なんで?なんで俺は志郎にさわれないんだろう――

さわってもいいかな

さわってもいいかな
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神24
  • 萌×210
  • 萌6
  • 中立3
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
13
得点
181
評価数
47件
平均
4 / 5
神率
51.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
ミリオンコミックス CRAFT Series(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784813052968

あらすじ

幼なじみの志郎と正巳は、ある日、自分達の兄同士のH現場を目撃してしまう。動揺するふたりだったが、今までどおりでいようと約束。しかし、どうしてもお互い意識してギクシャクする。普通に振る舞いたいのに、普通が分からなくなる。どうやったら前みたいに戻れるんだろう。表に出せない想いを募らせる志郎と正巳だったが・・・?
(出版社より)

表題作さわってもいいかな

幼馴染 正巳
幼馴染 志郎

その他の収録作品

  • 甘いおばかさん

評価・レビューする

レビュー投稿数13

リアルな切なさ

良かった〜〜〜

松本ミーコハウスさん、知るきっかけになった「美味しい野菜」もそうなんだけど、表紙で損してる気がしてならない。
中の絵は情感豊かでとても素敵なのになぁ。

お兄ちゃん達のエッチを見ちゃった弟同士のお話なんですが、じゃあ僕たちも…って感じのファンタジー的なお約束展開には決してならなくて、可哀想になるほど切なくて焦れったい青春モノでした。
焦れったいのはあんまり好きじゃないはずなのに、ぐいぐい引き込まれます。
なんて内面を描き出すのに長けてらっしゃる作家様なんだろう。

実際に身内のそういう行為(しかも同性同士の)を思春期の真っ只中に見ちゃったら、志郎みたくなるだろうな…
遠回りして、
周りも傷付けて、
5年。
10代の5年って気が遠くなるほど長い。

無自覚に必死に蓋をしてた想いがとうとう溢れてしまって、罪を共有するように、指を絡めながらキスするシーンがすっごい良いんです。
正巳の「やっと触れた」って想いがヒシヒシと伝わってきます。

志郎も正巳も脇役の女の子も、みんな等身大なところが良かったです。
女の子の5年は満たされないものだっ続きただろうな…と思うとなんともやるせないです。

1

大人の階段的な

この感じは始めてです。たぶん。

兄たちがセックスしていて、それを目撃してしまった弟たち。
明らかな嫌悪を示してる訳ではなく、思春期の葛藤と戦っている感じです。

松本ミーコハウス先生はほんわか柔らかい感じのイラストをお描きになるのに、内容はほんわか柔らかい感じではないんですね。

最初から甘い感じだと思っていたんで、シリアスな感じでイラストと内容のギャップがまた良い感じです。

ちょっと流行っていた壁ドンもありました。

弟たちはハッピーエンド。兄たちもハッピーエンドなんだと思うんだけど高校を卒業して出て行ってからの兄たちが気になります。

1

いいですよ!


今週もドキドキしながら書かせていただきます西おこ太です。はい。

「さわってもいかな」であります。はい。
こちらの作品は松本ミーコハウスさんの作品なわけでありますが、the✩通常運行!!な感じでした。ういういしているのに、そこはかとなくエロい。なぜ松本ミーコハウスさんの描く恥ずかしがる顔はこんなに胸を抉るのだろうか(真顔)
こちらの作品見てみたら2011年出版でありました。なかなかによい掘り出し物をしたと思うところであります。

中身についてですが、まぁ所謂幼馴染ラブです。
足掛け5年の両想いの成れの果て。
世間体だとか彼女だとか云々悩んでばっかの子と、お互いの気持ちを知っているけど、だからこそ手を出せない子。切ないね!!
なんて言うんだろう。つらい。彼女ちゃんもなかなかにいい子だし。
お互いに好きって分かってるのに付き合えないし、彼女ちゃんにも気を使わないといけない。
「これで忘れるから…」と言いつつ忘れられない…。
じれじれするし、むずむずします。
個人的には久しぶりのヒットでありました。

「さわってもいいかな?」
「(5年後なら)いいですよ!続き

と、いうお話。



蛇足でありますが、この作品と同じ出版社から出ている松本ミーコハウスさんの「恋のまんなか」もなかなかの良作であります。この「さわってもいいかな」がお好みの方なら、「恋のまんなか」も手に取ってみることをおすすめします!キュン胸です。はい。

1

イライラしたり、悲しくなったりしましたが

お互いの兄二人の濡れ場を見てしまったばかりに、気まずくなった幼馴染みの二人。
それから自分の気持ちをはっきりと意識し、結ばれるまでのお話。

志郎くんがうじうじしていてどうしようもないですが、女の子に逃げたりぎくしゃくするのって、逆に最初から正巳くんの事好きだったって事ですよね。
読んでいてイライラしたり、悲しくなったりしましたが、最後はハッピーエンド(?でよかった。
彼女も可哀想ではありますが、引きずったまま、結婚して一生後悔するよりも幸せにしてくれる人を見付けた方がいいと思います。
しかしドアくらい閉めようよ、兄よ。

志郎兄が美人さん過ぎて、お姉さんにしか見えません(笑)
テレビくんの気持ちの居酒屋の彼に似てますが、まあ、関係ないですね。
同一人物だったら、テレビくんのバイトくん可哀想。(多分、違う)

1

呪いを解くのは、素直さだ。

よかった…。
基本的に愛を感じる話が好きなので、
紆余曲折と長い年月を経たラストに
素直によかった…!と思える。


代わる代わる描かれる
志郎と正巳の内面が、
純粋な恋心と葛藤を
嫌と言うほど感じさせてくれる。

ミーコハウスさんの作品の中では、
重め寄りなほうなんだろうな。
でも「恋のまんなか」よりは日常感がある。
(兄たちのを目撃は比較的衝撃だが)
だからこそリアルさを感じられて、
切なさ度合いがかなり高い。


お互いの兄同士のHを目撃してしまったことで、
お互いを意識してしまう幼馴染のふたり。
志郎の”普通”と自分の気持ちの間での葛藤は
俯瞰して見ると確かに独りよがりなとこがあって、
イラッとしちゃう人もいるかもしれない。
でも、「男を好きになる」なんて
考えたこともなかった志郎は
兄たちの現場を目撃することで、
好きって言う純粋な気持ちの先にある
性のほうを先に意識してしまって
混乱して拒否してしまうんだよね。
未知の世界というか、
自分が考えたこともなかったことを
急に意識するとこういう反応は案外自然で、
続き私はそんなに苛々はしませんでした。

でもそんな志郎もきっと
「俺がどんだけ傷ついてもいいって思ってるよね」
っていう正巳の言葉に、
少し自覚をしたんだと思う。
でもそれでもどうにもできない彼女の妊娠話。
本当に、呪いだこれは。と思った。
正巳が「正直甘い」と思ってるとこには
志郎の方が切実でかわいそうな気もしたけど(笑)。


ミーコハウスさんの絵、クセはあるけど
表情がとても「クる」感じだと思います。
全体を通して志郎は大体苦しげな顔してんだけど、
その分後半の幸せな恥ずかしさの中で
赤らめる顔はなんともキュンとする。
ちなみに私、志郎の眉が気になって、
ちょっと表紙が好みではなかったんだけど、
中はそうでもなかったです。
だから表紙で敬遠してる人がいたら
背中を押したい。

そしてセリフ選びも絶妙だよなぁ。
モノローグのかけ方、回想の挟み方、
セリフのリフレインの仕方。
ドストライクに好みです。
「『恋の周期って 3年なんだって』
 そんなの 嘘だ」
にはぐっわぁぁぁあああっときました。
ミーコハウスさんと秀良子さんは
そういう心情描写面で私の二大巨頭です。


「恋のまんなか」が好きだった人は
好きなテイストのような気がします。
独特な絵柄で敬遠してるという人でも、
同性への恋心に葛藤する話が好きならオススメ。
そして先ほど個人的趣味を先述しましたが、
秀良子さん好きな人にもハマる人がいると思う。
女の子が当て馬になる話が嫌いな人はオススメしません。
BLにしては珍しく、かなりがっつり
物語の中核に絡むので。
でもそれが逆にリアルで真子の気持ちも分かるんだよなぁ…。


葛藤シーンが多い分、
気持ちが通じあった時に溢れる愛が、とても素敵。
言葉や行動で呪いはかかるけれど、
呪いを解くのもやっぱり言葉や行動だ。
この想いが、叶ってよかった。

2

やさしい。せつない。

ミーコハウス先生の作品は今まで読んだことがなかったのですが、こんなにやさしいトーンの作品に初めて出会いました

受・志郎に振り回される
攻め・正巳と志郎の彼女・真子

正巳は5年間も健気に志郎を思いつづけて
正巳が真子と付き合い始めても
もしかしたら…と期待しては傷つき

志郎は正巳を想う自分の気持ちを
必死にごまかそうと
女の子(真子)と付き合いつづけることに疑問を抱き

そして真子は志郎がいつもどこかで
自分以外のだれかを想っていることに
薄々気付きながらも
志郎を繋ぎ止めたくて嘘をつく


お話の雰囲気は優しいのですが、
登場人物3人はそれぞれ悩み傷つき
5年という年月を共に過ごします


女性キャラが出てくると
つい邪魔者ポジションになりがちですが
真子の気持ちも痛いくらい分かるんですよね
真子は「振られるんじゃないかと思ってた」
と言いますが、これを言うことで
志郎が振れない状況にしましたよね苦笑
でも恋する女の子ってまさにこんな感じだよなって思いました


やっとやっと志郎が素直になれたところからは
ひたす続きらきゅんきゅんしました
志郎の「好きなこと…ごまかしてて…ごめん」
にはうるっとしちゃいました

正巳は5年間も志郎を想い
志郎は正巳への想いを5年間ごまかし続けても
結局好きな気持ちは変わらなかった
長かったそれぞれの想いが重なって
これからはその年月を埋めるように
互いを大事にしていってほしいです

4

たぶんそうなるだろう

BLでここまでハッキリと女の子が恋敵として頑張るストーリーって稀有だよね・・・
お互いの兄たちのセックスを見て逆にそうなるのはおかしいっという方向に自分の気持ちに逆噴射をかけてしまう志郎が正巳に対してだしたのは触るな、忘れろという脅し。
そして、その無意識のカムフラとして利用されるのが二人が実は惹かれあってるのは解ってる真子。
でも真子も正巳も生々しくただもんじゃない。お互いが争うわけではなく、すがるわけでもなく単に縛り上げていく。
でもそれによって苦しめられる志郎、単純にはやーな奴なんだろうけど、凄く共感できるんだよなぁ。
性的にまだまだ未分化な中学生がいきなり自分が男が好きなんて異常事態、すんなり普通呑めないよね。

1

キュンキュンする~!

うひー、さすが松本ミーコハウスさん。
登場人物が可愛くて可愛くて、切なくて、キュンキュンしました。
幼馴染みものはたくさん読んできたけど、こういう切り口もあったんだなァと再発見した気分です。

まず主役二人のお兄ちゃんカップルがイイ!お兄ちゃんカップルが主役でも面白かっただろうなと思うほど、萌えました。
たまたま主役二人が、このお兄ちゃんカップルがエッチしてる場面を見てしまったことから話がはじまるんだけど、なんの心の準備もなかった状態で目撃してしまったことで、いろんなものが狂っちゃったんだよね。攻めのほうは自覚があったみたいけど、受けのほうは自覚がなくて幼すぎた。
もしこの時に見てなかったら?と想像すると、すごく面白いです。

当て馬になった女の子を、イヤな子にしてしまわなかったところも好きでした。
女の子をイヤなやつにしたほうがストーリー展開としては楽だろうし、そういうお話のほうがBLには多いんだけど、松本ミーコハウスさんはそんな安易な方法は取らないのさ!
そのぶん主人公がイヤなやつになっちゃったわけだけど、「主役二人だけがキレイな場所にいて泥をかぶらないお話」がものすごくキライな私続きなもんで、私はきちんと主人公に泥をかぶせたこちらのストーリー展開のほうが断然いいと思いました。

ラストにやっときたエッチシーンでは、もうもうニヤニヤとキュンキュンが止まらない。ひたすら萌える。怒涛のように萌えまくり。
解き放たれた気分でした。
上手いなぁもう。
松本ミーコハウスさんは天才だと思いました。

4

焦らしプレイの呪い…って!

すごく焦らされました~(*´∀`)ノ

正直、短気なんで臆病すぎる受ちゃんの優柔不断さにいらいらいらいら…

でも、耐え忍ぶ攻がとっても健気で痛々しくてすごく萌た!
彼が少しもズルしないで自分の下心とか黙殺する姿はいいです。

ただ、兄貴同士のカップリングの方が個人的に好きだったため、「神」にはいたらず…^^;

作中のセリフがいいですよ!
さすがミーコ先生!

拙い学生のもつボキャブラリーでこれほど胸がキュンとするセリフを考えられるとは!

『恋のまんなか』
『テレビくんの気持ち』
など過去作品と比べるとHは控えめですw
まあ、焦らしプレイですから!

1

いやだといっても私は触るっ!

最後にズキュンと行きました(。-∀-)ニヒ
ミーコさんの作品やっぱり好きれすv
今回の二人は幼馴染。中学生の時分、お互いの兄がヤってるところを目撃してしまう。軽いトラウマですね。
動揺さめやらぬなか、隣の部屋でアンアンはじめちゃったりとかなんとか。
や、これはお兄ちゃんたちが悪いww
っていうかね、この兄ちゃんたちがまず高校生だったことにワタシは驚きでありまして、、、もっと年行ってるのかなとおもってた・・
おいといて
そのトラウマがあってから、少しずつおかしな方向へ錯綜していきます。
好きなわけではないけれど、女の子と付き合って。
これが普通なのだと言い聞かせる。
攻が自分のことをすきなのだと知っても受け入れられない。
胸の奥に刺さったあのときのことがつっかえて~なモヤモヤな展開。
これが長っ!と思うほどの年月をかけてるのがまた。

恋の周期の3年。
後半。少しずつ大人の階段を上って、大学生。
大人と子供の境にたった二人。
幼い頃はどちらかといえば攻のほうが表情クルクルしてましたが、少し大人になってからの受の表情の微妙な変わり方が好きです。
居眠りし続きている攻の前髪を撫でるシーン。
少し唇の端を上げた笑い方がすき。
妙にドキドキしてしまう、一人きりの表情が好き
キスを拒めなくて、目を閉じてしまう真っ赤な顔がかわいかった。
結局追い詰められたからこそ出た答えなのだろうと思う。
そのせいで傷つけたヒトも勿論あったとおもう。
大人になってやっとかなった恋。
長かったぶん、ちゃんと取り戻せるといいな~と思いました。
甘えた声、言葉。嬉しそうな笑顔。
全て最後で救われる。そんな作品だったかな。
ちょっとその後のストーリーも読んでみたい、もぉないのかな??

2

みんなみんなズルイ

これは受の優柔不断さを受け入れられるかどうかが、好みを分ける作品だと思います。
私はこの受と同じくすっごい優柔不断なので、受がグルグル悩むのがよくわかるし、
ズルイのは受だけじゃなくって、攻も、そして当て馬役の女の子もズルイと思います。
だからそういう意味ではこの受、嫌いじゃないというか…むしろ好きだったりしますww
5年間も意地張り続けてたなんて可愛いじゃないですかwww

お互いの兄同士のセックスを見てしまったあの日から、お互いの間に溝ができてしまった、幼馴染みの志郎と正巳。
正巳は志郎のことが好きなんだけど、志郎のほうは「男同士」というものがどうしても受け入れられなくなっちゃったんだと思う。
絶対に男同士はダメ、ましてや正巳なんて絶対にダメ。
そういうのが志郎の根底にできちゃったんだよね。
正巳のことを変に意識して、正巳に惹かれている自分から逃げるために、自分のことを好きな真子と付き合って。
志郎の人生“逃げ”ばっかりです。
正巳は志郎に触られると、彼を異常に意識して邪な感情を抱いてしまうから「触ってほしくない」。
一方の志郎は、正巳を意識してしまう上に続き、やっぱり男同士は気持ち悪いっていう気持ちがあるから正巳には「触ってほしくない」。
微妙に違う二人の温度差が切ないです。
二人とも仲良くしたいはずなのに…。
そうして志郎は真子と付き合いはじめ、正巳はそんな二人を見つめながら時は流れます。
二人が付き合いはじめてもずっとずっと志郎が好きな正巳。
「一生おあずけなんてひどい」
「呪いだよ 一生焦らしプレイの呪い」
うん、重い。正巳の気持ちは正直重いくらい深い。
正巳の気持ちに気づきながらも逃げて、真子と気持ちもないまま付き合い続ける志郎。
志郎の気持ちも逃げている理由も薄々気づきながら、自分の気持ちを伝えない正巳。
そして志郎が自分に気持ちがないってわかっていながら、志郎をつなぎとめておくために必死な真子。
みんなみんな、ズルイ。
でも恋って結局はがむしゃらに縋りつくもんだって、この3人は必死に恋をしているんですよね。
思わず、若いな~と思ってしまいました。
中でも一番バカでどうしようもない志郎は、最後の最後までバカで、それでも必死ですっごく愛おしかった。
二人とも泣きながら抱き合って可愛い以外の何物でもない。ああ可愛い可愛すぎるよ!!!
そしてここにきて「触らせて」とは!!!
5年たってようやくですよ!!!
ミーコハウス先生…上手すぎます><

やっぱりミーコハウス先生大好きです!!
なんというか、心理描写が本当に巧みですよね~。
3人の揺れ動く気持ちがすっごく丁寧でした。
オタオタうろたえる姿とか、かと思えば正巳とか腹黒だったりして。
真子の鬼のような形相は本気で怖かったしwwww
あああああ…たまらん。
キュンキュンしっぱなしでした!!!
あと兄CPが非常に萌えでした。
オラオラ攻(と見せかけて実はワンコ)×意地っ張り美人受。
兄CPで丸っと一冊読んでみたかったりwww
ルチルで連載中の「星の数ほど」も早くコミックス化希望です!!!

5

攻めの辛抱強さにただただ脱帽ww

またまた幼馴染みものキターッ!(≧∇≦)
設定は違えど、幼馴染みゆえのすれ違いや葛藤は何度読んでもきゅんきゅんで切ないですね!だって今回はもうタイトルからしてヤバいし←焦らされるのはもはや明白w
これだから幼馴染みモノは止めらんない!

お話は主人公2人が自分達の兄同士がHしてる現場を目撃してしまう所から始まります。身内の濡れ場を見てしまう事自体がキョーレツなのに、それが男同士なもんだから余計にその衝撃は計り知れないものがある。しかもこの時の彼らはまだ中学生。思春期の子供には、さすがにコレは刺激が強すぎたww案の定、それ以来お互い相手を意識し過ぎて(←特に志郎が)2人の仲はギクシャク。自分に正直であろうとする正巳とは反対に、マイノリティな現実から目を背けたい志郎は女の子と付き合うというズルい選択で軌道修正を図ろうとする。
自分勝手な理屈だよなぁと思いつつ、でも未知の世界に対する怖さから保身に回るのは仕方ない気がしました。まぁあまりのその自己中な優柔不断さにイライラッとさせられる場面も多々ありましたがww
でもだからこそ、正巳の献身的とも言える一途な想いには頭が下がるってもんです。
志郎続きの残酷な「友達宣言」から5年。彼から離れるでなく、女の子と付き合う志郎の傍でずっと自分の感情を押し殺し続けてきた正巳。夢の中でしか思い通りに出来ない現実に、全てを諦めたような溢れる涙がめちゃめちゃ切なかったです!
『一生おあずけ なんて ひどい』
は久々胸にズドンときた名シーンでした。
一見ヘタレっぽく見えがちな正巳ですが、彼の場合はただただ優しいだけなんですよね。いつでも志郎の事を一番に考えてる。
それに比べ、彼女の妊娠騒ぎでヤケを起こしたり、正巳や自分の気持ちに気付きながら正面から向き合おうとしない志郎の身勝手さにはホント何度も「キーッ(`皿´)」ってなりそうになりましたww
最後の告白にしてもねぇ…彼女に背中を押されてってのがなんだかなぁ…(苦笑
せめて告白の決意くらいはキッチリ自分の意志で決めて欲しかった^^;

正直、素直にハッピーエンドと喜ぶには多少のモヤモヤ感が残るお話となりましたが、まぁ最後は長年の正巳の想いが報われたので結果オーライ!…なのかな?ww
今まで散々振り回してきたんだから、これからは彼女の分も含めて正巳を幸せにしてあげてねって感じです(笑

ということで今回は正巳の健気さを讃えて萌え評価に一票!w

4

5年もかかってやっとわかる気持ち

幼馴染モノです。
なかなかウジウジする主人公・志郎に「テメー!いい加減腹くくれよ!」と密かに心のツッコミを入れながらも(w)、それでもキュンキュンと幼馴染の恋の成就に胸をときめかされるのです。
この志郎のこだわりが、”男同志”であること。
こういうったものってやっぱりBLっていいよね~♪と思う原点なんじゃないでしょうかv

面白いのは、主人公達の外見の変化です。
中学生から始まり、ラストは大学生。
子供子供した表情の彼等が、体格も含め少しずつ大人な表情になっていく。
彼等の兄という存在も前半登場するのですが、何気に志郎の兄は正巳に、正巳の兄は志郎に似ている!?(変なんですけどねw)
しかし、兄弟揃って、受け同士&攻め同士というのが・・・
外見だけなら志郎は一見攻めっぽいんですけど、受けっぽい正巳が攻めというのも、また萌えツボですねww

幼馴染の志郎と正巳が中学生の時、互いの兄同士がセックスしているのを見てしまう!
この時の互いの反応が、後々を決定していくんですね。
冷静に対応できる正巳と、オロオロしてテンパってしまう志郎。
「俺達はあんな風にならないよ!続き」って顔を真っ赤にして叫ぶ志郎ですが、ここで、彼のこだわりができてしまうのです。
別に男同志が気持ち悪いとか、嫌とかそういうわけじゃないのですが、兄同士という部分で自分達もひょっとして、という無意識の危機意識ではなかったのでは?と思ったのです。
悩む志郎をよそに隣の部屋で兄達がセックスを再び始めてしまい、そのせいでか、正巳とキスする夢を見てしまったのですから。
でも、その日を境に確かに正巳も志郎も互いを完全に意識して、でも、その気持ちを隠して、それぞれのスタンスで高校、大学と腐れ縁は続くのです。

志郎が超ヘタレ。
正巳も健気で、でも強引に出ることはできなくて、やっぱりちょっとヘタレて、二人ともヘタレじゃジレッタイ~!!と堪忍袋の緒がきれそうになるところ、何とこのお話はそれすらも萌えに昇華していくのですよ(自分的基準w)
志郎に彼女が出来たことで、確実な変化が彼等に訪れるのは、お約束設定かもしれません。
でも、不器用で切なくて、可愛らしい時々憎たらしい二人の青春は、胸がキュンキュン高鳴りを覚えてどうしようもありませんでした。
正巳と志郎、何故だか二人きりになるといつも顔を赤らめているんです!
どんだけ二人して乙女なんだよ~!(爆!)
正巳が本当、イイ奴で、ちょっと大人でよかったです。
是非是非、焦れったい胸キュンを体験してくださいw

3話の表紙・・多分正巳だと思うんですが、こんな格好いい男なんですか!?とビックリw(チョいヘタレてるけど)


4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ