愛か憎しみか――。手に入れたはずなのに、お前も未来も、何も見えない…

凍る月 ~七色の攻防~

凍る月 ~七色の攻防~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×27
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
77
評価数
19件
平均
4.1 / 5
神率
42.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
ラヴァーズ文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784812444696

あらすじ

生まれつき特異体質である鳳光陽は、同じ境遇である梁井轟と「契約」を交わしている。特異体質の人間は、契約相手がいないとひとりでは生きて行けず、そのお互いに生まれる「絆」が、時に独占欲や嫉妬に変わり、同族を傷つける。そんな同族同士の妖しい人間関係のもつれに、梁井と光陽は巻き込まれようとしていた。激しく絡まった幾人もの憎悪や愛情は、誰が正しくて間違っているのか分からない。
人一倍、独占欲の強い梁井は、光陽を奪われまいと、誰も傷ついて欲しくないと訴える光陽を置いて、自ら罠に飛び込むが……。

表題作凍る月 ~七色の攻防~

梁井轟(人獣)
鳳光陽(餌で恋人)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

佳境です!

『凍る月シリーズ』四冊目です。
三冊目で本格的に組織のトップ、須王が登場していました。
この巻は、『凍る月ー灰色の衝動ー』で登場した銀が主人公になったスピンオフ『銀月夜』の内容を光陽たちサイドからなぞる形なので、そちらを先に読まれてからがオススメです。


シリーズ本編は受けが光陽、攻めが梁井。
これは変わりません。
梁井は獣人の組織に属さず、普通の人間のように生きていきたいと考える獣人。
しかし、獣人の間で餌と呼ばれる者がいなければ人間の体でいられないため、餌として生まれた光陽と契約し、その過程で愛し合うようになり今に至ります。


『銀月夜』をお読みの方は、なるほどなーと思われる作りになっていたと思います。
争いを厭っていた梁井が、なぜ結局銀の計画に加担したのかも。

今回は梁井と光陽サイドのお話であったにも関わらず、印象深いのは組織の餌であった昌史や銀でした。
そして、スピンオフ『花の残像』で描かれた組織サイドの獣人たち。

今回組織側で一番光陽と関わりを持った獣人は蓮でした。
彼は確か契約相手を意図的に持たないと記憶して(『花の残像』にて)い続きますが、その辺りも後々書いて頂ければなあと思っています。
蓮も仲間の相模もひじょうに魅力的なキャラクターですし。

話の展開は、今迄隠し続けていた獣人の存在が白日の下に晒されて…という形になります。
そんなシビアな展開の中で癒されたのは、一貫して光陽を大切にしたい梁井の獣人としての葛藤と愛情。
そして、やはり契約相手である巴を愛してやまない須王でした。
この二組のカップルのやりとりがホッとさせられます。

スピンオフも含めここまですべて読んできましたが、夜光さんの作品でここまで大所帯でありながらあまり嫌なキャラクターが登場しない作品はなかったように思います。
もちろん主人公たちを陥れたりする主要キャラたちもいましたが、みなそれぞれの理由や正義があって気持ち良く潔いです。
あと一冊で終わりなようですが、やっぱり淋しいですね。

2

ウルヴァリンがたくさん

凍る月も四巻目

獣が増えて増えて、獣のパレードです。
獣な梁井に愛し愛されな博愛主義な光陽のヘンテコな行動で助かりもしますが梁井的には生きた心地がしないです。

銀が獣に変身してから何かがかわってしまう。
獣人を嫌い獣人になることを拒み続けていたはずの銀がいつのまにか闘争心むき出しの性格に変わってしまった。とまどう光陽。
銀に触発され梁井も獣としての本能を刺激される。
須王の大事な契約者、巴もでてきます。ちょっと光陽に似てて純粋そう〜。
梁井の暴君も好きなのですが須王の気品あふれる男前には梁井かすむんですよね(笑)
なんてゆーかメインぽくない(笑)
そして織を潰すと息巻く銀を手助けすることになるが、うまくゆかずその代償は獣人全体を脅かす危機に。
組織VSだったのが国の軍を相手に!???で次巻へ続きます。

組織とやり合ってても光陽はまったくぶれない(笑)
梁井によくなぐられる光陽に同情できません。ゲンコツで許されるってむしろ甘いよー!!
光陽の博愛主義で、助かったような助からなかったような、、、。次で終わりのようですが、組織よりさらにうえの国が動きだす続きとか怖い!

トュービーコンテニュー

3

切なすぎる

佳境に入ってきた凍る月シリーズです。
ここまで、梁井と光陽、組織(須王と巴)、銀と佐倉の各サイドの話があって、それぞれに納得できる考えもあれば、ん?と思うような考えもあって、誰かが絶対的な悪役ということもなく、勧善懲悪ではないので、読んでいて切なくなってしまいます。

今回驚いたのは銀の変貌ぶりでしょうか。
"銀の月"の時は、信念を貫くキャラだと思って好きだったので、この変化には正直がっかりしました。が、以前のままでも彼は停滞したままなので(本人はそのつもりはなくても)、これも通らざるを得ない道なのかなぁ、と思いました。

また、蓮が残酷な爆弾を「えぇぇぇ~!ここでそれを言う!?」という場面で思いっきり炸裂させます。ブラックなキャラだとは、ずっと仄めかされていたのですが、、"花の~" の2作でいつも巴を可愛がっていたので忘れていました。油断してました。
私はこういう傷つけることを意図して言葉を発するキャラは、通常あまり好きではないのですが、巴に優しかったのを思い出すと、嫌いになれない…。

展開が殺伐としてきているので、いつもはたまにイラッとさせられる光陽の頭の中のお続き花畑が、ありがたく感じるくらいです。
巴は相変わらず可愛くて、強烈な人生を歩んでいるにも拘わらず、周りを癒してくれます。挿絵も可愛いですし。

次作で完結とのことですが、皆が幸せになれたらいいのに、このままでは皆が不幸になってしまいそうで、悲しいです。
好きなシリーズでキャラみんなに思い入れもあるので、バッドエンドは勘弁してほしいのですが…。
どういう風に話をまとめていただけるのか、とても楽しみにしています。


3

胸が苦しいよぅ!

このシリーズ、どんどん胸が痛くなってきます><

あとがきに、次で最終回と書かれていたけれど、
みんなが幸せになって終わるようなエンドだといいなぁ。

今回は、とにかく受け君の気持ちがすごいよくわかって、
攻め様に、「どうしてそんなことするんだよ!」と言いたくなる話でした。
でも、獣だから人間の気持ちとちょっと違うってことをあらわしているんですよね。。。
うーん。
でも、読み手は人間なので、わたしは共感できずに、受け君と一緒に非難したい気持ちになっちゃった。
そこも含めて、作者さんが書くのが上手だったということなんだろうな。

最終回、泣かないといいな。。。

1

何としたことか…!

読み始めるまでナンとも気付かなかったんですが、梁井×光陽なんですよ!そうだタイトルも凍る月のシリーズだ…!(今更)
てっきり今回も銀の話で続きか…って何故か勝手に思い込んでてw
表紙もまともに見ずに買ったので口絵見てビックリ(゚ρ゚)…!

私個人としては梁井×光陽がいちばん好きなカプなので、また久しぶりに2人の掛け合いを楽しく読ませて頂きました(*′A`)
光陽は相変わらずオトボケの平和主義(?)な子なんですが、梁井さんに対しては何と言うかちょっと…奥さん?と言うよりお母さんみたい…?になったような気がします。笑
対する梁井さんはいい意味で光陽の影響を受けてきたような。

と。2人の仲は相変わらずなんですが、スピンオフも交えつつのこのシリーズ、次回で終わる予定だそうで…!この巻のお話はラストに向けた佳境という感じです。
なので残念ながら死にキャラが出てきますし…。銀には新たな事実が知らされたり。獣人にとっての脅威が起こったり。お話は大変です。
良い方向の結果に落ち着くのかは解らないですが、また次の巻を待ちたいと思います。
あと関係ないですが挿絵の巴がすっごい可愛続きかった!! という事を記しておきたいと思います…。笑

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ