小説花丸 冬の号( 2011年 01月号)(雑誌著者等複数)

小説花丸 冬の号( 2011年 01月号)(雑誌著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
発売日
価格
¥933(税抜)  ¥1,008(税込)
ISBN

表題作小説花丸 冬の号( 2011年 01月号)(雑誌著者等複数)

雑誌のため割愛
雑誌のため割愛

その他の収録作品

  • 付録オリジナルドラマCD「プリンセスの里帰り」六堂葉月
  • 「風を抱きしめて」藍生有+佐藤鷲
  • 「千~螺旋の錠~」岡田屋鉄蔵
  • 「血の桎梏~邂逅~後編」あすか、いさき李果
  • 「猫メン」北上武蔵
  • 「逃げる花嫁のしつけ方」サマミヤアカザ
  • 「旦那様は恋人を拾う(後編)」間之あまの+香咲
  • 「愛だ恋だという前に(後編)」野原滋+花小蒔朔衣
  • 「朝日のように爽やかに」定広美香+栗本薫
  • 「煉獄の青い鳥」朝日奈れん+加賀美炬
  • 「白く蕩ける赤の境界」秋生めぐむ+影川うさこ
  • 「水戸泉の満員御礼」水戸泉
  • 天国の怪人」白井裕子

評価・レビューする

レビュー投稿数1

1対1は珍しい?

付録のCDに惹かれてつい買ってしまう小説花丸。
この号も目当ては付録CDの鳥海さん。
CDのレビューは別途したので、こちらは本誌の分だけ。
といっても、本誌の方はそんなに隅々まで読む訳じゃないけど、そんな中で、まずは、
巻頭の藍生さんの作品「風を抱きしめて」
藍生さん、こういう、スポーツ部を舞台にして、爽やか系で、1対1カップリングの作品とかもお書きになるのね。
大学陸上部を舞台に、三浦某さんの例のお正月駅伝の本を読んだ方なら、誰でも一度は妄想したようなお話でした。
すごく爽やかにハッピーエンドになった。
あと、岡田屋鉄蔵さんの画力って、やっぱりすごいね。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ