背中合わせでキスを

背中合わせでキスを
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×210
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
8
得点
66
評価数
24件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784344821378

あらすじ

家が隣り同士で同い年の都弥と皓は、物心つく前から何かにつけて張り合っていた。周囲からは良きコンビに見られているが、本人たちはライバルとして意識し過ぎてお互い素直になれない。中学3年の夏、いつものケンカのあと皓が急に転校してしまう。11年後に偶然再会したふたりは……!?
(出版社より)

表題作背中合わせでキスを

再会した幼馴染のイソ弁 三神峯皓・26歳
グラフィックデザイナー 桜井郁弥・26歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

農家の彼GJ。

作家さんとタイトル買いです。
切ないお話だと嬉しいなと購入しました。
何も言わず引越した場面と優しい風に吹かれながらベンチに座っている場面、ぴょん吉を見つけたあとの、感情が交わらない2人の会話。
ジーンと涙が出ました。

中盤後半で佐久間の元嫁にビンタされた受けが不憫です。
子どものこともあるのかもしれませんが受けのせいで再婚出来ないじゃないとキレられても!!!
当て馬自身がすごい悪い人かとても良い人はあるかもしれませんが元嫁が出てきてキレられてもどうしたらいいの!と思いました(笑)

攻めの結婚してしまうのが確定していてそれがどうなってハッピーエンドになるのかなと思いましたが、初めの方で出てくる映画での「花嫁を奪う」伏線がまさか最後に回収されるとは思いませんでした!花嫁というより花婿を奪う彼氏!
そうか・・・花嫁には農家の彼がいたんだと結末を読むまで忘れていました。
私的にはお話の雰囲気的に式の最中に教会のドアをバンッ!「その結婚待った!」とするような感じじゃなかったので結婚式が終わってて(中止になってて)よかった・・・農家の彼GJ。
もう一度、農家の彼GJ!続き!!

0

夏休み昼ドラ風

ケンカップルを求めて辿り着いた本作品。
確かにケンカップル。
中学生時代のお話は自覚攻×無自覚受のなんともまぁ
甘酸っぱいというか青臭いというか可愛いケンカが続きます。
女子生徒からの告白を問い詰めるシーンも
カメの名前を白状しないシーンも
「あらあら、男になりかけてるのねぇ」と、気分は攻のオカンです。
再会後の二人の関係は中学生時代と大差はありません。
が、学歴・職・身長と差がついて血統書付大型犬とキャンキャン吠える雑種小型犬イメージに拍車がかかり勿体ない。
ケンカップルは同レベルの方が萌える(完全に嗜好の問題です)のに。
当て馬の前妻と娘が出てきたあたりでドロっとしたものが加わります。
ついつい「昼ドラかよ!」と突っ込みたくなる展開。
当て馬退場のイベントでしかなかったので何かが救済されるわけでもなく
苦い気持ちに・・・
ココとラストの結合がなければ10代にもおススメできそうな
ライトで可愛い作品です。

1

あまりにも大人げなくて・・・

幼馴染で再会もの?設定は悪くないんですが、う~んなんとも微妙で乗り切れませんでした・・・

私はどうも、安曇さんとは相性がよくないらしくて、何読んでもまったくいいと思えないんですよね。その中でもこれはここまででは最低(この後『臆病なサボテン』でワーストを更新しました)。

これはとにかく、キャラクターがまったく好みじゃない。もともと行き過ぎた意地の張り合いCPは読んでてうんざりするんですが、これはもう読みながらイライラし通しでした。意地っ張りが片方なら(攻受問わず)また違ってくるんですけどね。

皓(攻)は、頑固なわりにヘタレ?でもヘタレ大好きな私ですが、このヘタレ(だとすれば)はまったく受け付けません。

中学生の頃はともかく、大人になってからも意地の張り合いが過ぎて『そんなに譲れない意地なら最後まで張り通せばいいんじゃないの~。そんなんで付き合っても上手くいくとは思えないね』と突き放して見てしまったんです。2人とも、あまりにも大人げなさ過ぎてダメでした。

ラブに関しては、なんというか他力本願過ぎないか?皓の婚約者の元彼(農家の。この彼がいちばんよか続きったかもしれん)が行動しなかったらどうする気だったんだろう。諦めて運命に任せんのか!?
なんかもう、悉く好みじゃなかったですね。

あと、ラストに無理矢理突っ込んだようなHにも違和感しかなかった。いきなりそこまで行くんなら、それまでにもうちょっと何とかなるんじゃないのか?というかしろよ!と。

じれったいのもぐるぐるも大好物ですが、問題はその内容なのね・・・と改めて思いましたね。すごい疲れました。
どうやら『ケンカップル』というらしいですが、私は全く受け付けないです、こういうジャンル(?)は。でも安曇さんにはよくある・・・ような。だから合わないのか!?

ただひたすらに読むのが苦痛でした。

8

幼馴染と意地っ張りと

たまたま本屋さんで見掛けたのでお買い上げした1冊。
手に取った時、すぐに三池ろむこさんの表紙が目に飛び込んで来た可愛さにほっこり。
以前おすすめ頂いた時に、安曇さんの文章の綺麗さと言うか巧さと言うか、読ませる力に引き込まれたので、期待大で読み進めました。

同い年で誕生日も3日違い、しかも住まいはお隣同士と言う郁弥と皓。
いつも一緒で仲良しかと言うと実はそれだけではなく、とにかくお互いがお互いをライバル視。
いつしか大人になったと皓をそう見る郁弥。それが癪に障る。
喧嘩しても腑に落ちない、もう知らない。そう思って居る内に皓は引っ越してしまい――と進んでいきます。

総ページ数の4分の1は、二人が中3の夏の数週間のお話。皓が引っ越す所までが描かれています。
残りの4分の3は、お互いが大人になり、再会し、紆余曲折を経て結ばれるまで。
私だけかもしれませんが、最初の部分を読み進めて大人に場面転換した際、「あれ?」と一瞬だけ分からなくなりました。
郁弥視点で終始進められているお話ですが、郁弥の過去の記憶として語られている前半、というより、しっかりと「中3の2人」「大人の続き2人」とハッキリ区切られているのです。

幼馴染だからこその『今さら』感がじわりじわりと滲み出ていて面白かったです。
下手に付き合いが長いからこそ、どうにもならない自分の気持ち。
焦りだったり、言わなくてもいい事を言ってしまったり、逆に言わなきゃいけない事を言えなかったり。
そういうじれったさが特に郁弥から出ていて、こっちまでやきもきしてしまいました。

そう考えると皓の方がやはり大人に感じる。
ヘタレだから、とは感じなかったですけどね、先に気付いた故に気持ちを押し殺していたという。
更に、好きだと気付いた時だって、郁弥は俺の事なんて好きにならないと決めつけて諦めた筈だったのに、なんと相手もゲイでした、という。
こればかりは、高校に進んでからじゃないと知り得る事が出来なかった事実! 可哀相な皓です。

……そこに私は唐突な雰囲気を感じてしまったんです。
場面転換でも「お?」と、一度糸がぶちっと切れてしまう感覚を味わったのですが、更にあれだけ彼女彼女とライバル心で異性を考えていた筈なのに、すんなり郁弥はゲイになっていたという展開にも、「あら?」と思ってしまう自分が居たのです。
あまりこういう作品を読み慣れていない証拠なのでしょうか。
少しついていけず、躓いて糸が切れる瞬間が二度もあったので、個人的にトーンダウンしてしまいました。

ただ、読ませる文章の巧さは素敵だし、カメが中々愛らしくて良かった。
でもやはり、人の名前が沢山出て来るのは気が散漫してしまうなぁと感じました。
あと、意地の張り過ぎはあまり好きじゃないという事も気付いた自分です。

次回は是非、素直で愛らしい主人公のお話を読みたいと思ってみたりしています(笑)

2

ありがち設定を実に巧みに読ませる技がスゴい!

『臆病なサボテン』で安曇ひかるは「買い」だ!と断言したワタクシ、
さっそくまとめ買いしてみました。

この方、本当に筆が達者だなと思う。
テーマは幼馴染&再会という、ありがちなものですが、
それをいろいろなディテールやエピソードを織り込んだりして
最後まで読ませる技はなかなか。

また相当な意地っ張りが好きなのかなとも。
ただ「臆病なサボテン」と違い、今回は登場人物が増えたぶん、
ちょっと軸がブレた感じ。

ライバルで意地っ張り同士の行動様式はとても細かく書かれているのに対し、
それぞれの心理描写を追い切れていない印象が。
ただ、いざエッチするぞって段階になってもまだくだらないことで競いあう二人が
かわいくもあります。

カメのぴょん吉が妙にかわゆかったので、もうちっと郁也とぴょん吉の
対話?の形を借りたモノローグがあってもよかったかな。

1

幼馴染→再会

幼馴染&再会ものです。
これ、結構良かった!
作者の安曇さんの作品と相性が良いのかなと
いい発見です。

お隣同士、同級生で張り合いながら育ってきた郁弥と三神。
常に喧嘩しつつも、育ってきたのですが、
三神の急な引越しにより、喧嘩別れになってしまう。
そして、大人になって再会します。

郁弥は、ゲイを自覚し、恋人がいる身。
三神は、婚約者がいる身。

特に郁弥は、意地っ張りで意地っ張りで
素直になれないし、素直になったとこで、
三神はもう結婚してしまうし。

もう2人してグルグルグルしています。
あまりにジレッタイので、
郁弥の意地っ張りな性格を許せるかどうかで、
この作品を楽しめるかが決まると思います。

幼馴染好きには、是非試していただきたいです。

2

後からじわじわ

 隣同士の家に三日違いで生まれた桜井郁弥と三神峯皓。
 幼い頃から何かにつけて張り合いながら大きくなった二人を周りは「いいコンビ」というが、本人達は「とんでもない!」と思っていた。
 ライバル意識を持つあまり素直になれない二人。
 中学三年の夏、郁弥は皓の様子に微妙な変化を感じていた。
 それは今まで同等だと思っていた二人の間に距離を置かれたようなそんな違和感だった。
 ある日、体育の授業でサッカーをやった時に、二人の競り合いになり、突然、皓が手を抜いたように郁弥は感じた。
 それが原因で、いつもどおりのはずのケンカをしたが、数日後、皓はそのまま突然、転校してしまう。

 そのまま十数年の歳月が流れ、大人になった郁弥は皓が引っ越していった横浜から程近い、東京でデザイナーの仕事をしていた。
 そんな郁弥が仕事で組むことになったイラストレーターの婚約者として現れたのが皓だった。
 突然のことに驚く郁弥。一方、郁弥の取引相手でもありながら、秘密の恋人でもあった佐久間にけん制をかけるようなことを口にする。

 というような話でした。
 二人は最後まで意地っ張りで、ギリ続きギリのところでおいしいところを軽トラ王子に全て持っていかれたのがなんとも。
 それでもキレイに収まってくれたのが、よかったです。

 個人的に、読んで少し経った後にじわじわくる作品でした。
 前半は二人がケンカ別れするまでの中学生の頃の話で、後半は二人が再会してからの話。

 中学生の頃の話は、思春期を迎えて片方の気持ちのベクトルが変わり始めて、片方も変わったのは気が付いているのだけれど、それがどういう意味での変化かわからなくて、結局はケンカになっちゃって。
 そのケンカが、相手が転校してしまう、という中学生にしては取り返しのつかない結果に結びついてしまう甘酸っぱさ。
 それが恋なのかどうかはおいておいて、すっごく覚えのある感情で、切なくてよかったです。

 そして後半は、大人になったにも関わらず、その相手の前だけは変わらず意地を張ってしまって。
 自分の気持ちを上手に伝えられなくて……という甘酸っぱさ。

「大人になったから」と言って器用に振舞えるもんじゃないんだよね、と思うと共感もひとしおでした。

 欲を言えば、郁弥が佐久間と別れるところのシーンが、もう少し別の形であればよかったかなー……と思います。
 元妻から復縁を迫られて、佐久間は復縁を断っていたのに関わらず、郁弥は「子どものために」と言って、佐久間に復縁を勧めるんですが。
 うーん……。
 親と子が一緒に暮らしたほうがいいから、という理由で佐久間に元鞘を勧めるのは違うような気がする……というように思ってしまいました。
 まぁ、一度は夫婦になった相手だから、一緒に住むのはダメじゃないのかもしれませんが、私としてはそんなに簡単に割り切れないんじゃないかなー……と思います。
 しかも、向こうから別れを告げたのにも関わらず、向こうから復縁を迫るような女って……。
 私だったら嫌だなー……と思ってしまうのは、心が狭量すぎるでしょうかねぇ……。

 なんだか、余り郁弥を悪者にせずに佐久間と別れさせるための設定のような気がして、ちょっとうーん……だったように思います。
 いわゆるBLにありがちな「女の人がみんな悪い」的な何かなのかな、と。

 他がよすぎたためにちょっとそこがもったいなかったです。
 ただ、それについてはちょっと引っかかるくらいなので、普段よりも高めの点数を文句なく付けさせてもらいました。

0

これもありなのかなぁ?

家が隣で、3日違いの同い年、いつも何もかも競い合って兄弟のように育ってきた幼馴染がいつからか距離ができるようになり、ケンカ別れしたまま引っ越しにより別れてしまう、そして11年ぶりの再会。
それぞれに抱えた事情が大人の事情であるものの、この結末もあるのか?
何となく、ほっとしたような、その最後の最後まで下されない決断に、今更?いや、今頃?と疑問を抱きながらも、その長い遠回りにじれったさも感じる本作でした。

彼等の少年時代の描写を見るにつけ、皓は絶対に郁弥を意識しているということがわかります。
でも、負けず嫌いで何か一つでも皓に勝ちたいと願う気持ちの強すぎる郁弥には、それは皓の優越感と自分を見下した態度としか見えない。
その意地っ張り(?)が再会してもなくならないのです。
皓には婚約者がいるし、郁弥には男の恋人がいるし。
そして、それぞれの恋人には実は・・・な事情があったのです。
物語が郁弥視点なので、皓の気持ちはよく解らないのですが、それでも、郁弥に関心が、まだ心がある事ははっきりわかります。
でも皓の婚約者の事情もうっすら皓は知っているはずなのに、どうして結婚を止続きめようと思わなかったのかな?と、そうでなくてもその告白をもっと早くにしなかったのか、それが悔やまれて仕方ありません。
結局、それぞれの恋人が持つ事情が上手く展開して、皓も郁弥もフリーになることができて、想いを告げることができたという展開に、自分的に不満をもってしまったのかもしれませんね。
この他力本願な感じが、自分で切り開いた感が薄くて・・・

悪くはないんですよ。
意地っ張り同士の幼馴染。
幼馴染で身近にあり過ぎたから、気がつかなかったし、言えなかった。
特に皓については、親同士が仲が良いのだから自分から歩み寄ろうと思えばできたのにしなかったことが、ヘタレで片づけてもいいのか?
そこまで臆病にした原因は、郁弥の性格だけではないと思うがどうにもモヤモヤを生んでしまって・・・
皓の婚約者の女性については、問題外でしたが、郁弥の恋人の佐久間についてはズルイとは思えなかった。
むしろ大人の事情だよね、と納得してしまい、またそれに対する郁弥の気持ちについても同調することはできたのです。

悪くない、頑固×意地っ張り の組み合わせは好きではあるのですが、この皓へのモヤモヤが評価に困ってしまう所以なのです!
ラストの早急なエチがなかったら、もっと萌えたような気もするのです。
キスだけで終わりでもよかったかも?
二人はこれからよね?それで満足だったかも、、なのです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ