「憂惑をひとかけら」スピンオフ登場!

ささやかな甘傷

sasayaka na kanshou

ささやかな甘傷
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344821132

あらすじ

エスライクというアミューズメントを手がける会社に勤める澤村は、不注意からある青年に車で当たってしまった。幸いにも挫折程度の怪我ですんだが、その青年は家に置いてくれたら事故のことを黙っていてやる、追い出そうとしたら淫行で訴える、と澤村を脅してきた。仕方がなくその青年、自称・真治との同居生活を送ることになった澤村だったが・・・。
「憂惑をひとかけら」スピンオフ!雑誌掲載作+書き下ろし!
(出版社より)

表題作ささやかな甘傷

澤村昴志 会社員
真治 自称16歳の家出少年?

同時収録作品てさぐりの真愛

立川竜司 澤村の部下
立川智暁 竜司の同い年の義兄・大学生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

甘やかさない年上攻&年の差カプもの

私は読んでいないんですけど、
この作品『憂惑をひとかけら』のスピンオフになるそうです。
前作のカプも登場していますけど、読んでいなくても大丈夫でした。

きたざわ作品らしい設定のお話でした。
年の差&訳あり受もので、ちょっと設定に無理があるのでは⁉︎といった感じでしょうか(笑)
あと、考えてることが読めない、腹黒そうな当て馬さんも登場してます。

キャラは好み系ではあったので、私的にはもう少し、ストーリー的に何かあって欲しかったかも。
軽く萌は感じれたものの、全体的に淡々とお話が進んでいく感じでした。

アミューズメントのやり手会社員•澤村 × 資産家大学生 • 真治の年の差もの。

訳あり青年の真治と同居することになってしまった澤村。
誰かに殺されそうかも…と物騒な事を言っていた割には、さほど大事件でもなく、誤解的な部分もあったというオチがやや残念でした。

きたざわ先生の年の差カプは、俺様タイプの攻様でも、大体受様にはメロメロに甘いタイプが多い印象なだけに、澤村のような淡々としたタイプは新鮮でした。

甘やかさない、躾をするタイプの人だったので、続きいつもの年の差カプの甘さを求めてしまうと、肩透かしをくらいます(笑)
真治の事も平気で叩く人だし(軽くです)。
1度別れて、自分から真治を迎えに行ったのに、「言葉が必要か?」なんて聞いちゃう人ですから(笑)

真治は強気な野良猫タイプ。
澤村に操られているようで、彼の鈍感さに、実は澤村の方がハラハラ振り回されている感じでしょうか⁉︎
ただ、澤村は非常に分かりにくいタイプなので、真治の方が可哀想なくらい健気に悩まされてます。

でも話が進むにつれて、分かりにくいものの、実は恋に溺れているのは澤村なんです。
だんだん独占欲が強くなっていきます。
普段はスマートな大人のイメージなだけに意外でした。
しかも、独占欲がしつこそう(笑)
今回の横槍の相手は、澤村以上に胡散臭いタイプだったからまだしも、真治に寄ってくる人達の中でも、悪い虫だと認識したら容赦無く排除しそうな予感です。
脇キャラカプの攻様とは違った、もっとスマートな方法だけど、ある意味怖いよな〜と思ってしまいました。

この年の差カプの、独特なテンポの会話のやり取りは好きだったので、そういう所では楽しめた作品でした。

1

スピンオフ。

『憂惑をひとかけら』のスピンオフです。

『憂惑~』の攻・竜司の上司・澤村(攻)がメインの年の差(年上攻)もの。

まあ、正直なところ前作よりはまだマシなんですが、だからと言ってこちら単体でいいところもないんですよね。単に比較の問題でしかない。

キャラクターがどちらも好みじゃないし、特に1編目では2人のラブの過程が淡々としすぎてて、いつ・どこでお互いが惹かれたのかもよくわからなかったよ。
まあ、2編目の前半で、時系列重ねながら補足はされてましたけどね。

ただ、キャラクターに対してはあくまでも魅力を感じないだけで、特に苦手だとか気分が悪いってことはないんです。
ですから、読んでいても別に引っかかるところはないんですが、逆になさ過ぎてさら~っと終了してしまいました。

『ここがイヤ・悪い』っていうのはないんですが、プラスポイントもまったくなかったんです。

まあ・・・まさに『中立』って感じでしょうか。 他に言うことないですね。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ