神様たちの言うとおり

Kamisamatachi no iutori

神様たちの言うとおり
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
16
評価数
5件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
プリズム文庫(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784775516140

あらすじ

妖怪ばかりが通う学校のクラスメートの氷翠と黒桃は、夏休みが終わる頃、互いに成長期を迎える。成長期に入ると、より己の種族本来が持つ性質へと変貌するのだ。いつもいじめて泣かせていた氷翠が「俺様」キャラに変わってしまったことで、黒桃は戸惑わずにはいられない。それに、百年に一度の「星送り」の祭りに、恋人として参加しようと言われ……。

(出版社より)

表題作神様たちの言うとおり

成長期で臆病者から俺様で強引になった睚眦・氷翠
成長期で元気な乱暴者から思慮深くなった白虎・黒桃

評価・レビューする

レビュー投稿数3

幼馴染から恋人へ

『人外シリーズ』の2作目になります。今回は、前回雪総に失恋した白虎の黒桃と、睚眦の氷翠のお話になります。前回登場した雪総と通も、もちろん登場します。というか、登場する場面が多くて、メインカップルよりも目立ってた感じがします。

夏休み中に成長期を迎えた二人。
子供ぽかった黒桃は思慮深く落ち着いた性格になったし、苛められキャラでオドオドしていた氷翠は俺様になるし。
仲が良かった二人の関係も少しずつ変化して、戸惑っていきます。

俺様な時の氷翠はカッコ良くて好きだけど、オドオドしてる時はちょっとイラッとします。
黒桃のモフモフ描写では、可愛くて癒されます。
二人の関係を大歓迎して喜んでる、両親たちの柔軟さも良かったです。

でも、この二人よりも萌えたのは、雪総たちの『星送り』の祭りの話です。やっぱり雪総たちが他の妖怪たちより短命で、この祭りも次の時には参加できないのが切ないです。

1

シリーズ2作目

妖怪が通う高校を舞台にした2作目。
前回の受、雪総に片思いをしていた2人のお話。
龍の妖怪と白虎の妖怪です。

面白いのが、それぞれ成長期を迎えたということ。
この設定が面白い!
今までやんちゃで騒がしかった白虎の黒桃は、
髪の色が変わり、性格も思慮深くなる。
また、引っ込み思案でメソメソしていた氷翠は、
俺様な性格になる。
この2人の変化により、2人の関係も急速に変化していきます。
また、虎ということで、モフモフしている点も、読み逃せません!
虎の姿になり、肉球をマッサージしてもらってるなんてっ。
かわいすぎます。

ただ、勿体ないな~と思ったのは、
もっと2人をメインにお話を進めて欲しかったということです。
前巻のカプである橘と雪総のエピソードも
軸として入ってくるので、
俺様になった氷翠のやりとりが少なく感じ、もっと読みたかったと、
残念な思いです。

2

ギャップ萌n[gin[gj

「モンスターズラブスクール」に登場した、竜×白虎のお話。
攻め→氷翠(ひょうすい)
受け→黒桃(くろもも)
の2人が成長期を迎え、様々な変化を遂げます。
成長期を迎えたことで氷翠は俺様キャラに成長。そんな俺様キャラの合間、時折見せる以前のヘタレぶり。そこが読んでいてとても気に入りました。
黒桃が氷翠に見せる甘えた仕草、可愛かったです。
「モンスターズラブスクール」の主人公2人も登場しますよexclamation

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ