我慢するのも今夜まで

我慢するのも今夜まで
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
3
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784775516249

あらすじ

女の子みたいに可愛い松生げんげは、学校一のヤンキー・信長に毎日女装を強要されていた。初恋の子が『女装男子』だった信長は、その衝撃と興奮を忘れられず、げんげに女装をさせて自分の欲望を満たしているらしい。美形な顔に凄まれ逆らえずにいたげんげだが、信長の意外に優しい一面をみて恐怖とは違う感情が芽生えてきて…。他、ドSバーテン×新人バイト、ヤリ手営業×オタクなフィギュア原型師など、恋するキュン男子たっぷりv

表題作我慢するのも今夜まで

学内一悪名高いヤンキー 竜造寺信長
信長に無理矢理女装させられる男子 松生げんげ 

その他の収録作品

  • ファーストラブポーション
  • こんな俺でもイイですか
  • I’m home 前編
  • I’m home 後編
  • 愛しているとは言わないけれど
  • sの気持ち

評価・レビューする

レビュー投稿数2

何かが足りない

表紙買いしたのですが…
正直萌えられませんでした…
絵はとても好きなんです。好きなんですが…
せつないような話なのになぜかぐっとこない。
どうしても薄っぺらい感じに思えてしまいます。
きっと原因は気持ちの表現が少ないのと、言葉選びが上手くないからだと。
表面的でした。

話もどこかでみたことあるような話です。
えろシーンもあったのですが、やはり好みではなかったです。薄い。

せめてえろが充実してたらな~と思ったのですが…。
好みではなかったです。

3

結構色んなモノがてんこ盛りで、大盛りでした。

この作家さん気になっていたのですが、初読みになりました。
何と、この本半分以上が描き下ろし!
表題も冒頭一作目の続きの描き下ろしなんですね。
面白いのは、絵が上手いんだか微妙なんだか、そのバランスの危うさに目がいってしまう。
しかし、1本目が09年作品、あとが10年度作品と、この年度が変わった作品は明らかに絵の描き方が変わっている!
キャラに合わせた変化なのか、それとも暗中模索なのか?
その点、一番長編になった書き下ろしは、すごく絵が安定していて、雑誌掲載になったものとの違いが見られるのです。
ちょっと、面白いかな?

さて、表題はヤンキーの竜造寺に目を付けられて以来、女装を強要される”げんげ”の受難?
いや~ヤンンキーって言うとガクランとかツッパリってイメージですが、これはワルって感じで、見た目のイメージは従来のヤンキーを覆します。
まあ、オラオラな部分は全くヤンンキーですがww
で、どうしてげんげに女装をさせていたかっていう、幼なじみ再会物語だったんですね、これが♪
げんげっておもしろい名前ですが、これ”蓮華”ですよね。
懐かしい呼び名だけど、名前にしち続きゃうっていうのが、じいさんみたいだよw
女装させるだけで、げんげには優しい竜造寺。
どうして女装が好きなのか?ホモなのか?と聞くと・・・初恋の相手がスカートの下に男のモノをもっていたから(爆!)
げんげは覚えてなかったんですね~
この竜造寺、怖い顔だけどげんげにはひたすら優しい。
キスする仲になってもそれ以上の進展がなく、げんげがけしかけてみると・・・!!
な、今ちょい流行の女装モノ初恋話でありました。

この本の中で一番の長編『I’m home』は前後編ものの描き下ろしです。
家庭に事情があって家に帰りたくない小薮くんと、彼の唯一の理解者で友達の潤の、切ない初恋が前編。
そして、潤の前から姿を消した小薮くんと5年ぶりの再会を果たし、小薮くんはトラウマを脱出するためにもがいていた、その姿を見届ける潤。
という具合に、彼等の初恋の成就と成長を描いた作品になっていました。
母の愛が欲しいのに与えてもらえない小薮くんが、その小さい体で耐えている姿が、今どきの児童虐待を思わせて、とても切ないです。
潤と寝ていることがバレて姿を消してしまった小薮くん。
潤は何でもできると思っていたけれど、それは子供ゆえの大きなおごりでしかなくて、実際は何もできなくて、うちのめされてしまう。
でも、ずっと、ずっと小薮くんを想っていて。
小薮くんの姿はギリシャ劇の「エレクトラ」の話をモチーフにして想像されたそうですが(作者後書きにて)、彼に演劇の世界に進ませて、それを演じさせるということで、彼に決着をつけさすなんて、劇的な展開を用意しましたが、モチーフにしたものをダイレクトに表出しするというのも、珍しい表現だなと思いました。
5年後の潤というのが、ロン毛のちょいゲイっぽい外見になっていて、これがツボでした♪

あと、天然ツンデレ&ヘタレのオタクと、ワンコを装う若干S気の営業のおお話。
引っ込み思案でヘタレの無自覚Mと、鬼畜先輩のお話。
この鬼畜先輩がすごくヒドイ奴なんですが、Mに無自覚にはまっていて手放せなくなるという姿がまた、意地悪MAXでいいのでしたww

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ