攻)のラブがメイン(のはず)なのに、伸也(元彼)とのグダグダがあまりにも多くて疲れました(二股とかいう意味ではなく)。そのわりにキャラクターの心情描写が足りないし。

伸也は確かにとんでもないヤツなんですが、でもコイツだけが悪いのか?と思うんです。なぜ伸也が諦め悪くまとわりつくかって、それは俊がハッキリしないからでしょう。あ、だからと言って伸也をかばう気はまったくありませんが。

もともと椎崎さんのキャラクターは好きになれないことが多いんですが、この作品も見事に誰にも共感できないままでした。とにかく、脇のキャラクターがことごとく不愉快でしたね。

椎崎さんには不憫・不幸な受が定番なわけですが、私は不幸受そのものは好みなんです。ただ、その『不幸』の演出がどうにも受け付けないんですよ。不幸の理由ではなく、痛めつけ方がわざとらしくて安易に思えてしまうんです。

なんというか、余計なことを詰め込み過ぎで、これホントにラブストーリーなのか?とさえ思ってしまいましたね。

あえて言うなら孝太が可愛かったですね。それが唯一の救いでした。

0

煮え切らない大人達

トンデモストーリーでもないし悪くもないんだけど、なんか登場する大人達が誰もがなんか煮え切らないなーーって印象。

俊[受]の隣人、渡辺父子の息子、孝太が俊にやたらに懐かれてしまう。
俊は特に子供好きじゃないので最初は困ったなーと思うんだけど孝太が可愛いんで段々情が移って行くんですな。
そんな矢先に、渡辺の離婚した妻、つまり孝太の母が孝太を攫いに現れ、それから孝太を守った俊はそれが切っ掛けで一見元気で真っ直ぐな孝太のトラウマを知る事となります。

俊はゲイで、元彼がいるんですが、この元彼もタチが悪いっちゃ悪いんですが、俊も悪いんですよ。
元彼が女性と結婚する事になったので別れようと引っ越しまでするのに完全に切らないで繋がりを残しておく。
口では別れると言ってても、心のどこかで元彼への想いと自分がまだ特別な存在だと思っていたい所があって完全にふっきってない。
それを元彼は分かっているから、つきまとってまだ口説こうとしてくる。
俊のこの煮え切れなさっぷりにちょいイラッ。
研一[攻]は何を考えているんだか分かりません、息子想いな事だけは確かなんだけれど、俊に突然迫ってみた続きりするんだけど行動が唐突過ぎて分からない。
まあ、元彼に対しての俊のアドバイスは的確でしたが。
俊は元彼にとって都合の良いスペアでしかない、そう指摘されてやっとこさ己の立場を再確認する俊。

「上書きの恋 」では分かりにくかった研一視点で書かれているので、そこで合わせてやっと成る程ね、って感じです。
登場人物の大人達が全員イマイチでした、可愛かったのは孝太!!孝太の可愛さがこの作品の魅力となっています。

1

面白かったと思うんだけど…。

なんか、ひとことで言っちゃうと「記憶に残らない話」だったんですよね。
何が足りなかったんだろ?

ストーリーの本筋は「隣に住む子連れのノンケとの恋」だったんだけど、読み終わって数日経った私の記憶にあるのは、「出会いは玄関先でのぶっ倒れ」と「子供が懐いた」だけだったんですよね。
どっちが先に好きになったとか、どんなエピソードがあったかとか、そう言うのがあまり記憶に無くて、レビューをよんで「あ~そういえば」って感じなんです。
そんで、「あ~そういえば」って一旦思い出すと、芋づる式に色んなエピソードを思い出すから、お話の展開とかに無理は無かったんだな…とちょっと変な意味で感心します。

読んでるときは別に面白くないなって思ってなかったんだけど、なんでだろ?
キャラが無個性だったんだろうか?いや、それすらほぼ記憶に無い……。

ただ私、攻めのことはあまり好きじゃなかった気がします。
子供を言い訳にしないで欲しい。
自分が会いたいくせに、子供が懐いているのをいいことに「子供と遊んでやって欲しい」なんて誘い方、ズルイと思うんだ。受けにも子供にも失礼です。

それでもまあ続き、子供ちゃんが駄目な大人たちの代わりに孤軍奮闘してくれたおかげで、なんとか収まるところに収まるんですが。
「子供ちゃん迷子」⇒「わだかまりを忘れて一緒に探す」⇒「見つかってよかったね」⇒「俺に会いに来ようとしたんだごめんね」⇒「お前に会いたかったのは子供だけじゃない」⇒「らぶらぶ~」っていう流れは、どうにもあちこちで何度も読んじゃった感があって、ぶっちゃけ受けが引っ越した時点で展開が最後まで読めてしまいました。残念。

その後の『上書きの恋』は攻め視点です。
いや、良いんですけどね……。

私はどうも、まったく同じ時間軸を攻め受け両視点でなぞるってのは好きじゃないんですよね。
なんつうか…、攻めの気持ちも受け目線のときに言動や行間で感じ取らせるのが作家さんの力量だと思うんですよ。
まったく同じ時間の裏側をみっしり語られちゃうと、なんか作家さんの言い訳みたいに見えちゃう。
「ホントはあのとき、攻めは攻めでこう考えてたっていう設定なんですよ~。さあ、それを踏まえて萌えなおしてください!」みたいな。
そういうの、出来れば本文中に見せてくれ;
書き下ろしとかは、純粋に後日談とか別のエピソードとかで展開してくれた方が、楽しめます。

だから、お引越ししたあとのお片づけのあれこれや「川の字で寝るんだ!」なんかは、とても短かったけど妙に萌えました。

読んでたときは「萌」と思ってた気がするんだけど、今まったくお話が記憶に残ってないから、「中立」で。
テンプレすぎってことなのかな?

1

都合のイイ男・・・だったのか否か

はい、今自分的に(世間的にも?)キている子連れモノです~♪
本当、子供が出るといい具合に転ぶんだ!コレがww
しかし、このお話、そうそう都合よくは進みませんでした。
全く持って攻めの心がわからない!
むしろ怒ってるんじゃないか?子供が懐くから仕様がなくなんじゃないか?っていうくらい、心の所在が不明です。
そして受けちゃん、すごくイイ奴なんだけど色々と問題を抱えていて、それらから逃げることしかできない、自分の心に関してはネガティブで優柔不断な性格で。
それに絡む、とんでも破天荒な男がいたからなのではありますが、何だかこんな男を振りきれないでいた受けに腹が立つやら、かわいそうに思うやら・・
そして、エチはラストまでありません~!(若干、押し倒しはありますが)
そしてエチ表現も実にあっさり・・・何でかな?
普通の文庫にしては厚みがありますが、進展が遅い分、ちょっと焦れったかったかもです。

在宅SEをしている俊は、新居に引っ越してきてすぐに自宅缶詰の仕事をこなしたため、具合を悪くして、外へ出ようとしたところ倒れてしまいます。
それを拾って救ってくれたのが、隣室の渡辺親続き子。
幼稚園へ通う孝太という男の子と父親の二人暮らしでした。
この孝太に気に入られる俊ですが、父親の渡辺があまりに無愛想で不機嫌そうなんで、距離を置こうとするのです。
しかし、ある日、嫌がる孝太を無理矢理連れ去ろうとする女性から救った時にケガをしてしまったのが、きっかけで、渡辺親子との付き合いが始まります。

孝太には心に傷があり、それは別れた妻の無意識の虐待が原因でという、そういった孝太の事情が、俊に懐く孝太を無理矢理ひき離せないというまず一つの条件になっています。
物語は完全な俊視点で、俊の出来事で進んでいきますが、渡辺との恋愛進行に不可欠な、恋の実感という場面は大変に薄いと思います。
確かに、俊を都合よく扱い、執着し、散々の嫌がらせを行う恋人(?)の金子という存在があって、それを渡辺が見てしまったことで少なからず影響いしてくるのですが、渡辺にそんな男にスペアのように扱われていいのか?と問い正されると、思わず金子のいいところをあげつらう俊に、ツンデレでもない、あ、この人はかわいそうな人だ、金子に刷り込みをされてしまったんだという、背景が見えてくるのですが、それが渡辺への恋心につながるとは思えないし見えなかったんですよね。
結局、キューピッドは息子の孝太ではあるのですが。
むしろ、感情が全く分からなった渡辺が俊を好きになっていたという事実に驚愕させられます!

本編その後編の『上書きの恋』が渡辺視点の、彼の胸の内の吐露になってはじめてわかること。
なんだよー!って感じですが、子供が懐いているからとか、母親代わりとか、そういう理由だけではない(当たり前ですが)という部分がやっと見られてほっとしたのでした。
本編は、あくまで隣人・渡辺親子との接触によって、切ることのできなかったグタグダの恋愛を俊が卒業できた、っていう話であったのかな?と思います。
だから、まだ始まったばかり。
二人の恋愛はこれからだと思うのです。

渡辺は俊を恋人のスペアで都合のいい男として扱われていたと言いましたが、どうも金子の本命は俊で、数々の浮気の相手がスペアだったようでもあります。
優しい恋人にあぐらをかくダメ男の典型?でしょう。
しかし、、、孝太の子供ぶりが嫌味じゃなくて、すごくよかったんです!
そのうち孝太は大きくなったら俊をお嫁さんにすると言いだすに違いない!と思うのでしたww

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ