目を閉じる前に

me wo tojiru mae ni

目を閉じる前に
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×217
  • 萌12
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
12
得点
144
評価数
37件
平均
3.9 / 5
神率
21.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784862638953

あらすじ

兄の友人である宗一と身体だけのつき合いを続けている夕太。だってずーっとずっと宗一さんに片思いをしてきたから───
だけどその宗一が兄を好きなのではと疑い始めたら、この関係がもっと辛くなってきて…?
夕太の友人・斉藤の恋を描いた関連作+読み切り作品「勝負にならない」も収録! トクンと胸に降るラブvストーリー。
(出版社より)

【まさお三月先生コメント】
社会人×大学生、大学生×大学生
社会人×社会人の3組×2話の計6話です。
描き下ろしは「メガネ萌え」のテーマで10Pです。
よろしくお願いします!

表題作目を閉じる前に

兄の友人のサラリーマン 平田宗一
ずっと片想いの大学生 夕太

同時収録作品目を閉じた後に

結木隆弘 大学生
斉藤 大学生

同時収録作品勝負にならない

大島 会社員
豊口 チェーン店の喫茶の料理担当

その他の収録作品

  • メガネ萌え
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数12

本当に欲しいのは「からだ」じゃなく「こころ」

「目を閉じる前に」
あらすじはちるちるさんにお任せで。
まさお三月さん作品にありがちな(?)両片思い同士というか、
正直、ちょっとめんどくさい人たちというか(笑)‥。
このカプ5歳差なんですが、
成人したらというか、年をとればとるほど、
5歳くらいの差って、なんてことないじゃないですか!?
35歳と30歳とか、50歳と45歳とか。
でも、10代の5歳差って圧倒的ですよね。
17歳と12歳‥高校生と小学生ですもんね。

「目を閉じた後に」
夕太の幼馴染兼親友の斎藤と同じ大学の結木の話。
実は、夕太は男たらし炸裂チャームの持ち主で、
斎藤は夕太の貞操(?)を守るため、
用心棒のようにくっつていたんだけど‥。
エチはチュー止まりです。

「勝負にならない」
何をやらせても完璧な大島と彼と十年来の親友の豊口。
何一つ自分が秀でるものはないと卑屈になっていた豊口だが、
あるとき、大島の想い人が自分であることがわかって‥。
大島の豊口に対する想いの真剣さが斜め上を行ってて笑えます。

「メガネ萌え」
「目を~」の2カプでメガネあるあるな話。

0

笑えてきゅんとして・・・。


ほぼ1冊の半分くらいが1つ目の作品。
なかなかに切ない部分がしっかりあるのに
それでも笑える部分があり・・とまさお三月さんの作品!という
感じでした^^

2つ目の作品は、1つ目と関連していました。
1作目の主人公である夕太くんといつも一緒にいる斉藤くんが主人公。
斉藤くんは夕太くんを守るために、いつもいつも気を張っていたんですねぇ。
そんな斉藤くんを癒す存在が、結木くん。
なんとな~くですが、どんなことでも大きく包み込んで
ゆったり構えて落ち着き払っているタイプかと思っていたのですが、
飲み屋さんでの行動にはキュンと来てしまいました♪

まさお三月さんらしい笑いあり切なさありな
楽しめる作品でした~。

0

メガネ率

まさお三月先生は今、ディアプラスで連載中の「求めてやまない」で知りました。

3カップルの話がありますが、どちらかは必ずメガネをかけてる。
描き下ろしもメガネにまつわる話だった。あとがきでメガネ率が高いとまさお三月先生もおっしゃってました。

「勝負にならない」の主人公、豊口がバイト先で長めの髪を縛っていて更にメガネをかけてる姿に萌えました。

気になるのはブラコンな夕太くんのお兄ちゃん広輔。
果たして、お兄ちゃんはゲイなのか。
ゲイだったら、受けでも可愛いなと思います。
それか、弟の話ばかりで嫉妬した受けに襲われる攻め。

お風呂上がりの夕太くん。シャツ1枚で四つん這いなったところ、お尻を宗一さんに弄られちゃうんですが……めっちゃセクシーな格好。そのシーンがエロくて好きです。(彼シャツか?)

全体的にはエロ少ないけど、始まったらみんなエロそうだ。

0

連携プレー

まさお三月先生の「それでも構わない」がお気に入りです。電子版はほとんど読んでいてこれもその中の一冊。

夕太は兄の友人の宗一に週一回抱かれている。でも片思いだ。宗一が本当に好きなのは兄。
ある日、宗一と兄が会っているのを見てしまって夕太は…

まったくのすれ違いで、なんと5年以上も関係を続けていたのに、宗一は夕太を恋人と思い、夕太は片思いだと思っていたなんて、かわいそうです。
まったく宗一ボンクラです。ちゃんと告白してあげてください。少し痛い目にあって下さい!いや、そんなたいした目にはあわないけどw

夕太が外泊が多くなって兄に注意されるのをフォローしたり、ずっと片思いの相談に乗ってくれて、最終的にはボンクラ宗一に助け舟まで出してくれたなんとも素晴らしい友人斉藤くん。
次のCPはこの斉藤くんと大学の同級生結木くん。

最初は夕太目当てだと思って斉藤は結木をうとましく思いますが…
純粋に夕太を守ろうとしてきて他に付き合いのなかった斉藤。結木に一緒にいたくているんだからと言われてちょっと意識します。

夕太がノンケ同士のふたりを心配して斉藤くんにコンドームをあげ続きるところが微笑ましいというか、斉藤くんが夕太のことを意外と大人だったんだと認識するオチがいいです。

次は上記のCPとは関係ないお話。
なにもかも完璧な大島と10年来の友人関係にある豊口。
毎週家に来て豊口のご飯を必ず食べていく大島だが、職場での部下への心遣いをさりげなくアドバイスしてくれるとか、とにかくやることなすこと完璧で、豊口は引け目を感じていた。
ある日、大島が本当は食事も完璧に作れると知ってショックを受けバカにするなと暴れる豊口に、大島は突然キスをして好きだと告白。
食事を作れることを隠してまでなぜ豊口のご飯を食べに行っていたかを話します。
とりあえず告白の返事は様子見となり…

気持ちに気付いた時にちょっとすれ違うのは定番。その後に「我慢していた」のが何にというのを豊口が誤解していて、あれよあれよと言う間にえっちになだれ込むも我慢しすぎで…の展開が面白かったです。

SSは最初の2CPの微笑ましいお話。相変わらず夕太の斜め45℃の悩み事に振り回されるカレシの宗一と友人の斉藤。その斉藤を慰めるカレシの結木。絶妙なコンビネーションな2CPです。

1

眼鏡祭り

眼鏡さんばかり、3CPのお話が入っています。

表題作「目を閉じる前に」 リーマン・宗一さん×大学生・夕太くん
夕太くんのお兄ちゃんの友達である宗一さんにカテキョをしてもらった縁で知り合う二人。両思いなのに言葉が足らず片思いだと思っていた、という王道ストーリーです。
宗一さんの持っていた写真が原因で夕太くんは勘違いするのですが、そりゃ勘違いするでしょ…。紛らわしい写真を持ち歩くな~!と宗一さんに言いたい。
でも夕太くんももう少し言葉に出しても良いんじゃないかい?まあ、可愛いから良しとしよう。

「目を閉じた後に」 同じ大学に通う大学生同士 結木×斉藤
表題作「目を閉じる前に」の夕太くんの友達の斉藤くんのお話です。「~前に」でいい味出してた斉藤くんが出ていて嬉しかった。
でも結木くんにキスされた後からの展開が早くて「?」ってなりました。もう少し斉藤くんの葛藤があっても良かったかな、と。
最後の意外に大人な夕太くんのオチが面白かったです。

「勝負にならない」 リーマン同士 大島×豊口
仕事もできて、顔も良い、豊口くんから見たら完璧な大島くん。そんな大島くんに勝て続きるところは料理だけなのだけれど、実は大島くんは料理も上手で。
ふざけんな、料理できないってだましてたな!と怒る豊口くんだけれど、隠してた理由は…。と言うお話。
理性総動員で頑張ってた大島くんが可愛かった。最後にうっかり暴発してしまうところは思わず爆笑でした。

ワタクシはあまり眼鏡萌えしないのですが、これはうっかり(いや、失礼)萌えてしまった…。3CPともにとても可愛かったです。

0

兄の友達。すれ違い。友人。

宗一(兄の友達、会社員)×夕太(大学生)

メガネ萌え全くないので、メガネ感想はありません。

表紙より、中表紙の方が好きでした。

宗一は、兄の事が好きだと、弟の夕太は長年思いこんでるわけですが、

五年?長らく勘違いってどうなの?
とか思ったりしますが

宗一のほんわか加減が、それをかき消してくれた気がします。

弟思いの兄かっこ良いです。

夕太の友人斉藤君、めちゃ良い男だな、と
思っていたら、男とあっと言う間にくっつきました。
展開早過ぎないかな〜

斉藤君話もっと読みたかったので
残念。

まさお三月さんのイラストは見やすいです。

0

地味眼鏡が素敵

まさおさんは、以前よりタッチが丸くなったかなーという印象を受けました。
見やすくなって、私は好きです。

お話自体も攻めの優しさが溢れていて、安心出来ました。
派手さは決してないけど(すみません)、
好きな人を想う気持ちがストレートに表現されていて、じんわりきます。
ごちゃごちゃしたような他のお話を読んだ後は癒されるんじゃないかな。

些細なすれ違いも誤解も、お互いの関係を確固たるものにするためのプロセス。
恋人同士になるには、避けて通れませんよね☆

優しい攻めを求めるなら、ぜひ本書でw

1

ちょっと地味かな

先日読んだ「あと一息で愛」がよかったので、家の中を捜索して見つけ出して読んでみた。
この本、全体として悪いところはないけど、ちょっと画面が地味とういうか、むしろ詰め込み過ぎっていうか、、確かに、これでは、全体の印象として、記憶に残りづらいかな。
表情のひとつひとつはなかなかいいんだけど、タンスの引き手や畳の目より、もっと身体を描いて欲しいなって感じ。
登場キャラの性格が、みんな素直なところは、とても好感もてる。
お話のオチの付け方とかも好き。

0

あなたはどのメガネが好きですか?(笑)

メガネ祭りでした。
3CPの話があってどれもメガネが出ている。
あなたはどのメガネが好きですか?(笑)

私が気に入ったのは2番目のメガネでした。
「目を閉じた後に」
表題作の受・吉沢の友達のお話。
この物語の主人公は斉藤というのですが、この子がなんかかわいいというかほっとけない感じというか気になる感じの子で。
常に吉沢のためにとがんばっているんだけども。
そんな斉藤に声をかけてきたのが結木。
この結木が少しずつ斉藤沢に惹かれていくのが見てとれてなんだか一緒に恋をしているような…。
斉藤の方もはっきりとはしていないけれど、どこかほかの人間とは違う目で結木のことは見ることができるようで。
少しずつ無意識ではあるのだろうけれど、甘えられるようになっていくようで。
最初ちょっと斉藤って吉沢の兄のことが好きなのかなって思ったけどそうじゃなかった。
もっと吉沢についてはいろいろ思うところがあったんだな。

このお話、前後編になってたんだけどタイトルページを2つ並べるとなんだかとてもかわいいというかイイ雰囲気でステキな絵になりますv
この斉藤がキレイなんだわ!
続き
あとは「勝負にならない」のオチというかなんというか。
ラストのコマの攻の後ろ姿が憐れすぎるというか…(笑)

かわいらしい絵を描かれる方なのにギャグというかそういうコマになると非常に楽しいくらいにキャラがオチャメになるのも素敵。

1

眼鏡万歳です。

なんともメガネがいっぱいコレクションだな~(〃∇〃)
そして眼鏡を取ったときのまつ毛の長いとことか、リーマンの前髪がばさっと落ちて、案外あどけない顔だったりとか、風呂上りにシャツは着てても下はなんでおパンツ履いてないの?とか、無自覚無防備な天性の誘われちゃんとか、様子のおかしいお兄ちゃんとか、弟もやっぱりおかしいんだな、なとことか、ボンクラリーマンとかキラッキラエリートとか、キリキリしてる受けにふさわしいおっとり穏やかで明るい番犬攻めとか、まあとにかくすべてが眼鏡です。
テンプレだってわかってても、ほんわか癒されるまさおさん作品。好き。
ちょっと絵が変わりましたね。ますます目が可愛くなってます。

0

純度100%眼鏡!

今回の新刊でコミックス表紙、4連続眼鏡だそうですww
言われてみればホントそうだよ!どんだけ眼鏡が好きなんだ、まさおさん(笑
てか、そんな眼鏡だらけの一冊に萌えたぎらされた私もやっぱり大のメガネスキーw

□目を閉じる前に 1・2
兄の友人・宗一と身体だけの関係を続ける夕太。彼が兄を好きなのでは?と疑いつつも割り切った付き合いを心掛けていた夕太だったが……って、ちょ待っwwこのお話、オチがかなりゴーインな気がするんですけど!(笑
ここからちょっとネタバレ注意。夕太は完全な自分の片思いだと思って今まで辛い気持ちを押し殺してきたというのに、宗一の方はすっかり恋人同士のつもりでいたってゆうね!その仰天な天然っぷりに大ウケ!しかも5年も付き合ってて(?)一度も好きだと言った事がないって…更に写真の真相にしても、アレは…ちょっと、ね?(苦笑
誤解も解け、晴れて恋人になってからの彼らはただただバカップルに磨きがかかっただけデシタ。勝手にやってろって感じ?w

なので私はどっちかてゆうと夕太の友人、斎藤のお話のが萌えました!
□目を閉じた後に…前・後編
夕太の世話に明け暮れる斎藤に仲良くなりたいと近続き付いてきた結木。最初は夕太狙いか?と警戒していたが、親しくなるうち結木の人柄に心を許すようになって…
もうホントこの2人はどちらも萌えツボでした!誰にも頼れなかった斎藤が結木の前でだけ寝顔を見せたり、涙を零すシーンはもう見ててハートがキュ~ン
そんな斎藤に惹かれていく結木の心の変化も手に取るように分かって、Hはなくとも幸せそうなキスだけでお腹いっぱいになりましたw

□勝負にならない 1・2
これはエリートモテ系攻め+眼鏡×平凡受けの設定だけで、もはや私的には読む前からノックアウトなお話でした(笑
好きになった方が負けとはよく言ったもんで、見た目やスタンスは違えども好きになった相手には適わない…みたいなね^^
デキる男かと思ってた攻めが意外にもヘタレてたのに笑えたww最後の「Hで失敗」なオチなんてもう不憫としか言いようがナイ…が、そのギャップにまた萌え!
まさおさんのヘタレはどこか間の抜けてる天然な感じが凄く好きです~NOヘタレ主義の私でも全然大丈夫なくらいにw

描き下ろしでも充分にメガネ萌えを堪能出来たし、内容も萌えも含めて大満足の一冊でした^^

ただ眼鏡のバリエが少なかったので評価は限りなく神寄りの萌え!←え、ソコ!?w

0

眼鏡色々萌えv

最初が、ちょっと鈍感な年上眼鏡、2番目が世話焼き苦労症眼鏡、3番目がヘタレ優等生眼鏡、と何気に読み終わったら、あ!眼鏡三昧だった♪
おまけに描き下ろしがダイレクトに『メガネ萌え』と、登場人物達全員にメガネをかけさせてww
そんな、メガネ萌えにおくる一冊なのかも!です。
まさお三月さんの本って、表紙もシンプルでちょっと地味目。
お話も誠実で、華がないといえばそうなんだけど、でも何度でも読み返したくなる、読み返すうちに色々なモノが見えてくる味がある作家さんと作品だと思うのですよね。
その丁寧な感じが今回もにじみ出ていて、主人公達がとんでも勘違いをしてすれ違う様に思わず笑いがこみ上げるのです。

年上メガネ×大学生
夕太は兄の友人の宗一が家庭教師に付いてくれた時から好きになり、告白ではなく何となく襲う感じでなし崩しに恋人に発展した関係。
宗一のパスケースに兄の写真があって、宗一は兄が好きなんだと思い、自分は身代わりだと思い込んでいる。
この宗一が間抜け(爆!)
あれ?好きって言ってなかったんだ~ww
その写真の真実が解った時、もう笑いました、笑ったよ~♪
で、誤解が続き解けて、晴れて互いが本当の恋人になった途端に夕太が宗一を避け始めて・・・
この夕太がひねくれてるなー、と思うんですが、友人の斉藤のフォローがナイスで、まるで母ちゃんみたいw
夕太のキャラが淡々と平気そうで、実は初心でヘタレで、そう見えないのが意外。
宗一、振り回されっぱなしですが、これってずっと一緒にいたからまだ会話することに慣れてないのかしら?
頑張れ!宗一。

まっすぐ男×世話焼きメガネ
夕太の友達で、甲斐甲斐しく夕太の相談相手になり、面倒をみる友人・斉藤がむくわれますw
こんなに夕太の事世話やいて、本当は好きじゃなかったのかな?って思うんだけど・・・
そんな彼に興味を持って近づいてきたのが、結木。
彼もまたイイ奴なんです。
斉藤が夕太を守る為にずっと側にいるっていうのがわかって、斉藤も大変だったね、ってねぎらうと斉藤の目からポロポロ涙が・・・
これがカワイイ!
いつもしっかりもののお母さんみたいな斉藤、彼だって甘えたい時も、肩の荷も下ろしたい時もあるんだよねv
もう、夕太には自立してもらわないと!

ヘタレ優等生メガネ×やんちゃツンデレ(?)
いつも豊口の家にご飯を食べにくる10年来の友人・大島。
ルックスもよく頭もよくデキる男の大島に唯一勝っていると思っているのが料理。
でも実は・・・
大島が10年も豊口の気持ちをずっと溜めていたそのヘタレ具合に、かわいいところあるじゃん!
そして、告白の返事を保留にした豊口は、彼に勝てる部分がなくて悶々と悩むのですが・・
ここで盛大な勘違いから上手く転がってしまうという、何だかクスリと笑ってしまう、やはり優等生メガネのヘタレが冴えるのですv

そんなキャラを生かして全員総出でメガネ萌え描き下ろしも堪能させてもらいましたw
本当に”地味”なんだけど無駄がないっていうか、読後感がすごく柔らかくて読みやすいのがいいところですね。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ