小説Chara vol.23(雑誌著者等複数)

小説Chara vol.23(雑誌著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
発売日
価格
¥667(税抜)  ¥720(税込)
ISBN

あらすじ

《創刊11周年記念》
ダブル応募者全員サービス

●その1● Chara Selection連動
図書カード・全10種類
金ひかる・果桃なばこ・新藤まゆり・高久尚子・高階佑・日高ショーコ・穂波ゆきね・水名瀬雅良・南かずか・和鐵屋匠

●その2● キャラ文庫連動
英田サキ書き下ろし特製小冊子
《「DEADLOCK」&「ダブル・バインド」
番外編2本立て!!》


●≪表紙イラスト≫&≪人気のキャラ文庫をまんが化≫  
「DEADLOCK」原作書き下ろし番外編 
原作/英田サキ 作画/高階佑
「Lost without you」
ディック&ユウト編、ロングバージョンで再登場!!
◆ディックがユウトに隠し事!? 蜜月の二人を揺るがす大事件!!


●≪巻頭カラー≫   「森羅万象 水守の守」 水壬楓子 CUT/新藤まゆり
◆拾った貧相な子犬の正体は!? 異種族ラブロマン!!


●≪本誌初登場≫   「華王の遺言」 ごとうしのぶ CUT/禾田みちる
◆神サマへのお願いは、ケータイメールが当世流!?
「汝の隣人を恋せよ」 鳩村衣杏 CUT/和鐵屋匠
◆ペットの亀が取り持つ、隣人との助け愛?
「厄介な男」 西江彩夏 CUT/穂波ゆきね

●≪人気シリーズ≫   「公爵様の羊飼い」 秋月こお CUT/円屋榎英
◆旅のお供は、腕は立つけど犬猿の仲の騎士二人?

●≪豪華作家陣≫   「マエストロの育て方」 神奈木智 CUT/夏珂
「二本の赤い糸」 水原とほる CUT/金ひかる

●≪読者が選ぶワンシーンをまんが化?≫   「待ち合わせは古書店で」 原作/榊花月 作画/木下けい子

●≪COMIC≫
朝日奈ミカ 「一見さんお断り」

●≪ドラマCDアフレコレポート≫
英田サキ 「恋ひめやも」

●≪POSTER≫
小椋ムク

●≪POST CARD≫
雪村【本誌初登場】

●≪ESSAY「私の人生コレに支えられてます!」≫
凪良ゆう/六青みつみ/秋葉東子/日羽フミコ/山本小鉄子

(出版社より)

表題作小説Chara vol.23(雑誌著者等複数)

雑誌のため割愛
雑誌のため割愛

評価・レビューする

レビュー投稿数1

敬遠してたジャンルなのに超面白く感じたんだけどッ!!

英田サキさんの小冊子目当てで購入しました。
小説キャラは初読みです。

まずは英田さん関係。
DEDLOCKとダブル・バインドの番外編が読める小冊子の全サがあるということで購入。
この号にはDEADLOCKの番外編のコミカライズがありました。
高階佑さんの「Lost without you」
実はDEADLOCK読んだことないんですよね(爆)
原作もCDも知らない。
知ってるのはSIMPLEXのCDだけという随分間違った読者なのですが(自爆)
高階さんの絵はやはりキレイですね。
マンガは初めて読みましたがステキでした。
なんか映画を見てるような感じというか…。
あと、ヨシュアがとても美人でしたvv
それから「恋ひめやも」の収録レポがあったり。

ほかに気になった作品はといえば。

「森羅万象 水守の守」水壬楓子
水壬さんの新作。
今回は妖かしというか…。
人間×妖かしだったわけですが。
まさか、犬もどきな妖かしの正体が○○だとは思いませんでした。
いやだって、○○って聞くとなんだかとってもコミカルなイメージになってしまうのですが。
これは続きこれで面白かったのですが、むしろ千永と葵が気になります。
この2人のやっぱそういう関係なのかなぁ(むしろ、そういう関係希望)
シリーズ化されるならこの2人の話も読める日は来るでしょうか。

「マエストロの育て方」神奈木智
告白されて振った後に自分の本当の気持ちに気付く。
BLでは結構ある設定ではあると思うのですが、やっぱりなんだかそこから擦れ違っていく片想い×2な感じは好きです。
一旦、疎遠になってはみても想いはどんどん降り積もっていくばかりで。
再会しても、素直になれなければ想いは噛み合わないし、7年も経てば心変わりしていても当然という諦めもあったり。
2人のそれぞれのぐるぐるを当て馬がうまく結果的にまとめてくれるのですが。
途中、攻が言った「あんたを嫌いになりたい」って言葉が印象的でした。

「二本の赤い糸」水原とほる
「支配欲」「被虐」「従順」のキーワードを感じさせる絵。
その絵に思うところのあった受。
自分の居場所を見つけられなかった受に居場所を与えてくれたのは2人の男。
頭のいい優秀な男と、カリスマ性のある統率力のある男。
平凡なはずの受はこの2人に共有されることになるのだが…。
三角関係…になるのかな。
3Pもあるけど、基本的には1対1で、1人としたらもう1人とも、みたいな暗黙のルールがあって。
10年続いたその歪んだ関係を攻たちが変えようとするのだが、その決断は受に委ねられて。
受の選んだ答えに従って出された結論もまたある意味歪んでるんだけども。
なんとなく3Pって敬遠しがちだったのですが、このお話は何故かすんなり受け入れられたし面白く感じられました。
何故だ。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ