妖魔なオレ様と下僕な僕 8

youma na oresama to shimobe na boku

妖魔なオレ様と下僕な僕 8
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
シリーズ
アズ・ノベルズ(小説・イーストプレス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784781605425

あらすじ

ご主人様である妖魔、司野とともに念願の大学生活を送り始めた正路。キャンパスでも司野の美形っぷりは注目の的で…。そんなある日、二人は倉田理事長の友人から、代々その家に受け継がれてきたという曰くありげな品の鑑定を依頼される。だが、その品…壊れた笛を目にした途端、司野の様子がおかしくなって…。千年の時を越えて甦る不思議な力…そして、忍び寄る宿敵カギロイの影。主従愛★煌く☆第8弾!
(出版社より)

表題作妖魔なオレ様と下僕な僕 8

辰巳司野,骨董屋を営む妖魔
足達正路,大学一年生

その他の収録作品

  • あとがき 椹野道流
  • あとがき  山田シロ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

千年の時を超えた思い出の品が・・・

1冊目が発売してから約10年にもなっているこの作品ですが
攻め様が人間の心を理解して行く様子や受け様が攻め様を
慕い、主としても愛する人としても愛情が毎回強くなって
いく様が感じられるお話になっていますね。
攻め様がふと人間的な感情を見せる時や、千年の孤独を耐えて
受け様と出会ったことにより己でも気が付いていない寂しさや
愛情を受け様に毎回つたない言葉と受け様の発する気で孤独が
埋まり成長するために主の辰冬さんにつけられた見えない傷が
癒されていくように思えるんですよね。
そして守る者が出来たときに本当の強さを知るのではなんて
読んでると思ったりします。
そして今回は千年前に主の辰冬さんに与えられて癇癪を起こし
壊した龍笛が昔のままの姿で二人の手元に渡ることになります。
それは攻め様にとって悔恨と切なさと懐かしさの色々な思いが
沸き起こってくる品物でもあるのです。
後半では陽炎とのプチ対決が勃発、龍笛が結果呼び寄せる事に
なってしまいますが、その龍笛に助けられる事にもなります。
その龍笛には辰冬さんの攻め様への思いが込められていますが
その思いにまた続き、攻め様は子供のように癇癪を起こします。
攻め様にとっては親みたいな存在なので未だに捨てられたと
攻め様の心が乱れて来ます。
陽炎との対決で受け様が身を挺して攻め様を庇う発言も
攻め様を苛立たせることになるんです。
受け様がいなくなると言う事は攻め様がまた一人になってしまう。
攻め様の受け様に対する執着ぶりはかなり強くなっています。
そろそろ本格的に辰冬さんも現れてくるような予感がしますが
そうなった時の受け様と攻め様の関係も気になるところでは
ありますよね。
次の新刊は来年になるのでしょうかね。
早く続きが読みたいです。


1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ